ハイゼック HYSEK

ハイゼック ハイゼック

HYSEK ハイゼック

中世の街並みが残るスイス・ヴォー州モルジュにて1996年に創業したヨルグ・イゼック。時計師であり、プロダクトデザイナーである同氏は、ヴァシュロン・コンスタンタン・222、ブレゲ・マリーンのデザインを担当したことでも知られるドイツを代表する時計デザイナー。自身のブランドで最初に発表したキラダは緩やかなカーブを描いたデザインで話題を集めました。2006年にヨルグ・イゼックがブランドを離れたことでブランド名をハイゼックに変更。トゥールビヨンを自社開発し、その技術力の高さを証明しました。

13