ブランパン フィフティ ファゾムス

ブランパン フィフティ ファゾムス

FIFTY FATHOMS

フィフティ ファゾムス

雲上ブランドよりも長い歴史を時計史に刻むブランパン。「伝統こそ革新」を掲げる同社の誇るダイバーズウォッチがフィフティ ファゾムスです。コレクションネームのフィフティは読んで字の如く「50」、ファゾムスは水深を表しており、1ファゾムスが約1.83m。すなわちフィフティ ファゾムスは50×1.83、おおよそ91m、当時のダイバーが潜水できる限界値とされていました。現在ではこの深度を遥かに超える防水性能を備え、ブランパンを代表するコレクションにまで発展を遂げました。

もっと詳しく見る

62件中

130

ABOUT FIFTY FATHOMS

  • モダンダイバーズの先駆者

    フィフティ ファゾムスの誕生は1953年にまで遡ります。フランス海軍の依頼により製作された背景を持つフィフティ ファゾムスは、かの有名なロレックスのサブマリーナーよりもその登場は先であったといわれており、モダンダイバーズウォッチの祖ともいわれています。現代のダイバーズウォッチにおいて必須装備となっている回転ベゼルやハイスペックな防水性能、高い視認性および耐磁性といったスタイルを確立しました。堅牢なデザインを携えていながらも、気品漂うコレクションです。

  • シティユースを想定したモダンな味付けが際立つバチスカーフ

    初代フィフティ ファゾムスの発表から間もなくして生まれたのがバチスカーフ。名称の由来は「潜水艦」。フィフティ ファゾムスを代表するモデルです。オリジナルのフィフティファゾムスに比べると、スマートなベゼル幅や余白に余裕を持たせたシンプルなフェイス、高級感のあるサンバースト仕上げ(中央に向かって施される微細な装飾)がなされた文字盤など、よりアーバンなデザインに仕上がっています。2020年には最新作を発表。今後も目が離せないコレクションです。

  • 海洋環境保全との密接な関わり

    世界初のモダンダイバーズウォッチを発表して以来、海洋環境保護活動にも余念がないブランパン。研究機関をはじめとした関係者らと連携を取り、深海の生態系解明の他、海に関する幅広い分野での活動を精力的に行っています。直近では、ブランパンオーシャンコミットメントと称したプロジェクトの一環として、2020年に発表されたバチスカーフの限定エディションの売り上げの一部を環境保護団体であるモカラン保護協会へと寄付支援を行いました。