アンティーク ・ ゾディアック ZODIAC

ゾディアック  Zodiac

1882年、アリスト・カラムによってル・ロックルに開かれた小さな時計工房がその始まりとされる。他社の下請けをこなしながらも工房は成長し、1900年代初頭には時計の製造工程の全てを自社で賄える体制を築く。1908年には社名をゾディアックとし、1924年の薄型ポケットウォッチキャリバー1617、1930年の独自の耐震装置とスイス初となる自動巻き腕時計、1949年にはパワーリザーブインジゲーターを備えるオートグラフィック、1953年には当時としては非常に画期的であった750メートル防水を備えるプロダイバー、シーウルフを発表するなどその実績を挙げればきりがないほどの名メゾンへと成長する。1970年にスイス初のアナログクオーツ、Beta21の開発に成功、以降、エレクトリックウォッチの開発に更なる注力を始める。1977年には世界初となるLCDディスプレイを採用したデジタルウォッチでクロノメーターを所得する等ゾディアックによる革新は続くものの、1982年にはゼニスの傘下へと身を寄せ、100年に渡った独立経営の時代を終えた。オリジナル・ゾディアックのプロダクト達に残されたユニークな意匠や機構の数々はあくまで前進を止めなかったこのメゾンの非凡なる独創性に溢れている。

[ 価格順で並び替え : 安い順  高い順 ]
 このカテゴリーの商品はありません...