BLOG CATEGORY
時計
2018/4/12

タグ・ホイヤー・ヘリテージ・コレクションの魅力

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
タグ・ホイヤー・ヘリテージ・コレクションの魅力

■この記事の監修;
ジャックロード JACKROAD
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

創業1860年老舗ブランドのヘリテージモデルとは!?

ここ近年、ブランド時計のトレンドの1つと言えるのが「復刻」モデルの発売です。

ブランド時計メーカーの多くは歴史が長く、最古参となるブランパンは283年(1735年創業)の歴史を持つことで知られています。歴史が長いということは必然的に過去に発売されていた商品が多く、場合によっては歴史的ヒットを輩出していたケースも見受けられます。

ブランドとしては新規デザインの時計を製造、販売することよりも、過去にヒットした時計を現代流にアレンジして販売することで、手堅いヒットが見込めることや、過去のブランディングもアピールできることにより、「復刻」モデルは手堅いセールスが見込めるというのもブランドとしては魅力なのでしょう。

時計業界の二大祭典となる「SIHH」、「バーゼルワールド」において、近年復刻モデルがリリースされているのにはそのような背景があるわけです。そのような「復刻」モデルの販売において熱心なブランドが「 タグ・ホイヤー 」ではないでしょうか。

「ヘリテージ」コレクションを新設し、過去のアーカイブ(商品)を現代の技術にリニューアルすることで多くのセールスを繋げているブランドといえます。

5万人以上の投票キャンペーンで決定したヘリテージモデル

「タグ・ホイヤー」におけるヘリテージモデルの代表といえば「ヘリテージ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」となるでしょう。復刻にあたり、インターネット上でデザインを投票するというユニークな手法をとったことも話題でした。

80時間のパワーリザーブ、コラムホイールを備えた新世代ムーブメント・自動巻き「Cal.ホイヤー02」を搭載。1960年代に生産されていた「ホイヤー オータヴィア Ref.2446C」をベースに復刻。

ブラック×ホワイトのパンダダイヤル、ロングホーンと呼称される長いケースラグがタグ・ホイヤー・ファミリーの共通意匠を継承。表面にエイジング加工が施されたキャメルカラーのレザーストラップが更なるヴィンテージな雰囲気を印象付けています。

ホイヤー オータビア Ref.2446

ホイヤー オータビア Ref.2446

現在まで通じる「モータースポーツ=タグ・ホイヤー」を決定付けたといっても過言ではない「ホイヤー オータヴィア」の1960年代に生産されていたヴィンテージモデル。

「Big Sub」という呼称される大型のインダイヤルは、如何に視認性に重きをおいていたかがわかる部分。搭載するムーブメントは手巻きのCal.ヴァルジュー72で、ロレックス・手巻きデイトナを代表とする各社に採用されていたムーブメントでお馴染みではないでしょうか。

レーシング・クロノグラフの代名詞と言えば

そして忘れてはならないのが「モンツァ」ですね。

「モータースポーツ=タグ・ホイヤー」の精神を継承しているモデルで、1970年代に生産されていたレーシング・クロノグラフモデルです。後のタグ・ホイヤー・カレラ・タキメーター・レーシングにもモンツァの遺伝子が受け継がれている意匠が見受けられます。

2016年に誕生40周年を記念して発売されたモンツァのヘリテージモデル。

復刻モデルとはいえ、オールブラックのチタニウムカーバイドコーティングが施されたグレード5のチタン素材を採用。

ムーブメントは約42時間のパワーリザーブを備える、クロノメーター規格の「Cal.17」を搭載。ブラックカラーを基調としつつ、クロノグラフ針などにレッドの差し色を施し、モンツァらしいレーシング・スピリッツが継承されています。フリンジにはタキメーターと脈拍を計測するパルスメーターが備えられています。

ホイヤー モンツァ Ref.150.501

ホイヤー モンツァ Ref.150.501

1970年代に生産されていた「ホイヤー・モンツァ」のヴィンテージモデル。

ブラックカラーのオーバルケースにブラック文字盤、レッドの差し色など、モンツァのアイデンティティーが備わっています。このカラーリングは現行カレラにも継承されています。

搭載するムーブメントは世界初の自動巻きクロノグラフ・Cal.11の末裔とも言えるCal.15を搭載。9時~10時の中間位置にスモールセコンド、3時位置にはカラフルな30分積算計とユニークな配置となります。タキメーターと脈拍を計測するパルスメーターも共通ですね。

まとめ

「ふるきをたずねて新しきを知る」

温故知新の精神によって、ブランド時計タグ・ホイヤーの新たな魅力を知ることができるのではないでしょうか。

タグ・ホイヤー 一覧

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロードJACKROAD

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

 

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介