ハンティング・ワールド HUNTING WORLD

ハンティング・ワールド ハンティング・ワールド

HUNTING WORLD ハンティング・ワールド

1965年、アメリカ・ニューヨークにて創業したハンティング・ワールド。創業者ロバート・M・リー(通称ボブ・リー)は、1959年にアンゴラで野生動物の調査や保護、密漁を防ぐリー・エクスペディションズ社を設立しました。そこで得たノウハウを基にアウトドア製品、スポーツ用品製造を主とするハンティング・ワールドが誕生しました。ハンティング・ワールドのアイコン、バチュー・クロスなど多くの名品を世に送り出し、アウトドアブランドとして確固たる地位を築いています。

16