ロレックス オイスター デイト

オイスターデイト オイスターデイト

OYSTER DATE オイスターデイト

ロレックスは、1926年に完成したムーブメントへの水や埃の侵入を防ぐオイスターケースをディフュージョンブランドのチューダー(チュードル)にも搭載し、その販路を拡げることに成功。このオイスターケースと同様に、ロレックスの名を世界中に知らしめた機能がデイト表示です。それまで多くの時計は小窓で日付を表示させていましたが、ロレックスは約2.5倍の拡大を実現したサイクロップレンズを開発。後のロレックスのアイデンティティーとして多くのモデルに装備されていくことになります。

5