wowow連続ドラマ「鉄の骨」で、向井理さん、内野聖陽さん、木下ほうかさんに着用いただいた腕時計

wowow連続ドラマ「鉄の骨」で、向井理さん、内野聖陽さん、木下ほうかさんに着用いただいた腕時計

着用いただいた時計・ジュエリー

メディアの詳細

wowow連続ドラマ「鉄の骨」

2020年4月18日(土)22時00分~放送開始(全5話)

原作 池井戸潤「鉄の骨」(講談社文庫)(「下町ロケット」「半沢直樹」「空飛ぶタイヤ」ほか)
脚本 前川洋一(「沈まぬ太陽」「アキラとあきら」)
音楽 羽岡 佳(「アキラとあきら」「トップリーグ」)
監督 鈴木浩介(「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」「アキラとあきら」)
北野 隆(「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」)
プロデューサー 青木泰憲(「アキラとあきら」、「沈まぬ太陽」)
内丸摂子
出演 神木隆之介 内野聖陽 向井 理 中村獅童 土屋太鳳 柴田恭兵 木下ほうか 西岡徳馬 石丸幹二 小雪 皆川猿時 宮川一朗太 六角精児 宮崎美子 小手伸也 利重 剛…ほか

会社とは、組織とは、守るべき信念とは、そして正義とは―。
現代社会で生きるすべての人に贈る迫真の人間ドラマ、降臨。


中堅建設会社入社4年目の若手社員・富島平太(神木隆之介)は、不器用ながらも建設現場を愛する実直な男。そんな平太がある日突然、畑違いの「業務部」へ異動を命じられる。そこは公共事業などの大口案件の受注を担当する「談合部」と揶揄される部署だった。くたびれた顔の部長や長年業務部にいる頼れる先輩、泰然自若とした女性の先輩、会社を支える切れ者の常務らとともに2000億円規模の公共工事の受注を目指す平太は、やがて談合を取り仕切る業界のフィクサーとの交流を深め、欲望やしがらみを目の当たりにする。 談合は“必要悪”なのか―。平太は“理想”と“現実”の間でもがきながらも会社の命運を握る仕事にやりがいを見いだしていく。一方、入札は大胆な技術革新に成功した平太たちがリードするが、そこに老練なライバル社の幹部たちが立ちはだかる。さらに大物政治家の官製談合を追う検察特捜部も動きだし、やがて平太にも捜査の手が伸び…。

「談合」は“必要悪”かをテーマに、中堅建設会社の若手社員の奮闘する姿を、迫力のある人物描写で描く注目の社会派ドラマ。

貸し出しをご希望の方

下記の貸し出し担当者へご連絡ください。

メディア貸出情報

ページトップ