クリアランスセール

ミリタリーウォッチコレクション デザインを超越するリアルミリタリーの魅力

ミリタリーウォッチ イメージ

世界中で戦闘機の駆動音が轟き、爆風と粉塵にまみれた19世紀末期、世界は戦争の時代に突入した。
極限の状況下でより正確な判断を求め、ある砲弾士官が懐中時計を腕に巻き付ける。
これこそ“ミリタリーウォッチ”が誕生した瞬間でした。兵士の腕に巻かれたその懐中時計は、ここから急速に進化を遂げていきます。
装飾としての役目を求めず、その全てが機能に奉仕する無骨なビジュアル。それは、本当の意味での機能美。
かつて兵士達と共に時代を生き抜いてきたリアルミリタリーウォッチの魅力をご紹介します。

いつの時代も世の男性を魅了する
「ミリタリーウォッチ」の世界

歴史

すべての腕時計の起源となるミリタリーウォッチの歴史を紐解く

戦場での最重要課題
正確な時間の把握

19世紀末期、通信手段はまだ開発途上であった当時、戦場における“正確な時間の把握は、最重要視すべき切実な課題でした。どんな優秀な戦略も、それを実行する兵士たちが正確に動けなければ意味を成しません。 大規模な一斉射撃から時限式爆弾のセットまで、兵士がすべてのタイミングをそろえるには、時間の共有が不可欠だったのです。

しかし一方で、当時公に支給されていた懐中時計は、あまりにも戦場に不向きでした。 トレンチコートのポケットから時計を取り出し、蓋を開けて時間を確認、そしてまた戦場へ意識を戻す。当時はそんな隙だらけの状態で戦っていたのです。

歴史のイメージ1
歴史のイメージ2

ある砲弾士官のアイディアから誕生した
腕時計

そんな中、ある兵士が懐中時計を腕に巻き付けた――彼はドイツ帝国海軍の砲弾士官。 砲弾士官にとって、時計は砲弾の到達距離を測るために欠かせない存在でした。 しかし同時に、片手を塞ぐ不便な存在でもあったのです。その点、腕に巻き付けてしまえば、一目で時刻が確認できます。その利便性は、他の兵士たちにも広まりこの“腕時計スタイル”はやがて戦場のスタンダードとなっていったのです。

1880年頃ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世がドイツ海軍将校用にジラール・ペルゴー社に腕時計を製作させたという記録があります。(実際には使用されなかった)これが懐中時計を腕に巻く革ベルトが付いた初めての腕時計だと言われています。

ハイスペック型と一般兵向けの
量産型

1899年から1902年の第二次ボーア戦争でイギリス軍から腕時計の支給が開始されたと言われています。 しかし、まだまだ高価な存在であった為、パイロットや潜水部隊という時刻の把握そのものが生死に直結してくる兵士へと優先されました。

極めてシビアな財政を強いられていた軍にとって、生産コストのかかる機械式時計の大量生産は大きな課題。各軍は早急に支給の範囲・数を広げるべく、各時計メーカーに生産コストの削減・量産化を進めるよう要請します。

この過程で腕時計の種類は、大きく2つに分類されていきます。特殊部隊用のためのハイスペック型と一般兵向けの使い捨て・量産型です。

歴史のイメージ3

LONGINES ロンジン チェコスロバキア空軍用 1940年製造 コクピット内の電磁気を発生させる環境から、帯磁性能を持つように設計されたといわれるキャリバー15.68Z搭載。

その後、第一次世界大戦(1914〜1918年)を経て軍事兵器などの進化に伴い腕時計の機能も格段に進化。

そして第二次世界大戦中(1939年〜1945年)には、さらにレベルアップした特殊機能を持つ腕時計が次々に登場します。 パネライはイタリア海軍からの要請で「ダイバーズウオッチ」を開発し水中での耐久性を現実にしました。また、パイロットが飛行中に平均速度や消費燃料などを計算する「クロノマット」もこの頃ブライトリングにより開発されました。

現在では標準装備となった「防水」「耐磁」「耐衝撃」という機能も、当時戦場での“必要性”から進化してきたのです。

歴史のイメージ4

DROZ Dual Crown Super Compressor Australian Royal Navy Divers オーストラリア 軍用 ダイバーズ 1960年製造ケースはスーパーコンプレッサーを採用。裏蓋にはロイヤル・オーストラリアン・ネイビーの略である「R.A.N.」の刻印

歴史のイメージ5

1969年、世界初のクオーツ式腕時計として発表されたセイコーの名品「クオーツ・アストロン」復刻モデル500本限定として2000年に発売された。

腕時計の大衆化を推し進めた
「クォーツショック」

精密さを守りながらも、コストカットに各時計メーカーが血道をあげる最中。1969年12月、日本の時計メーカー「セイコー」が世界初のクォーツ式時計「アストロン」を発表します。 「クォーツ式」は、高性能ながら、コスト面では大きく削減され腕時計の大量生産という、これまで不可能とされてきた課題を覆しました。これによって各軍のニーズが日本に集中。 俗に言う「クォーツショック」により世界中の時計メーカーは大打撃を受けることとなります。クォーツ式時計が普及されていくにつれ、一般兵も腕時計を自ら購入できるようになりました。 軍が腕時計を支給する必要性は徐々に薄れていき、軍人や上流階級以外の層にも、段階的に腕時計が普及していきます。 その後、機械式時計は趣向品へとその存在価値を変え、戦時中、数々の時計メーカーが苦心の末開発してきたミリタリーウォッチの機能は現行の腕時計の礎となるのです。

市場に出回らない!?スイス・ドイツのリアルミリタリーウォッチ

時計職人の国として名高いスイスとドイツ。実際に世界大戦中は、複数の国から腕時計の発注を受けていました。 ほとんどのスイス時計メーカーは、軍と契約を結ぶ際、「戦争が終わったらすぐに時計を破壊すること」という条件をつけていました。 そこには、低価格な腕時計が大量に求められ、それらを叶えるために安価な材料を用いなければいけなかったという背景があります。「メイドインスイス」というブランドを守り、戦後、各メーカーの意としないチープな時計が市場に氾濫してしまうことを恐れての契約条件でした。 1939年頃にイギリス陸軍へ時計を納めていたスイスの時計メーカー「ティモール」に至っては、こんな逸話が残っています。“戦争が終結した時、イタリア人たちにはハンマーと鉄床が与えられた。そしてその道具で「ティモール」の腕時計を、執拗なまでに叩き潰した”自国の職人魂に誇りを持つスイスならではのエピソードといえます。また、ドイツ製のミリタリーウォッチはアメリカやイギリスの物と比べ極端に現存数がありません。 これは戦後ヨーロッパでナチスに関するものを全面的に廃棄する動きが起こった為だと言われています。 スイスとドイツ、その歴史的背景に違いはあれど、現代まで生き残ってきたリアルミリタリーウォッチそれ自体が、とても貴重でロマンに溢れていることに違いありません。

リアルミリタリーコレクションはこちら

特徴

「視認性に徹したルックス」「劣悪な環境を耐えるタフさ」など戦争の最中必要な全ての機能を備えた軍用時計の特徴をご紹介。

特徴の説明イメージ

軍用時計の大きな特徴

暗闇の中でも時間が読み取れる夜光針

時計の文字盤や針などの夜間視認を可能にする、夜光塗料トリチウムを塗布。文字盤のTマークがトリチウムの使用を表している。安全性の問題から後に蓄光型のルミノバ塗料を用いるケースが主流となった。

衝撃に強いムーブメント

野戦では衝撃・塵に常に晒されることとなる。当時ガラス面は割れやすく、さら に怪我を負う原因にもなった。そのため、裏面に開口部のない密封ケース、メッ シュガード、センターセコンドなど、ムーブメントを守るさまざまな技術が生まれた。

操作性に優れたデカリューズ

グローブの上からでもリューズを調整できるよう、大きめサイズになっている。

反射を防ぐツヤ消しケース

光の反射で敵に場所が割れないよう、ケースにツヤ消し処理が施されている。

耐久性の高いキャンバスストラップ

厳しい気象条件を耐え抜けるベルトが必要だった。ばね棒は時計本体に溶接され取り外しできない強固な仕様となっているものもある。

国の特徴

アメリカの特徴のイメージ

アメリカ

ミルスペックと呼ばれる、アメリカ独自の管理システムがあった。技術・要求・作業工程に至るまで、求められるスペックの基準値を記した仕様書がつくられていたのである。 すべての軍事備品は、これを満たしているかアメリカ軍自ら検証し、調達規格に見合ったものだけを取捨選択していたという。 すべての腕時計も厳正に審査され、パスしたものの裏蓋には管理番号などが詳細に刻印されている。そのため、現在でもアメリカのミリタリーウォッチはそのルーツを辿りやすい。

よく知られているのは、終戦時16代まで進化していたというパイロットウォッチ「タイプA」。黒ダイヤルにアラビア数字のインデックスがくっきり浮かぶ文字盤が特徴。視認性が高く、あらゆるミリタリーウォッチの原点といわれている。

イギリスのイメージ

イギリス

アメリカやドイツと異なり、自国に有力時計ブランドがなかったのがイギリス。そのため専門商社を通じて、スイス製時計、アメリカ製時計などを輸入して使っていたという。

もちろん採用にあたっては、アメリカのミルスペックと同じく厳しい基準が設けられ、その基準をクリアしたものだけに、イギリス軍を証明する「ブロードアロー(矢尻マーク)」が刻まれたことも有名だ。

現代のアンティーク市場でも、この刻印があるモデルはイギリス軍お墨付きの品とされ、高い人気を誇る。

ドイツのイメージ5

ドイツ

自国の時計ブランドもさることながら、時計の銘産地・スイスに近いという地の利もあり、ランゲなど有名ブランドの多くから供給を受けていた。

デザインは黒文字盤のものが中心で、採用されたミリタリーウォッチの裏蓋にはDHと刻印されているのが特徴。

とりわけ優れた技術を持っており、のちのパイロットウォッチのベースとなるクロノメーターを早くに導入するなど正確性にも特にこだわっていた。

リアルミリタリーコレクションはこちら

Stock real miritary

リアルミリタリーのイメージ

リアルミリタリーウォッチとは

20世紀初頭から中頃までに軍事目的に開発された腕時計、または市販の時計から各国が軍用に採用した腕時計のこと。

各時計メーカーは戦争の過酷な状況に対応する機能を開発していくことで、その技術を格段に進化させていきました。
それらの技術は戦後から現代に至るまでに作られてきた多くのミリタリーウォッチに受け継がれています。
今日の腕時計の基本性能は、リアルミリタリーウォッチによって確立されたといっても過言ではありません。
その一方、本物の戦争を生き抜いた“リアルミリタリーウォッチ”はその人気と希少性から徐々に目にすることがなくなってきました。
ジャックロードではリアルミリタリーウォッチの販売に力を入れています。
この機会に是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

リアルミリタリーコレクションはこちら

アーカイブコレクション

一期一会なのがアンティーク。
ジャックロードが過去にめぐり合ったリアルミリタリーをほんの一部ご紹介。

  • ROLEX SUBMARINER UK-NAVY英国海軍用 サブマリーナ 年式:1974年 / 品番:5513

    ROLEX SUBMARINER UK-NAVY英国海軍用 サブマリーナ
    年式:1974年 / 品番:5513

  • CYMA ROYAL ARMY W.W.W. シーマ 英国陸軍/年式:1940年

    CYMA ROYAL ARMY W.W.W. シーマ 英国陸軍/年式:1940年

  • OMEGA Royal Air Force 英国空軍用モデル 年式:1950年 / 品番: ST2777

    OMEGA Royal Air Force 英国空軍用モデル
    年式:1950年 / 品番: ST2777

  • OMEGA Small Second Royal Armyスモールセコンド 英国陸軍B 年式:1950年代 / 品番: Y10131

    OMEGA Small Second Royal Armyスモールセコンド 英国陸軍B
    年式:1950年代 / 品番: Y10131

  • OMEGA ROUND Royal Air Force ラウンド 英国空軍 年式:1950年代

    OMEGA ROUND Royal Air Force ラウンド 英国空軍
    年式:1950年代

  • ZENITH TIPO CP-2 CHRONOGRAPH AMI クロノグラフ イタリア軍 年式:1960年代

    LONGINES Czechoslovakia Air Force/チェコスロバキア空軍
    年式:1940年代

  • OMEGA Small Second Royal Armyスモールセコンド 英国陸軍B 年式:1950年代 / 品番: Y10131

    ZENITH TIPO CP-2 CHRONOGRAPH AMI クロノグラフ
    イタリア軍 年式:1960年代

  • ZENITH  Round Small Secomd German Army ラウンド スモール セコンド ドイツ陸軍 年式:1940年代

    ZENITH Round Small Secomd German Army
    ラウンド スモール セコンド ドイツ陸軍 年式:1940年代

  • IWC MARK XI マークXI 英国軍 年式:1960年代

    IWC MARK XI マークXI 英国軍 年式:1960年代

  • OMEGA Small Second Royal Armyスモールセコンド 英国陸軍B 年式:1950年代 / 品番: Y10131

    IWC MARK X マークX 英国軍 年式:1940年代

  • ZENITH  Round Small Secomd German Army ラウンド スモール セコンド ドイツ陸軍 年式:1940年代

    HAMILTON Royal Army W10ラウンド 英国陸軍年式:1973年代

  • IWC MARK XI マークXI 英国軍 年式:1960年代

    LEMANIA ONEPUSH CHRONO Swedish Air Forde Pilots
    ワンプッシュ クロノグラフ スウェーデン 空軍
    年式:1970年代 / 品番: 0552/924-3306

リアルミリタリーコレクションはこちら

ページトップ