チューダー プリンス ~候補に入れたい!時計通好みの魅力を放つプリンス~

チューダー プリンス ~候補に入れたい!時計通好みの魅力を放つプリンス~

時計ファンのみならず、腕時計ビギナーからも羨望の眼差しを受ける時計の王様ロレックス。
圧倒的な知名度や時計としての高い実用性、輝かしい歴史、普遍的なデザインなどどれをとっても一級品のロレックスですが、その分お値段も中々のもの。


いずれは手に入れたいロレックスですが、そうそう簡単に手が出る代物ではありません。


そこでご紹介したいのがロレックスと切っても切れない関係にあるチューダーというブランド。
ご存知でない方もいるかもしれませんが、チューダーは時計通の間では超有名メーカー、価格もロレックスに比べると随分リーズナブルゆえに手に取りやすいモデルとして高い人気を誇っています。
誕生当初はロレックスの弟分としての立ち位置であったチューダーですが、近年では確固たる地位を確立しています。


今回はそんなチューダーの中でもプリンスに着目。
何かとスポーツモデルの人気ばかりが取り沙汰されますが、プリンスを知ればきっとあなたもその魅力に惹き込まれることでしょう。

チューダー(チュードル)とは

7962
チューダー(チュードル) デカバラ オイスターデイト Ref.7962

長らくロレックスのディフュージョンブランドとして時計愛好家から人気を博していたチューダー(チュードル)。
ブランド登場から1990年代あたりまでは、ロレックスの雰囲気を残したデザインおよびラインナップを展開していましたが、近年はチューダー独自の路線に方向性を変化させてきました。
2018年には1970年代以来となる、日本再上陸を果たしたチューダー。
今後、ロレックスとは異なる斬新な展開が注目されているブランドです。


■あわせて読みたい 関連記事
>> 【チューダー(チュードル/TUDOR)】本物は世代を超えて。満を持して日本に上陸を果たすチューダーの魅力を徹底解説


▲TOPに戻る

チューダー(チュードル)の歴史

7809
チューダー(チュードル) オイスタープリンス Ref.7809

1926年にロンドンにて誕生したチューダー(チュードル)。
最初期のロゴは「T」の横棒が長い大文字のみというシンプルなものでした。


時が経ち1936年にロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフの手に渡りロゴも一新。
「TUDOR」の上に薔薇のロゴが入るアンティーク・チューダーのお馴染みのロゴとなりました。


このロゴはその後、大きな薔薇のものを「デカバラ(ビッグローズ)」、小さな薔薇のものが「コバラ(スモールローズ)」が代表的なものとなります。
1970年あたりから堅牢性をイメージさせる現在の「盾ロゴ」が主流となっていきます。


元々ロレックスの時計を広く一般にも普及させるべく誕生したチューダー(チュードル)は、ロレックスと共通の部品を使用していながらも比較的手頃な価格で手に入れられることを目的としていました。
しかし、時代の変遷によりロレックスとの共通部品は無くなり、チューダー専用の部品に置き換えられていくことになります。


▲TOPに戻る

チューダー(チュードル) プリンスのバリエーション

チューダー プリンスのルーツは1952年から始まります。
オイスターケースの素晴らしさを多くのユーザーに届けるため、ロレックスより安価な価格で提供することでその知名度を拡げてきました。
ロレックスよりも安価とは言えその存在感は十分。フルスペルのデイ表示は高級感漂います。
ここではそんな魅力溢れるチューダー プリンスのバリエーションを紹介していきます。

チューダー(チュードル) プリンスデイトデイ

76200

チューダー(チュードル) プリンスデイトデイ Ref.76200

12時位置に曜日表示、3時位置に日付表示が入る実用性に優れたモデルがプリンスデイトデイです。
ロレックス譲りのオイスターケースは36ミリと程よい大きさが人気を集めています。

ケースの厚みも薄く、スーツの袖口にも収まりがいいため、オンオフ問わず着用できることから人気が高いモデルのひとつとなります。
型番の下一桁が「0」は素材がステンレススチールであることを示します。

76213

チューダー(チュードル) プリンスデイトデイ Ref.76213

こちらは上記のイエローゴールド×ステンレススチールの所謂「コンビ」モデル。
型番は下一桁が「3」となり、ロレックスと同様にコンビを指します。

こちらの文字盤はヴィンテージ・ロレックスに存在していたモザイク文字盤を彷彿とさせる細かい装飾が施されたもの。
2020年3月時点では現行ロレックスに存在しないモザイク文字盤となります。
さらにインデックスには10Pのダイヤモンドが入るラグジュアリーモデルとなります。


■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) プリンスデイトデイ 一覧

チューダー(チュードル) プリンスデイト

74000

チューダー(チュードル) プリンスデイトデイ Ref.74000

チューダー プリンスの歴史を現在に伝えるプリンスデイト。
上記、プリンスデイトデイのケースサイズより2ミリ小さい34ミリケースとなります。


手首が細い方、メンズライクな時計をお探しの女性におすすめしたいモデルのひとつでもあります。
こちらの文字盤もチューダー独自のデザインで、くさび型と飛びアラビアが組み合わされたインデックスを備えています。

100mの防水を備えているため実用性においても問題ありません。

74033

チューダー(チュードル) プリンスデイト Ref.74033

プリンスデイトデイと同様にプリンスデイトにもコンビモデルはラインナップされています。
こちらはシャンパンゴールド+10Pダイヤインデックスモデル。


上記モデルとは異なり、チューダーのマークが入っていなければ、ロレックスのデイトジャストかと見間違うほどよく似ています。


■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) プリンスデイト 一覧

そっくり?!ロレックス デイトジャスト Ref.16233G



上記で紹介したチューダー(チュードル) プリンスデイト Ref.74033の兄貴分となるロレックス デイトジャスト Ref.16233G。

全体の雰囲気は非常によく似ていますが、ケースサイズが36ミリ、クロノメーター仕様のムーブメントであることなど上位モデルの装備が採用されています。

■関連商品はこちら
>> ロレックス デイトジャスト 中古・アンティーク 一覧

▲TOPに戻る

チューダー(チュードル)、プリンスのヴィンテージ バリエーション

上記、プリンスデイトデイ、プリンスデイトではチューダー専用パーツに置き換えられていますが、チューダー・ヴィンテージではロレックスとの共用パーツを使用しているケースが見られます。


ケースバック、リューズ、ブレスレットのクラスプに王冠マークが入っているモデルは特に人気が集中しています。

チューダー(チュードル) デカバラ

7962

チューダー(チュードル) オイスターデイト Ref.7962

こちらの個体はモデル名に「プリンス」が入らないため、ムーブメントが手巻きとなる「オイスターデイト」。
12時位置のインデックスに大きな「薔薇」が入る、通称「デカバラ(ビッグローズ)」と呼称されているモデル。

凝った「薔薇」のデザインは立体的な造形となっています。
こちらの文字盤はリダンとなるため、1960年代製とは思えない綺麗な文字盤となります。

チューダー(チュードル) コバラ(小バラ)

7929

チューダー(チュードル) オイスターデイト Ref.7929

こちらもオイスターデイトとなりますが、ロゴが小さな薔薇となる「コバラ(スモールローズ)」と呼称されているもの。

こちらもリダン文字盤となりますが、雰囲気よく経年変化されているものとなります。

ギョーシェ文字盤、赤い日付表示など、当時のチューダー、ロレックスにも見られた仕様となります。

チューダー(チュードル) タテバラ(盾バラ)

7929

チューダー(チュードル) オイスター Ref.4453

上記、「デカバラ(ビッグローズ)」、「コバラ(スモールローズ)」と比較するともっとも生産数が少ないレアモデルがタテバラ(盾バラ)です。

盾ロゴの中に「薔薇」が入るユニークなロゴとなります。耐震モデルであることを示す、「SHOCK-RESISTING」の表記が6時位置に入っています。


ブルースチールの針、細かい刻みが入るミニッツインデックスなど、ヴィンテージらしい雰囲気が感じられます。
こちらもリダン文字盤となります。


■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) オイスターデイト 一覧

チューダー(チュードル) 1990年代のプリンス デイトデイ

94510

チューダー(チュードル) オイスタープリンス デイトデイ Ref.94510

こちらは1990年代製のデイトデイ。
1970年代頃のロレックス・デイトジャストにも採用されていたエングレーブドベゼルが装備されたモデルです。

縦溝彫りのベゼルはステンレススチール製。ゴールドの針、インデックス、そしてブルーの文字盤は当時のオリジナル。

5連のジュビリーブレスレットは巻きタイプとヴィンテージならではの繊細なタッチが魅力となります。


■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) デイトデイ 一覧


▲TOPに戻る

チューダー(チュードル)、プリンス以外のバリエーション

ここでは補足としてプリンス系以外のスタンダードモデルをご紹介いたします。

2020年3月時点で、チューダー公式サイトに掲載されていないため、当店ジャックロードのような並行輸入店で手に入れられるモデルとなります。

チューダー(チュードル) スタイル

12710

チューダー(チュードル) スタイル Ref.12710

2016年のバーゼルワールドで登場したスタイル。
プリンス系をモダンに解釈した同モデルはカラフルなカラー文字盤がラインナップされています。

今回、ピックアップしたブルー文字盤以外に、ブラック、シルバー、ボルドー、シャンパンがラインナップ。
ベゼルはフルーテッドタイプとポリッシュタイプが用意されています。


■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) スタイル 一覧

チューダー(チュードル) 1926

91550

チューダー(チュードル) 1926 Ref.91550

2018年のバーゼルワールドで誕生した1926。

気になるそのモデル名はチューダーの創業年となります。

1940~1950年代頃のチューダー・オイスターを彷彿とさせる細かい装飾が入る文字盤、飛びアラビアのインデックスなど、チューダーのデザインコードが継承されているモデルとなります。


■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) 1926 一覧


▲TOPに戻る

チューダー(チュードル) プリンスの評価

ここでは実際にチューダー(チュードル)のプリンスをご購入いただいたお客様から、当店ジャックロードに寄せられたレビューをご紹介。
実際に手に取ると分かるプリンスの魅力を物語っていますね!

76200
チューダー(チュードル) プリンス デイトデイ Ref.76200

お客様からのレビュー

評価:★★★★★
小振りで曜日も表示できるモデルを探してたどり着きました。
36mmというサイズは確かに最近の時計にしては小さく感じますが、アクセと併せるにはこの位のサイズがちょうど良いでしょう。
チュードルは2本目ですが、日ロレの保証や、お店の3年保証もあり安心です。
文字盤やベゼルの色・デザインが多いのが、選択時の悩みです。

評価:★★★★★
Tudor 良いです。
生産中止になったプリンス デイトデイが欲しくジャックロードさんがセールをされていたので売り切れる前にと衝動買いしました。
ダイアルの色で迷いましたがシルバー、なかなか良いです。ジャストデイトは素晴らしい。
普段グランドセイコーを使用してますがさすがにGSと比べるとインデックスのキラキラは少ないです。
でも36ミリなのでストレスなく装着してます。良い買い物でした。
振り込みした日に発送してくださり、翌日には届きました。
梱包もしっかりで迅速な対応で嬉しかったです。また機会が有りましたらよろしくお願いします。

評価:★★★★★
ビジネス・ユースで他の人と被らず、リズーナブルな価格なため購入しました。倍以上するロレ等と比べると華奢ですが精度も良く満足しています。

76200
チューダー(チュードル) プリンス デイトデイ Ref.76200

お客様からのレビュー

評価:★★★★★
念願のチュードルの時計を購入しました。
ロレックスを愛用していますが、また違った感じで、シンプルなデザインもすごく気に入ってます。

チューダー(チュードル) プリンス デイト Ref.74000

お客様からのレビュー

評価:★★★★★
念願のチュードルの時計を購入しました。
ロレックスを愛用していますが、また違った感じで、シンプルなデザインもすごく気に入ってます。

評価:★★★★★
商品は勿論、ショップの対応にも大変満足しています。
チュードルを個人レベルで探すのは大変ですが、欲しかった商品を購入出来たのも、ジャックロードさんのお陰です。ありがとうございました!!


■あわせて読みたい 関連記事
>> チューダー(チュードル)プリンスデイトデイ~ロレックス気分が味わえる、コスパ抜群のお気に入りウォッチ~[スタッフ愛用時計Vol. 21]

▲TOPに戻る

まとめ

いかがでしたか?

今回は知る人ぞ知る時計通好みのブランド、チューダーの中でもオンオフ両用可能なプリンスに着目しました。
チューダー自体の知名度上昇に伴い、プリンス人気も今後更に高まっていくことでしょう!
品薄になる前に一足先に魅力溢れるプリンスを手に入れてみてはいかがでしょうか?


▲TOPに戻る

■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) プリンス 一覧

>> ジャックロード オンラインストアはこちら

>> ジャックロード 実店舗案内はこちら

>> ジャックロード 会社概要はこちら