BLOG CATEGORY
時計
2022/9/25

並行輸入品は偽物?違法?なぜ安い?安心して高級時計を買うために知っておくべき予備知識

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
並行輸入品は偽物?違法?なぜ安い?安心して高級時計を買うために知っておくべき予備知識

時間を知るツールというだけではなく、大人の腕元をスマートに演出し、時には自身の主義やライフスタイルを体現する存在にもなる奥深い高級腕時計の世界。

そろそろ大人の嗜みとしていい時計を1つ買っておきたいと思った時、多くの人が憧れを抱くのはスイス製などの高級輸入時計ではないでしょうか。

腕時計に限った話ではありませんが、海外メーカーのブランド品が日本へ流通する経路には「正規ルート」と「並行輸入ルート」の2つがあり、どちらのルートを辿ってきたかによって「正規品」または「並行輸入品」として区別されます。

「正規品」と「並行輸入品」は、もの自体はまったく同じ時計でも、売っている場所や販売価格、購入後のアフターフォローなどが異なります。

当店ジャックロードは業界でも老舗の並行輸入店です。安心して高級時計を購入するために知っておきたい予備知識として、今回は「正規品」と「並行輸入品」について、わかりやすく解説したいと思います。

※本記事は新品の腕時計を前提として執筆しています。

■この記事の監修;
ジャックロード(JACKROAD)
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら
※当店オンラインストアは数々の賞を受賞!
 受賞歴は こちら

1.はじめに

ここに、あなたがほしいと思っているスイスブランドの腕時計があったとします。

A店では定価の約65万円で販売されていました。ところがB店では同じ新品の時計にも関わらず 37万8千円で販売されています。

さあ、あなたはこの時計をA店とB店のどちらで買いますか?

商品ページのサンプルイメージ

とてもシンプルに書きましたが、海外のブランド腕時計を購入しようとインターネットで検索すると、多くの人が上記のような選択肢にぶつかります。

筆者であれば、65万円はとても高額なため、少しでも安く買えるならB店に惹かれます。でも同時に、全く同じ時計なのに、なぜB店は定価よりこんなに安いのかと警戒心が頭をもたげます。怪しい品を買うくらいなら、A店で買ったほうがいいかも…と迷います。そして最後に、A店とB店でいったい何がそんなに違うのか調べてから決めようと考えます。

どうでしょう?もしかしたら同じように感じてこの記事を読んでいる方も多いのではないでしょうか?

冒頭で述べたように、海外のブランド品は日本へ流通する経路によって「正規品(A店)」と「並行輸入品(B店)」のどちらかに分けられます。上記のように、異なる選択肢が存在するのです。

A店とB店のどちらを選ぶかは、最終的にはあなたが時計を購入するうえで何を優先したいかによって答えが変わってくるでしょう。そのためには正規品や並行輸入品が流通する仕組みやそれぞれの違いについて、正しく理解する必要があります。

2.高級腕時計はどこで買えるのか?

ジャックロードの店内イメージ

ロレックスやオメガなど、いわゆる海外ブランドの高級腕時計はどこで買うことができるのでしょうか?

メーカーの直営ブティックや百貨店などにテナントで入っているブランドのサロン、街の腕時計専門店、某大型家電量販店にも時計売り場があります。そしてオンラインショップであれば、インターネットで検索すれば星の数ほど時計店が出てきます。

海外からの輸入時計はそれらの中から「どのお店で買うか」によって、時計そのものは同じなのに実は「正規品」だったり「並行輸入品」だったりします。

大まかに分類すると、

  • 正規品を扱うお店:
  • メーカーの直営ブティック/百貨店やデパートに入っているサロン/腕時計専門店(正規)

  • 並行輸入品を扱うお店:
  • 腕時計専門店(並行輸入)/大型家電量販店/その他、多くのオンラインショップ

ということになります。

直営ブティックや百貨店内のサロンが正規店というのはなんとなくわかりますよね。

一方、さまざまなブランドが一堂に会する腕時計専門店には“正規代理店”と“並行輸入店”が混在しています。正規代理店の場合は枕詞で正規店であることを謳っているため、特に何も書いてなければ並行輸入店だと思っていいでしょう。

冒頭でも書きましたが、当店ジャックロードは並行輸入の腕時計専門店です。また、大型家電量販店も、輸入時計に関しては一部を除き概ね並行輸入品を中心に取り扱っています。

それでは「正規品」と「並行輸入品」はそれぞれどういう流通経路をたどり、その結果どのような違いが生まれるのでしょうか?

次項から詳しく見ていきましょう。

3.正規品の場合~正規ルートとそのメリット・デメリット~

まずはスイスのある時計メーカーを例に、「正規ルート」から説明します。

正規ルートの流通経路のイメージ
※価格はイメージ

このスイスの時計メーカーは、自社製品を日本で販売するために日本現地法人を設立したり、日本国内の小売店と代理店契約を結んだりしています。メーカーと代理店契約を結んでいるお店は“正規店”や“正規代理店”と呼ばれ、この正規店やメーカーの直営店で販売される商品が“正規品”ということになります。

正規店は、メーカーから販売ライセンスを得るかわりにメーカーが目指すブランド戦略をともに担い、販売戦略を遂行する責任や義務を負っています。その中の1つが“定価販売”です。正規店であればどこで買ったとしても一律定価。ブランドのイメージや価値を維持するため、販売店独自のセールや個別の値引き対応などはありません

正規店に足を運ぶと、広々とした空間に数本の腕時計が展示してあるだけというラグジュアリーで非日常的な空間や、検討段階でも気前の良いサービス、インテリアとして飾っておきたくなるほどのカタログに感激しますよね。

高額な腕時計に見合う質の高いサービスが受けられ、購入後も正規のアフターフォローを受けられる安心感があり、正規店で時計を買うことは腕時計の所有欲を満たすだけでなく、トータルとしても高い満足感を得られるでしょう。

一方で、そのブランド独自の世界観や高度なサービスを維持するためには膨大なコストがかかっており、それらのコストは高額な定価へと反映されます

また、最近はメーカーが戦略的に自社製品の流通量を抑えたり、ブランドイメージを高級路線へシフトしたりする傾向が続いており、そうなると一見(いちげん)ではほしいモデルを売ってもらえない、価格が高くなりすぎて一部の富裕層向けのサービス展開になりがちなど、ビギナー層には敷居が高く利用しづらいと感じる場合もあるかもしれません。

4.並行輸入品の場合~並行輸入ルートとそのメリット・デメリット~

それでは並行輸入ルートをたどって並行輸入店で販売される「並行輸入品」はどうでしょうか?

並行輸入ルートの流通経路のイメージ
※価格はイメージ

このスイスの時計メーカーには、日本以外にも世界中の国に代理店契約を結んだ正規店があります。

これらの“海外正規店”も、基本的には消費者へ定価での販売を行っています。一方で「定期的に」「まとまった量を」注文してくれる並行輸入業者(並行輸入店や商社など)へ、特別な卸価格で商品を融通することがあります。

日本の並行輸入業者はそういった海外正規小売店や中間卸商から商品を買い付けています。ですがスイスの時計メーカー自体と販売店契約を結んでいるわけではないので、正規店のように定価販売などの義務は負っていません

そのため並行輸入店は商品に対し、自由な価格を設定して消費者に販売することができます。これが並行輸入品最大のメリット、新品にも関わらず国内定価より安い価格で販売されている理由なのです。

また、並行輸入店には日本未発売の海外限定モデルや、通常正規店ではモデルチェンジと同時に店頭から姿を消してしまう生産終了になった旧モデルの新品など、国内の正規店では入手が難しい時計が店頭に並ぶことも。さらに、並行輸入店は世界中のブランドの並行輸入新品と合わせて中古商品も総合的に扱っている場合が多く、必然的に腕時計分野の多岐に渡る豊富な知識をもつスタッフが在籍しているため、ビギナー層は正規店ほどの敷居の高さを感じずに、多くの選択肢の中から好みの時計を探してもらうことができるでしょう。

ただし並行輸入店の場合、サービスをある程度合理化することでコストを抑え、価格の競争性を保っている面がある点は否めません。お店によって経営規模や経営方針が異なるので、店構えやサービスの質などはまちまち。安心してお買い物をするためには、必要なサービスには十分コストをかけている良心的な並行輸入店を見極める必要があります

また、ごく一部のブランドではありますが、自社製品であっても並行輸入品の修理を制限するなどのいわゆる“並行差別”により、メーカー正規のアフターサービスが受けられない場合があります。この場合は購入した並行輸入店独自の保証サービスを利用することになるため、購入後のアフターケアまで安心して任せられる並行輸入店であることも大切です。

各国の直営店や正規店はメーカー側から商品をその国内で販売することが義務付けられており、一旦「販売した」記録を残す必要があるため、並行輸入品は店頭に並んでいる時点で付属する保証書に販売店名(海外の正規店名)と並行輸入店が仕入れを行った日付がすでに入っているのが一般的です。

そのほか、正規品と並行輸入品に付属する保証書や付属品にはどのような差があるのか、ロレックスを例に詳しくまとめてみました。詳しくは下記の記事をご参照ください。

■合わせて読みたい関連記事
ロレックスの並行輸入品と日本正規品を比べてみた~保証書や付属品の違いについて解説~

5.並行輸入品のほうが正規品より高いことがある!?

先ほど並行輸入品は新品にも関わらず国内定価より安い価格で販売されていると書きましたが、逆に高くなってしまうこともありえます。

海外から仕入れを行う並行輸入市場は、常に変動する為替相場の影響を受けています。円安(円の価値が下がる)になると相対的に仕入れ値が上がり、並行輸入品の店頭価格もそれを反映して高くなります。ただしあまりに価格が高くなりすぎると並行輸入店も仕入れを抑えたりするので、価格が正規店よりも恒常的に高い商品ばかりが並ぶということはまずありません。

ただし例外もあります。昨今の例でいえば、ロレックスやパテック フィリップ、オーデマ ピゲなどの一部のモデルはその人気に対して商品の供給が追いつかず、“正規店に足を運んでも品物がなく、下手をすると年単位で待っても買えない”状態が続いています。つまり、需要が供給を大幅に上回っている状態です。

例えばロレックスの人気スポーツモデルなどは日本中のどの正規店にいっても置いてありませんし、入荷時期も未定です。正規店側も本国からいつ商品が入荷するか把握できないため、予約も受け付けてもらえません。

高騰するロレックスの商品ページのサンプル

一方で、並行輸入店に足を運べば店頭に人気モデルの在庫があったりします。ただし仕入れ値そのものが上がってしまっているため、たとえ並行輸入品であっても販売価格が定価以上に高騰することがあるのです。しかしながら、正規店で買おうとしたら何年もかかる品薄モデルがすぐに買えるというのは、並行輸入店ならではの魅力といえます。

6.並行輸入ルートは違法なルート!?

ロレックス サブマリーナデイトの並行輸入品一式のイメージ

正規ルートとは決して交わることがないため“並行”と冠された並行輸入ルート。

“正規”という言葉と対比すると反語的に“非正規” ルートのようなイメージを抱く方もいるかもしれませんが、日本では法律で認められているれっきとした流通経路の1つですので、まったく違法ではありません。ただし、世界には商標権保護の観点から並行輸入が認められていない国も多くあります。

日本は50年の時をかけて「並行輸入は商標権を侵害するものではない」との法的な判断を積み重ね、世界の中でも並行輸入天国と呼べる土壌が醸成されてきました。加えて、真面目で道徳心の高い国民性が世界的に評価され、たとえ正規店でなくても信頼性が高く、良質なサービスが受けられるとあって、少しでもリーズナブルにブランド品を手に入れようと世界中から多くの人々が日本を訪れているのです。

7.並行輸入品は偽物の可能性がある!?

並行輸入品は、元をただせば海外の正規店を経由させて買い付けた商品を日本国内へ輸入したもの。「日本正規品」ではないものの「海外正規品」であるといえます。どこの国に納入されたかが違うだけで、並行輸入品は確実に本物です。言葉のゲームのようですが、もしよく似せた模造品が混じっているということであれば、それはあくまで“偽物”であって“並行輸入品”とはいえないのです。

おそらく皆さんが不安に思うことは、「そうは言っても流通経路のどこかで偽物が混じって、並行輸入品として並んでいる可能性もあるのでは?」ということですよね。

例えば某大型家電量販店に陳列されている時計を「もしかして偽物が混じってるかも?」と疑いながら見ているという方は少ないのではないでしょうか。家電量販店の輸入時計は多くが並行輸入品で、正規品ではありません。それでも私たちが特に不安に感じないのは、これらの量販店を企業として「信用」しているからでしょう。

当店ジャックロードは、この「信用」を何よりも重視しています。日本の法律では万が一偽物を売ってしまった場合、責任を取るのは販売した小売店です。仕入れの段階で巧妙な手口で騙されたとか、ものすごく精巧に作られた偽物で気づくことができず、悪気はなかったとか、どのような事情も一切関係がありません。例えば仕入れ先が「万が一商品に問題があれば責任を取るから」などと保証したとしても、実際には偽物を販売した小売店がその責任を回避することはできないのです。

そのため、実績のある並行輸入店はそもそも怪しげなルートからの買い付けは行いませんし、仕入れた商品に偽物や模造品が混ざっていないかは普段から十二分に気を付けています。一度でも偽物を販売したとあれば、長年かけて築き上げたお店の信用を一気に失ってしまうからです。当店のように中古品やアンティークまで幅広く扱うお店であれば、偽物に関する知見も豊富で、より安心できる材料となるでしょう。

つまり、並行輸入品で購入する際は信用できるお店であるかどうかが重要なのです。

8.安心な並行輸入店とは

ジャックロードの店内のイメージ

それでは安心して買い物ができる並行輸入店とはどのようなお店でしょうか?いくつかのポイントを挙げてみましょう。

実績の長い老舗店である

まずは老舗など、並行輸入時計の取り扱い暦が長いお店が良いでしょう。海外の輸入元と相互的な信頼関係を築くのには長い時間がかかります。老舗の並行輸入店は信頼できる輸入元と太いパイプを世界中に持っています。そのため、流通経路の信頼性はもちろん、ほかでは手に入りづらいような希少モデルを融通してもらえるなど、取扱い商品が充実しているというのもうれしいポイントです。

実店舗があり、実物を手に取ってみることができる

時計店にも実店舗とオンラインによる通信販売の両方を行っている企業もあれば、実店舗を持たず通信販売のみという企業もあります。ブランド腕時計といえば高額な買い物ですから、実店舗に行けば実際に手に取ってみることができるというのは重要なことです。実店舗を持たずオンラインだけで販売しているお店も多くありますが、よその画像を無断使用してウェブサイトに掲載しているような悪質な企業も見受けられるため、注意が必要です。

独自の保証など、購入後のアフターフォローがしっかりしている

並行輸入店で時計を買う最大のメリットは正規店よりも大幅に価格が安いこと。ですが、高級腕時計は買って終わりではなく、長く愛用していくには継続的にメンテナンスを行う必要があります。具体的には3~5年ごとのオーバーホールや、不具合が出た際の修理などです。

前述のとおり、並行輸入品もれっきとした本物なので、ごく一部の例を除いて正規品と同じようにメーカー保証を受けることができますが、しっかりした並行輸入店はメーカー保証以外にも並行店独自のオリジナル保証をつけて万全の体制を整えています

メーカー保証を受ける際でも、 並行輸入品は購入した並行輸入店を通して行うことが一般的です。また、多くの場合並行輸入店の提携工房でメンテナンスを行うことも可能で、メーカーによる修理よりも料金が割安に済むことが多く、希望すれば見積もりによる選択肢を提示してもらえます。

そのため、アフターフォローがしっかりしていて長く付き合うことのできるお店であることが重要なのです。

9.ユーザーレビュー

安心な並行輸入店のポイントを記述しましたが、当店ジャックロードももちろんこの点を含め、安心できる並行輸入店としての絶対の自信を持っております。ここからは当店ジャックロードに実際に寄せられたお客様からのレビューをご紹介いたしますので、ぜひご参考ください。
 

 ユーザーレビュー 


モアイ

  • 年代:40代/性別:男性/職業:会社員/所有しているブランド時計の本数(今回の購入品を含む):6~9本
  • 今回購入商品:ロレックス シードゥエラー ディープシー Dブルー/問合せID:rx947


評価:★★★★★
【人生、初の経験…】

一年ぐらい前からディープシーDブルーが欲しくて正規店を何十件も回ったが中々、購入出来ない日が続き正規店での購入を諦め、並行店での購入を決断しました。ネットで色々調べて3ヶ月、高級腕時計をネットで実物を見ずに購入する事が中々出来ませんでしたが、このご時世コロナ感染のリスクを考えると出歩くのまずいと思い、ジャクロードさんで思い切ってネット購入を決断しました。注文から出荷まで素早い対応、商品の梱包、製品の品質、細やかな対応、ネットでも何も問題無く、納得いく買い物でした。


 

TJ

  • 年代:30代/性別:男性/職業:会社員/所有しているブランド時計の本数(今回の購入品を含む):4本
    今回購入商品:オメガ コンステレーション/問合せID:om608


評価:★★★★★
【やっと身につけることが出来ました。】

初めてのオメガで、コンステレーション。 
現在、廃盤になり旧モデルですが新しいデザインの同モデルが出る事によって更にクラシカル感が増したと思います。
文字盤のカラーから 秋頃から冬にかけて使用しようと考えて購入しました。
出過ぎないコンステレーションは、やらしさが無く非常に長く使える時計だと思います。
今回、初めてジャックロードさんでネット購入しましたが非常に印象が良かったです。
質問に対する返答の早さ、梱包の丁寧さ、並行輸入に関わらず外観ケースの傷など無く、そして当たり前ですが時計も無傷、出荷前に検品され時計の指紋をしっかり拭かれているような感じがしました。
納品書封筒内に、顔付名刺等が同封され責任を持って販売されてると印象を受けました。
今回、利用することが出来て本当に良かったです。
また、次回も購入するいい機会になりました。
有難う御座いました。 


 

まな

  • 年代:20代/性別:女性/職業:会社員/所有しているブランドジュエリーの本数(今回の購入品を含む):6~9点
    今回購入商品:ティファニー Tスマイルペンダント ネックレス (スモール)K18WG/問合せID:161709


評価:★★★★★
【ちゃんと新品だしラッピングも完璧】

           公式ショップ以外で製品を買うのに抵抗がありましたが、口コミやTV番組に貸し出し実績があると言うことでこちらのショップにお世話になりました。
今回は自分のご褒美用で購入しましたが、ラッピングなども公式ショップと同じようにしていただいたので、大切な人へのプレゼント用でも利用したいな、と思えました。また機会があれば宜しくお願いします。

10.まとめ

ここに、あなたがほしいと思っているスイスブランドの腕時計があったとします。

A店では定価の約65万円で販売されていました。ところがB店では同じ新品の時計にも関わらず 37万8千円で販売されています。

さあ、あなたはこの時計をA店とB店のどちらで買いますか?

以上のことを理解したうえで最初の命題に立ち返った時、あなたは今、どちらのお店に魅力を感じているでしょうか?購入する時計そのものは全く同じものなわけですから、あとは何を大事にするかによって答えが変わってくるはずです。

腕元の頼もしい相棒となる腕時計。本記事があなたの満足のいくお買い物の一助となれば幸いです。

最後に、当店ジャックロードは1987年の創業以来、お客さまとの信頼関係を何よりも大切に考え、30年以上の長きに亘って多くのお客さまからご愛顧をいただいてきました。

さらに、当店は法令を遵守したクリーンな営業活動を徹底しており、2014年に優良申告法人として税務署より表敬状を受けています。優良申告法人の認定を受けるのは非常に難しく、その数は全国の法人全体の1%に満たないといわれるほど。当店はお客さまに対して誠意ある対応を心掛けるとともに、法人としての義務をしっかりと果たし、地域社会に貢献していくことをとても大事な使命と考えています。

並行輸入の腕時計をご検討されるみなさまにはぜひ、安心してジャックロードでのお買い物をお楽しみいただければと思います。

■合わせて読みたい関連記事
ロレックスの並行輸入品と日本正規品を比べてみた~保証書や付属品の違いについて解説~

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロード(JACKROAD)

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

※店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

また、ジャックロードは店舗に直接ご来店いただくことが難しいお客さまにも快適なショッピング体験をご提供するべく、オンラインストア事業に力を入れております。オンラインストア限定のサービスやクーポンもございますので、ぜひあわせてご利用ください。

当店の大手ショッピングモールにおける受賞歴は こちら からご覧いただけます。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • 社会人におすすめのメンズブランド腕時計【価格帯別】

  • 【ロレックスを買うなら知っておきたい】とっておきの選択肢とは?!

  • ペアウォッチのおすすめブランドを価格帯別にご紹介!