中古 ・ ダニエル・ロート

ダニエル・ロート

ダニエル・ロート  DANIEL ROTH

自分と同じフランス人であったアブラアン・ルイ・ブレゲに憧れ、スイス時計業界に飛び込んだ青年ロート。ジャガー・ルクルトをはじめ数社でキャリアを積んだロートはオーデマ・ピゲにおいて薄型ムーブメントの開発に携わり、 一気にその才能を開花させた。ロートの評判を聞きつけたショーメは、当時着手していたブレゲ・ブランド再興の為、ロートに協力を要請、以来約14年に渡って現在のブレゲ・ブランドの基礎作りに貢献した。

そして1989年、自身の名を冠したプライベートブランド、ダニエル・ロートを設立。卓越したコンプリケーションや個性的なダブルオーバルケースは好事家やコレクター達の評判を呼び、アブラアン・ルイ・ブレゲの再来とまで称されるに至る。

その後ダニエル・ロートブランドは1997年にロート氏の下を離れ、2000年にはブルガリグループの傘下に入るが、ブルガリによって再解釈を受けたプロダクト達は、以前に増してクオリティを上げており、今後の展開が大いに注目されている。

[ 価格順で並び替え : 安い順  高い順 ]
 このカテゴリーの商品はありません...