【IWC】スタッフ愛用腕時計 vol.3 IWC マークXVIII プティ・プランス

【IWC】スタッフ愛用腕時計 vol.3 IWC マークXVIII プティ・プランス

IWC マークXVIII プティ・プランス IW327014

IWC Mark XVIII Petit Prince IW327014 スタッフ 赤垣 所有

 

ドイツ的な気質に惹かれて

IWCは、スイスウォッチですがドイツ的な気質がモノづくりに反映されていて、個人的に好きなメーカーです。

もともと堅実で洗練されたドイツ系ウォッチが好きで、初めて買った腕時計はノモスでした。

2年ほど前、IWCの新作情報をチェックしていてこの時計に惹かれ、お店に入荷してきた実物を見てそれが確信に変わりました。

深みのある色合いがお気に入り 青文字盤

黒文字盤もよかったですが、普段から青色が好きでワードローブも青系が多いのと、自分の好きなスポーツチームのチームカラーがブルーなので、迷わず青文字盤を選びました。

角度や光加減によっては黒にも見える深みのある色合いが気に入っています。

星の王子様 プティ・プランス

プティ・プランスは「星の王子様」のフランス語の原題。

表はシンプルで洗練されているのに、裏蓋にかわいい王子様が刻印されてるのも何だか意外性がありますよね。

腕に着けたままブレス調整が可能

あと、細かいところですが、バックルのIWCのボタンを押すとブレスの長さが多少調整できるようになってるんですよ。

少しだけ緩めたい時なんか、暑い季節は意外と重宝する機能です。

コマ調整しなくても長さが変えられるブレスは他メーカーにもありますが、腕に着けたままスマートにできるのはIWCくらいでしょうか。

そういうモノづくりの姿勢がすごく好きですね。

次に欲しいのはA.ランゲ&ゾーネ

ほかに数本腕時計を持っていますが、オールシーズンどんな服装にも合わせやすいので、オンタイムではこのIWCが一番出番が多いです。

今の憧れはドイツウォッチの最高峰、A.ランゲ&ゾーネ。

10年後、20年後になるかもしれないですけど、いつかは欲しい時計です。

■あわせて読みたい 関連記事
>> IWCの中で特に高い人気を誇る「マークシリーズ」とは?歴代モデルを徹底解説

■関連商品はこちら
>> IWC 一覧

>> ジャックロード オンラインストアはこちら

>> ジャックロード 実店舗案内はこちら

ページトップ