【ビッグバン キング】ウブロが誇るダイバーズ時計の神髄

【ビッグバン キング】ウブロが誇るダイバーズ時計の神髄

時計界の異端児として業界に旋風を巻き起こしてきたウブロ。
ついその存在感のあるルックスばかりに注意を奪われがちですが、腕時計としてのスペックの高さも目を見張るものがあります。
今回はダイバーのためのプロフェッショナル時計、ダイバーズコレクション×ウブロの組み合わせに着目してみましょう。

 

ウブロとは

ウブロ スピリット・オブ・ ビッグバン キングゴールド ブルー Ref.641.OX.7180.LR
ウブロ スピリット・オブ・ ビッグバン キングゴールド ブルー Ref.641.OX.7180.LR

スイスのニヨン(Nyon)にて、イタリア人のカルロ・クロッコ氏によって1979年に創業されたウブロ。今日では一般的なラバー素材を腕時計に取り入れるなどして、業界に新たな風を吹き入れました。
2004年にはその手腕が高く評価されているジャン・クロード・ビバー氏がCEOに就任。ウブロの代名詞とも言えるビッグバンを発表し、たちまち注目と高い人気を集めました。

そんなウブロが巨大グループ、LVMHの傘下になったのは2008年のこと。

ルイ・ヴィトンを主体とした70もの高級ブランドを保有する巨大コングロマリットのLVMHグループ、時計部門においてはゼニス、タグ・ホイヤーなどの人気ブランドがすでに傘下となっており、2011年にはブルガリも加わったことは記憶に新しいことでしょう。

ウブロはLVMHの傘下となった後、ゼニスの「エル・プリメロ」ムーブメントを搭載したスピリット オブ ビッグバンの生産を開始し、ウブロの主要コレクションのひとつとして現在も高い人気を集めています。

■あわせて読みたい 関連記事
>> 【ウブロ】知っているようで知らない?いま一番気になる腕時計ウブロの概要とおすすめ人気モデル


■関連商品はこちら
>> ウブロ スピリット オブ ビッグバン 一覧

ウブロのダイバーズ時計、ビックバンキングとは

ウブロ ビッグバン キング パラジウム Ref.322.LX.100.RX
ウブロ ビッグバン キング パラジウム Ref.322.LX.100.RX

2005年に登場し、現在もウブロの基幹コレクションとしてラインナップされ続けているビッグバン。このビックバンをベースにあらゆる素材を駆使したバリエーションが展開され、当時のウブロの勢いは時計業界を席巻するほどの勢いでした。

その中で生み出されたモデルがダイバーズ時計のビックバンキングです。

ビッグバンのデザインをベースにクロノグラフは外され、視認性を高めたセンターセコンド(3針)、水深経過時間の目盛りが入るベゼルを装備し、防水スペックは300mが与えられました。

ウブロらしく、ステンレススチール以外にもゴールド、パラジウムなどあらゆる素材を駆使し高い人気を博しました。
現在は生産終了となっているため、手に入れるには中古市場からの入手となります。 


■あわせて読みたい 関連記事
>> ウブロの救世主ビッグバン 異素材の融合から生まれる革新的スタイル


■関連商品はこちら
>> ウブロ ビックバンキング 一覧

史上最強の機械式ダイバーズ、ウブロ オーシャノグラフィック 4000

ウブロ オーシャノグラフィック 4000 カーボンファイバー リミテッドRef.731.QX.1140.RX
ウブロ オーシャノグラフィック 4000 カーボンファイバー リミテッドRef.731.QX.1140.RX

ウブロのダイバーズを語る上で欠かせないのが、機械式ムーブメントを備えた腕時計としては初となる驚異の4000m防水を達成したウブロの最強ダイバーズ時計、オーシャノグラフィック 4000。

48ミリのケース径に水深に耐えうるように強化された風防はナント厚さ6.5ミリ!! 

強烈な水圧に耐えられるように、ケースの素材はカーボン、チタニウムが採用されました。
こちらも現在は生産終了となるため、中古市場での入手となります。

 

ウブロ オーシャノグラフィック 4000 カーボンファイバー リミテッド Ref. 731.QX.1140.RX
こちらはチタンケースのオーシャノグラフィック 4000 チタニウム リミテッド Ref. 731.NX.1190.RX


■関連商品はこちら
>> ウブロ オーシャノグラフィック 一覧

ウブロ独自の素材、キングゴールド×ダイバーズ

ウブロ オーシャノグラフィック 1000 キングゴールド リミテッド Ref. 732.OE.2180.RW
オーシャノグラフィック 1000 キングゴールド リミテッド Ref. 732.OE.2180.RW

「フュージョン(融合)」をブランドコンセプトにあらゆる素材を融合させてきたウブロ。
加工が難しいとされている18Kゴールドにおいてもウブロ独自のレシピが組み合わされています。

キングゴールドと名付けられたウブロ独自の素材は、18Kゴールドにプラチナを配合させることでレッドゴールドとも異なる赤い色調のゴールドを生み出しました。
プラチナを配合することで、ゴールドの酸化を防ぎ、経年変化がしにくい素材となっています。

画像はそんなキングゴールドとダイバーズ時計である
オーシャノグラフィックとの組み合わせ。
防水性能は4000シリーズには劣る1000mであるものの、プロダイバー仕様であることに変わりはありません。
ハイスペックな性能と、ウブロらしい独自の素材使いによる抜群の存在感は身に着けていれば注目の的になることは間違い無しです。

■あわせて読みたい 関連記事
>> 【ロレックス】独自のピンクゴールド素材、エバーローズゴールドのおすすめモデルをご紹介!


■関連商品はこちら
>> ウブロ キングゴールド 一覧

まとめ

いかがでしたか?

今回はウブロとダイバーズの組み合わせに着目してみました。

華やかなプロモーションのもと、どちらかというと都会的なデザインイメージの強いウブロ。
今回ご紹介したようなハイスペックなプロユース仕様のラインナップは意外に思える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は"ウニコ"に代表される自社開発ムーブメントの開発も積極的に行うほどのれっきとしたマニュファクチュール。

デザイン上の人気もさることながら、時計通も唸る本格腕時計としてのスペックにも注目が集まっています。

当店ジャックロードでは今回ご紹介したモデル以外にも多数のウブロを取り扱っております。
これを機に、憧れのウブロを手にしてみませんか?

■関連商品はこちら
>> ウブロ 一覧

>> ウブロ(新品) 一覧

>> ウブロ(中古) 一覧


>> ジャックロード オンラインストアはこちら

>> ジャックロード 実店舗案内はこちら

>> ジャックロード 会社概要はこちら

ページトップ