BLOG CATEGORY
時計
2020/1/12

オメガ スピードマスター オートマチックデイトの系譜

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
オメガ スピードマスター オートマチックデイトの系譜

ロレックスやタグ・ホイヤーと並び、高い人気と知名度を誇るオメガ(OMEGA)。中でもオメガを代表するクロノグラフモデルであるスピードマスターは世界で初めて月面着陸を果たした時計としても広く知られています。

基幹モデルのスピードマスタープロフェッショナル(ムーンウォッチ)を筆頭に、デイトやデイデイトなど複数シリーズ展開がなされていますが、今回はムーンウォッチではなく敢えてスピードマスター デイトに着目、その豊富なラインアップを大特集!モデルチェンジをつぶさに振り返ってみましょう。

■この記事の監修;
ジャックロード(JACKROAD)
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

オメガ スピードマスター オートマチックデイトの豊富なバリエーション

当時30万円以下で販売されていたオメガ スピードマスター オートマチックデイトは多くの人気を集めたモデルで、当店ジャックロードでも高い人気を博したバリエーションの1つでした。今回は豊富なバリエーションを誇ったオメガ スピードマスター オートマチック デイトの系譜を型番別にご紹介していきたいと思います。

オメガ スピードマスター Ref.323.xx.xx.xx.xx.xxx (例 323.30.40.40.06.001など)

「Ref.323」から始まるのは2008年ころから販売されていたスピードマスター オートマチックデイトの最終型。後継機はコーアクシャルエスケープメントが備わった自動巻きCal.3330クロノメータームーブメントが搭載されたスピードマスター レーシング コーアクシャルクロノグラフ。

ムーブメントはCal.3304(ETA7753ベース)クロノメーター、48時間パワーリザーブを備えるモデルで、デザインは横3つ目のインダイヤルは3時位置が30分積算計、6時位置が12時間計、9時位置が秒針のレイアウトでした。同じRef.323から始まる6桁型番となりつつも、自動巻きCal.1164クロノメータームーブメントモデルが設定されています。

コンビモデル(18KYG×SS、18KRG(18KPG)×SS)、オールゴールド(18KYG、18KRG(18KPG))モデル、そして特別モデルの「オリンピックコレクション」が該当します。それでは早速個別にみていきましょう!

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.30.40.40.06.001

文字盤のカラーはグレー×ブラックの落ち着いたカラーリングとなります。クロノグラフ針の先端、「Speedmaster」のロゴに赤の差し色がワンポイントで入り、さりげなくスポーティーな雰囲気も演出されています。販売時は大変な人気ぶりを誇ったモデルでした。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.30.40.40.06.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.30.40.40.04.001

上記のシルバー×シルバー文字盤モデル。「Speedmaster」表記とクロノグラフ針の先端の赤色が目立ちます。40mmのケースサイズは手首への収まりがよく、実用性に優れたモデルとして現在も高い人気を博しています。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.10.40.40.02.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.10.40.40.02.001

同じくホワイト文字盤×ブラック文字盤モデルの通称「パンダ」文字盤。それぞれの針の先端、文字盤外周のミニッツトラックが赤色に塗装されていることでスポーティーな雰囲気が演出されています。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.10.40.40.02.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.30.40.40.02.001

2009年に国内向けに2009本限定で販売されたモデル。上記のRef.323.10.40.40.02.001と同じ「パンダ」文字盤ですが、ホワイト文字盤はシルバーよりです。12時位置にはスピードマスターの誕生年である「1957」の赤い表記が入ります。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.30.40.40.02.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト オリンピック タイムレス コレクション Ref.323.10.40.40.04.001

オリンピック公式タイムキーパーであるオメガだけに、スピードマスター オートマチックデイトにもオリンピックコレクションモデルがラインアップ。生産数が限られた限定モデルではなく、期間限定生産となっていたようです。長針、短針、秒針のみ青色、以外は赤色の針が装備され、クロノグラフ針のカウンターウエイトに五輪のマークが施されています。オメガ007モデルでもお馴染みともいえるオメガ得意の手法です。ムーブメントは先述の通り、自動巻きCal.1164クロノメーターが搭載されています。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト オリンピック タイムレス コレクション Ref.323.10.40.40.04.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.21.40.40.01.001

ベゼル、針、インデックス、クロノグラフボタン、りゅうずがピンク(レッド)ゴールド素材のコンビモデル。こちらも上記同様に自動巻きCal.1164クロノメーターが搭載されています。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.21.40.40.01.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.21.40.40.02.001

上記のイエローゴールドバージョン。オールゴールドとは違い、さりげなく上質な印象を与えてくれる上級モデルとなります。自動巻きCal.1164クロノメーター搭載。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.21.40.40.02.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.50.40.40.01.001

ケース、ブレスレットまでピンク(レッド)ゴールド素材のラグジュアリーモデル。雰囲気がガラリと変わりますね。赤みが強いゴールドとブラックのカラーリングが特徴です。こちらもコンビモデルと同様に自動巻きCal.1164クロノメーターを搭載しています。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.50.40.40.01.001 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.50.40.40.02.001

上記モデルのイエローゴールドバージョン。オールゴールドモデルは生産数が少ないため、市場での流通は少なくレアモデルに数えられます。こちらも自動巻きCal.1164クロノメーターを搭載しています。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.323.50.40.40.02.001 一覧

オメガ スピードマスター Ref.321x.xx (例 3210.50など)

「Ref. 321」から始まるモデル群で、2007年ころから発売されていたスピードマスター オートマチックデイト。当店ジャックロードでも最も高い人気を誇ったモデルの1つです。前型の3513系からの変更点はクロノメーター規格のムーブメント、100m防水にスペックアップされたことが大きな変更点。

ムーブメントはCal.1164(ETA7750ベース)クロノメーター、42時間パワーリザーブを備え、デザインは縦3つ目のインダイヤルは12時位置が30分積算計、6時位置が12時間計、9時位置が秒針のレイアウトでした。豊富なカラーバリエーションはオメガならではといえるでしょう。

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3210.50 (Ref.3512.50.00)

前型のRef.3513.50と比較し、タキメータースケールがブラックカラーに変更、くさび型インデックスの採用で、よりスポーティーなテイストが向上した人気モデル。防水性能は100m防水となったことで、実用性も向上しました。当時のメーカー希望小売価格は330,000円(税抜)と、現在のスピードマスターでは考えられない安価な価格で入手が可能だったことも人気を後押ししていたのかもしれません。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3210.50 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3211.30 (Ref.3211.30.00)

上記モデルのシルバー文字盤モデル。タキメータースケールはサテン仕上げで落ち着いた仕上がりとなっています。型番の「30」はシルバー文字盤を表しています。スペックは上記と変わりません。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3211.30 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3212.80 (Ref.3212.80.00)

同じくブルー文字盤もラインアップ。こちらはブラックモデルと同様に文字盤と同色のタキメータースケールを採用。ケースバックには「シーホース」のエンブレムが入りますが、従来モデルに比べ大きなサイズに変更されています。型番の「80」はブルー文字盤を表しています。スペックは上記と変わりません。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3212.80 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3211.31 (Ref.3211.31.00)

シルバー×ブラック文字盤、さらに30分積算計、12時間計、クロノグラフ針の先端、ミニッツインデックスが赤色に変更されたスポーティーモデル。タキメータースケールはシルバー文字盤のRef.3211.30と同様にサテン仕上げとなっています。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3211.31 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3210.51 (Ref.3210.51.00)

上記モデルのブラック×ホワイト(シルバー)文字盤仕様。タキメータースケールは文字盤に合わせてブラックが採用されています。風防はドーム型強化無反射サファイアガラスとなり、100m防水のスペックを誇っていました。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3210.51 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3210.52 (Ref.3210.52.00)

1970年代に生産されていたシーマスタークロノグラフを彷彿とさせるレトロなカラーリングがスピードマスターデイトで復活しました。個性的な配色は現在においても新鮮なカラーリングといえます。スペックは上記同様共通です。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3210.52 一覧

オメガ スピードマスター Ref.351x.xx (例 3513.50など)

「Ref. 351」から始まるのは1998年ころから2007年ころまで販売されていたスピードマスター オートマチックデイト。先述の通り、タキメータースケールがシルバーの鏡面仕上げ(バリエーションにより異なる)、自動巻きムーブメントはノンクロノメーター仕様のCal.1152(ETA7750ベース)を搭載していました。

44時間のパワーリザーブを備え、縦3つ目のインダイヤルは後継モデルのRef.35510.50と同一。防水性能は50m(30mもあり)、ケースサイズは若干小型の39mmでした。M・シューマッハモデル、オリンピックモデルなど、豊富なバリエーション展開で人気を博したモデルです。

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.50 (Ref.3513.50.00)

ブラック文字盤にブラックのインダイヤルとがスポーティーな文字盤で人気を博したスピマスデイト。スピードマスターシリーズ共通の古代ギリシャの堅琴をモチーフとしたケースラグが備えられています。タキメータースケールは鏡面仕上げとなり、手首を傾けると煌びやかな印象を与えてくれました。

生産終了から10年以上経過をしていますが、現在も根強い人気に支えられています。2004年放送のフジテレビ系ドラマ「エンジン」にて、主演の木村拓哉さんが着けていたことでも知られるモデルです。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.50 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.30 (Ref.3513.30.00)

スポーティーモデルでありつつも上品な雰囲気を感じさせてくれるシルバー文字盤仕様も高い人気を誇っていました。スペックは共通の自動巻きCal.1152ムーブメント。50m防水となります。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.30 一覧

オメガ スピードマスター レーシング M.シューマッハ2001 Ref.3519.50 (Ref.3519.50.00)

F1レーサー、「ミハエル・シューマッハ」が2001年F1ドライバーズチャンピオンを獲得した記念モデルとして、世界11111本世界限定で販売されたモデル。専用のブラックカーボン文字盤と大きく「1」が記載されたインデックスが特徴となります。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター レーシング M.シューマッハ2001 Ref.3519.50 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.54 (Ref.3513.54.00)

ブラック文字盤にゴールドの針、インデックスを備えた日本国内向けに販売されていた流通限定モデル。生産数が少なかったことから、レギュラーモデルの3513.50と比較し、高値で推移しているモデルとなります。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.54 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト オリンピックコレクション Ref.3516.20 (Ref.3516.20.00)

後に発売されるRef.323.10.40.40.04.001と同一のデザインですが、搭載されている自動巻きムーブメントはCal.1152となります。こちらも期間生産限定モデルとして販売されていました。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト オリンピックコレクション Ref.3516.20 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト オリンピックコレクション Ref.3513.20 (Ref.3513.20.00)

上記と同一ムーブメントを搭載しつつも、クロノグラフ針のカウンターウエイトに五輪のマークが入らないモデル。こちらも期間生産限定モデルとして販売されており、専用の白い化粧箱、ギャランティーカードケース、冊子が付属していました。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト オリンピックコレクション Ref.3513.20 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.33 (Ref.3513.33.00)

スピードマスター誕生40周年を記念して生産されたデイトモデルの1つ。シルバー(アイボリー)文字盤に赤い差し色が入ったカラフルな配色が施されています。文字盤と12時間積算計にはギョーシェ彫りが施されているのも特徴。生産数が少ないレアモデルとなります。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.33 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.53 (Ref.3513.53.00)

上記モデルのブラック文字盤仕様。シルバー(アイボリー)文字盤と同様にギョーシェ彫りが施されているのが特徴。夜光塗料が塗布された太い長短針もレギュラーモデルとは異なる専用品でした。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.53 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.82 (Ref.3513.82.00)

当時のオメガ量販モデルであるスピードマスター オートマチックデイトは国内流通限定モデルも多数販売されていました。こちらもその1つ。落ち着いたブルー文字盤にアラビアインデックスがスポーティーな仕上がりをみせます。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.82 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.52 (Ref.3513.52.00)

上記のブラック文字盤仕様。生産数が少なかったことからか、中古市場でも見かけることが少ない希少モデル。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.52 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.56 (Ref.3513.56.00)

上記同様に国内流通限定モデルのブラック文字盤。インダイヤルの縁取りがシルバーとなりエレガントな雰囲気が味わえます。生産数が少なくほとんど見かけないモデルとなります。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.56 一覧

オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.46 (Ref.3513.46.00)

上記同様に国内流通限定モデルのブルーグレー文字盤。1970年代に生産されていたスピードマスター・オートマチックを彷彿とさせる落ち着いたカラーリングが特徴。こららも上記同様にほとんど見かけることはありません。

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター オートマチックデイト Ref.3513.46 一覧

まとめ

いかがでしたか?

非常に多彩なバリエーションを誇るスピードマスター オートマチックデイト。ご紹介した通り、アイテム毎にスペックおよび細かなデザイン変更が加えられていますので、納得のいく1本を探す愉しみも存分に味わえます。

当店ジャックロードでは、オートマチックデイトに加え多数のオメガを取り揃えております。実際に手に取ってみて、その魅力を体感してみてはいかがでしょうか?

■関連商品はこちら
オメガ スピードマスター 一覧

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロードJACKROAD

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介