レビュートーメン Revue Thommen 新品

レビュートーメン レビュートーメン

Revue Thommen レビュートーメン

スイス北部の田舎町、ヴァルデンブルグに1853年に設立された小さな時計工房に1859年、時計師で実業家のゲテオン・トーメンが経営参画。 ここに、レビュー・トーメンの歴史がスタートする。妥協を許さない職人気質のゲテオンは工作機械の大量導入等により生産効率を飛躍的に改善、ありふれた小工場を優良メゾンへと導く。1870年代にはムーブメントや完成品を大量にアメリカへ輸出するまでに成長。1885年には初の傑作、革新的なジャンピングアワーウォッチを発表。これが称賛を浴びてその名声を世界的なものとした。1908年には初めて現在の社名、レビュー・トーメンを名乗り、第一次世界大戦後は軍需の要請を受けて航空用精密機器の製造にも乗り出した。1962年にはバルカンをはじめとする複数のメゾン達とMSRグループを結成、中心的役割を担うが、グループ各社はグループ内で圧倒的に大規模であったレビュー・トーメンに次第に集約されるようになり、1980年代にはバルカンによる傑作「クリケット」もレビュー・トーメンのブランドにて発売されるようになった。現在もレビュー・トーメンはエントリーラインを中心とした展開でスイス時計業界において重要な役割を担っている。

9