BLOG CATEGORY
時計
2020/6/10

【ロレックス エクスプローラー 14270】値上がり傾向が見られるセミ・ヴィンテージモデル

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
【ロレックス エクスプローラー 14270】値上がり傾向が見られるセミ・ヴィンテージモデル

ロレックスの中でもその普遍的なデザインからあらゆるシーンにマッチするとして人気のエクスプローラー。生産から既に60年近く経つ今も高い人気を博すロングセラーモデルです。

今回はそのようなエクスプローラーの中でも近年値上がり傾向にあるRef.14270に焦点を当ててみましょう!

■この記事の監修;
ジャックロード JACKROAD
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

ロレックス エクスプローラー Ref.14270とは?

1990年から2000年頃まで生産されていたエクスプローラー、ref.14270。1953年に誕生したエクスプローラーですが、約40年近くもの間、そのデザインは大きく変わらず生産されてきました。ところが、このref.14270で大きな変化が訪れます。エクスプローラーの象徴とも言える3.6.9インデックスがそれまでの丸みのあるフォントから、スクエア形状のインデックスに変更されたからです。このデザインは2020年の現在でも変わらず、現在のエクスプローラーのデザインはこのRef.14270がベースとなっていることが分かることでしょう。

実用性の面では、風防がそれまでのプラスチック製からサファイアクリスタル製に変更されました。100mの防水性は変わりませんが、プラスチック製ならではのレトロな雰囲気が無くなり、フラットな形状のサファイアクリスタル製風防により現代的な見た目に進化しています。傷が付きにくくなったことで、実用時計としての品質が向上したと言えるでしょう。

ムーブメントは傑作と評価されているCal.1570クロノメータームーブメントから、当時のロレックスの基幹ムーブメントであるCal.3000に変更されています。振動数が毎時19,800振動から毎時28,880振動へ変更されたことで精度が向上したもので、このCal.3000は当時のオイスターパーペチュアル Ref.14203にも搭載されていました。

世代的には2世代前となるRef.14270。すでにセミ・ヴィンテージモデルに該当するモデルと言えるのでないでしょうか。

■あわせて読みたい 関連記事
ロレックス エクスプローラーⅠの魅力~歴代モデルから新型モデルまで総ざらい~

ロレックス エクスプローラーⅡを総ざらい!その魅力に迫ります!

■関連商品はこちら
ロレックス エクスプローラー Ref.14270 一覧

ロレックス エクスプローラー Ref.14270のマイナーチェンジ

約10年間という生産期間中にさりげなく小変更を行い進化させていくのはロレックスの文化です。一見するとその違いはよく分からないものですが、この小変更によって市場価格が変動してしまうのもロレックスならでは。ここではRef.14270のマイナーチェンジについて解説していきましょう。

左:ロレックス エクスプローラー Ref.14270 トリチウム 右:ロレックス エクスプローラー Ref.14270 スーパールミノバ

左:ロレックス エクスプローラー Ref.14270 トリチウム
右:ロレックス エクスプローラー Ref.14270 スーパールミノバ

〇夜光塗料の変更
1960年頃からロレックスに使用されている夜光塗料はトリチウム。自発光塗料であるトリチウムですが、放射性物質(人体に被害はない)を使用していることもあり、次第に使われなくなっていくことに。そこでロレックスではトリチウムに代わり、より安全なスーパールミノバが採用されました。

この表記が6時位置の下部に記載されており、トリチウムは「SWISS -T<25」、スーパールミノバは「SWISS MADE」となっています。シリアルだとU品番までがトリチウムのインデックスが使われているようです。トリチウムは経年変化する塗料であるがゆえに、エイジングを愉しめることが人気のポイントになっています。

〇バックルの変更(クラスプ)
夜光塗料の違いに比べ、クラスプの変更は毎日使用することを考えるとだいぶ大きな変更点と言えるでしょう。前期モデルはシングルバックルと呼ばれ、先端に付けられている突起を開閉することで簡単に着脱が可能です。

対して、ダブルバックルはフリッブロックと呼ばれる留め具を解除した上でクラスプを開閉するという二段階式。ブレスレットが簡単に外れてしまわないようになっているため、時計が落下することはほぼ皆無と言えるでしょう。その点、シングルバックルは簡単にブレスレットが開閉する実用性が魅力。

また細かい点ですが、前期はケース横穴が貫通されていますが、後期は塞がっています。シリアルだとT品番あたりまでがシングルバックルのようです。

ロレックス エクスプローラー Ref.14270のレアモデル、ブラックアウト

ここからはRef.14270のレアモデルとして名高い「ブラックアウト」に着目してみましょう。プレミアモデルのためほとんど市場に流通しておらず、さらに高値で推移しているレアモデルとなります。

ロレックス エクスプローラー Ref.14270 ブラックアウト
Ref.14270の初期モデルに存在していたレアモデルがブラックアウトです。通常モデルは3.6.9インデックスの中に夜光塗料が入りますが、ブラックアウトモデルに関してはメタルの枠のみとブラックの線が入っているものが存在しています。さらにロレックスマーク、モデルネームなどの表記の塗料がシルバー、ホワイトのものが存在しています。

ちなみに上記モデルはブラックの線+ホワイト表記という組み合わせ。ブラックアウトは初期モデルのみに存在するため、シリアルはE、Xシリアルのみ。ロレックスのレアモデルとしての知名度が高いことから、相場は常に高値で推移しているプレミアモデルです。

ロレックス エクスプローラー Ref.14270を購入するのであればどのシリアルがベスト?

すでに生産が終了してから約20年が経過するRef.14270。1990年代のロレックスブームを牽引したモデルですが、一時期ほどの市場流通数ほどではないものの、安定した流通となっているようです。価格が上昇傾向になっているのはオールトリチウム仕様、シングルバックルのTシリアルまで。さらに付属品が揃っているものは値上がり傾向が見られています。なるべく安くRef.14270を購入したい方は、スーパールミノバ、ダブルバックル、そして付属品が付かないUシリアル、Aシリアルがおすすめ。最終品番のPシリアルの付属品ありは高値のようです。

Ref.14270を人気俳優がドラマで着用したことから、若い世代にロレックス人気が波及したこともあり、手荒に使われたモデルも多く見受けられます。購入する際は保証がしっかりと付属する時計専門店で購入することをおすすめいたします。

■関連商品はこちら
ロレックス エクスプローラー Ref.14270 一覧

まとめ

いかがでしたか?
br> 今回はロレックス エクスプローラーの中でもRef. 14270に着目してみました。

高い堅牢性と普遍的なデザインとで人気を集めるエクスプローラー、人気が高いだけに周囲と被ってしまう可能性が高いことも否めません。せっかく憧れのロレックスを手に入れるならリセールバリューを考慮したり、現行モデルとは一味違ったモデルを探してみるのもおすすめです。

腕時計専門店の当店ジャックロードでは今回ご紹介したRef. 14270以外にも多数のエクスプローラーを取り揃えております。これを機に、あなただけのお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

■関連商品はこちら
ロレックス エクスプローラー 一覧

ロレックス エクスプローラー(新品) 一覧

ロレックス エクスプローラー(中古) 一覧

ロレックス エクスプローラー(アンティーク) 一覧

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロードJACKROAD

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399 [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介