ゼニス ZENITH 17/18ページ

ゼニス ZENITH ゼニス ZENITH

ZENITH

ゼニス

1865年に創業して以来、時計史に名を残す数々の偉業を成し遂げてきたスイスの名門ゼニス。クオーツショックによる打撃で経営不振が続いたものの、その優れた技術力が評価されたことで現在はLVMHグループの中核を担うブランドとして君臨しています。同社を最も著名にした出来事が1969年に発表した自動巻きクロノグラフムーブメント、エル・プリメロの開発でした。多くの時計メーカーに使用されたエル・プリメロは現在も世界最高峰のムーブメントとして語り継がれています。

もっと詳しく見る

513件中

481510

ABOUT ZENITH

  • 輝かしい実績を積み重ねた歴史

    1865年、創業者ジョルジュ・ファーブル=ジャコがスイスにて創業したゼニス。当時からマニファクチュールブランドとして自社内で製造する完璧な時計作りを哲学に邁進してきました。その技術力は150年近くにわたる歴史において600種類を超えるムーブメントを製造、さらに多くの精度コンクールにおいて輝かしい受賞を得ていることでも実証されています。近年は調速脱進機(緩急針、ひげぜんまいなどの部品)を一体化した独自の技術であるゼニス オシレーターは時計史に名を残す大発明として大きな話題を呼びました。

  • 時計業界のトレンドセッター

    150年以上にわたる歴史を誇るゼニスは多くの時計メーカーに影響を与えてきました。その1つが文字盤の一部をくり抜くことでムーブメントの緻密な動きが堪能できる小窓(オープンワーク)を先行して採用したことです。LVMHグループに加わった後に発売されたクロノマスター オープンは大ヒットを記録し多くの時計メーカーでも見られるブームを作りました。このデザインは現在もゼニスを代表するデザインモチーフとして多くのコレクションに採用されています。

  • ジュネーブ時計グランプリで受賞した話題のモデルも

    文字盤の一部がくり抜かれ内部の構造が垣間見えるセミオープン、文字盤全体が透けたフルオープンといった人気のラインアップを収めているクロノマスター コレクション。なかでも2021年に発売されたクロノマスター スポーツは早々に話題を呼び、同年の時計界のアカデミー賞と呼ばれるジュネーブ時計グランプリにおいてクロノグラフ賞を受賞した今注目のモデルです。当店での人気も高く、入荷してもすぐに売り切れてしまうほどです。

  • エル・プリメロを収めたクロノマスター

    ゼニスを代表するラグジュアリーコレクションとして認知されているクロノマスターはクラシックモデル、クローズド文字盤、オープン文字盤、フルオープン文字盤など最もバリエーションが多彩。同社の最上位に位置するのが1960年代から歴史を積み重ねてきた伝統的なスポーツウォッチコレクション、デファイ。ゼニス オシレーターなど同社の最新鋭技術が投入されている話題のコレクション。航空業界との深い繋がりを現在に伝えるパイロット、そして同社が誇る究極のドレスウォッチ、エリートと多彩なバリエーションが展開されています。

  • 新生ドレスコレクション エリート

    ゼニスの誇るドレスウォッチ、エリート。時計史に残るとされるゼニスのエル・プリメロを改良した薄型ムーブメントを備える人気コレクションです。タイニーで美しいラインを描く視認性に優れたバーインデックスに、繊細で知性を感じさせるリーフ針の組み合わせはタイムレスで落ち着いた表情を魅せてくれます。シンプルかつ薄型なのでスーツスタイルにも合わせやすくクリーンな印象を与えてくれます。オンスタイルで活躍する、敢えて王道を狙わず玄人好みの時計をお求めの方におすすめです。

  • ゼニスのパイロットウォッチ

    同社が誇るパイロットウォッチを擁するコレクション、パイロット。大型のアラビアインデックスに、トラディショナルなカテドラル針(コブラ針)、玉葱型の操作性に優れたりゅうずなど、機能面からくる”パイロットウォッチらしい”デザインコードを色濃く反映したモデルがラインアップされています。ブロンズ素材を取り入れることでより一層ヴィンテージらしい要素がミックスされ、味のあるパイロットウォッチに仕上がっています。

  • 最上位のデファイ

    1960年代からラインアップされているロングセラーコレクションのデファイ。同社の新機構搭載モデルをはじめ非常に多様なモデルを擁するコレクションでもありますが、中でも注目すべきは最新作のデファイ スカイライン。新進気鋭のラグジュアリースポーツウォッチです。マニュファクチュールムーブメント、エル・プリメロ 3620を搭載し、ステンレス製の八角形を成す独特なフォルムは新時代のラグスポウォッチとしてきっと話題を呼び続けることでしょう。