ウィットナー WITTNAUER

ウィットナー ウィットナー

WITTNAUER ウィットナー

1845年、アルバート・ウィットナーとユージン・ロバートが設立。主にロンジンを代表とするスイス時計を北米へ輸入する代理店として活動。当時のアメリカは自国時計産業の保護を目的とし、他国の時計には高い関税をかけていたため、スイスからムーブメントを輸入しアメリカ国内で組み立て(ケーシング)を行うビジネスモデルを同社はいち早く展開していました。北米ユーザー好みにデザイン変更したモデルがヴィンテージ市場で高い人気を集めています。現在はエレガントなドレスウォッチを中心にリリースを行っています。

このページに商品はありません