BLOG CATEGORY
時計
2024/4/28

ロレックス ムーブメントの変遷を知れば知るほど好きになる!

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
ロレックス ムーブメントの変遷を知れば知るほど好きになる!

腕時計ブランドを代表する知名度と人気を誇るロレックス。多くの腕時計ブランドが自社生産のムーブメントにこだわりを持つなか、ロレックスも長年にわたり自社生産にこだわってきたブランドです。

さらにロレックスにおいてはそれぞれの部品においても自社で製造する技術を誇る、マニュファクチュールブランドとして、その存在価値を高めています。

今回はムーブメントの観点からロレックスを紐解いていきたいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

ジャックロード(JACKROAD)

■この記事の監修;
ジャックロード(JACKROAD)
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら
※当店オンラインストアは数々の賞を受賞!
 受賞歴は こちら

徹底的なこだわり!ロレックスのムーブメントとは

cal.4130自動巻きクロノグラフ ムーブメント
cal.4130自動巻きクロノグラフ ムーブメント

ロレックスのムーブメントのこだわりは大きく2つが挙げられます。それが「精度」と「耐久性」です。当たり前のようでいて、とても難しい2つの項目を追求し続けているロレックス。使われている部品1つをとってみても、同社のこだわりを感じ取ることができるでしょう。

例えばムーブメントの要ともいえるひげぜんまい。多くの時計メーカーはニヴァロックス・ファー社が作るひげぜんまいを使用しています。

cal.4130のパラクロム・ヘアスプリング
実物は髪の毛1本より細い、金属合金製のパラクロム・ヘアスプリング

自社で生産するのが難しいといわれているひげぜんまいですが、ロレックスでは自社で開発したひげぜんまい(上記画像の赤丸参照)を採用しています。2004年にはパラクロム・ヘアスプリングをブルーのカラーに変更。2014年からはレディース向けムーブメントにシリコン製のシロキシ・ヘアスプリングを採用しています。ともにロレックスが自社で開発したひげぜんまいで、優れた耐磁性を誇ります。

ムーブメント以外にも、ケース、ブレスレットの製造・加工、文字盤、ダイヤモンドのセッティングに至るまでロレックスは自社で行っています。さらに、ロレックスのムーブメント内に流れる潤滑油はロレックスが自社で開発、製造しており、徹底して自社内で完結させる稀有なメーカーといえるでしょう。

こちらの記事もおすすめです▼

マニュファクチュールってなに?改めて深堀してみた。

マニュファクチュールってなに?改めて深堀してみた。

マニュファクチュールブランドの時計を所持できることは一種のステータスでもあります。今回はこのマニュファクチュールについて深掘りすると共に 続きを読む

高精度クロノメーター(Superlative Chronometer)とは?

高精度クロノメーターのタグ
左:CHRONOMETER表記 右:現在はSUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIEDの表記

時計の精度を公的機関で認定するクロノメーター。ロレックスは1910年に腕時計としては初めてクロノメーターを取得したブランドです。ブランド創世記に生産されたモデルの文字盤には「CHRONOMETER」が誇らしげに表記されていますが、時代の移り変わりで表記の記載が異なっていきます。

1930年代ごろには「OFFICIALLY CERTIFIED CHRONOMETER」、その後は「SUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED」と記載されます。

チューダー ブラックベイ 54 Ref.79000N-0001
チューダー ブラックベイ 54 Ref.79000N-0001
兄弟ブランドのチューダーもロレックスと同様にクロノメーターの表記が入る

現在のクロノメーターはスイス公認クロノメーター検定協会、通称COSC(Controle Official Suissedes Chronometres)の規定をクリアしたもののみに与えられる称号です。外部の公的機関が認定している時計、すなわちお墨付を得たムーブメントを備えている証明になります。

ロレックスではさらにその2倍に匹敵する厳しい検査を自社で改めて行います。実際の使用状況をシミュレーションした独自の検査方法で、検査を通過したものが市場に流通。そのため、ロレックスのムーブメントの精度日差は-2~+2 秒と驚異的な精度を誇ります。

こちらの記事もおすすめです▼

【クロノメーターとは?】時計の精度・品質を保証するクロノメーターについて徹底解説

【クロノメーターとは?】時計の精度・品質を保証するクロノメーターについて徹底解説

腕時計にまつわる用語として、「クロノメーター」の言葉を聞いたことがあるかと思います。しかしながら、このクロノメーターが一体何のこと 続きを読む

ムーブメントの世代交代

Watches & Wonders Genevaならびにロレックス公式で新作発表を行うロレックスですが、ここ数年は新型モデルの発表と同時にムーブメントを新世代へと置き換えを行うことが定例となっていました。2024年に、全てのコレクションが新世代へと切り替わったものの、2025年以降には次世代のムーブメントが登場することも予想されます。

ここからはロレックスが長年にわたり世代交代を行ってきたムーブメントに焦点を当て、現行で展開されるcal.3200系と旧世代のcal.3100系についてご紹介していきます。

ロレックス新世代cal.3200系

2015年のバーゼルワールドで登場したデイデイト40の心臓部に搭載されていたのがcal.3255です。それまでのcal.3100系からcal.3200系へと新世代に移行したことで、当時は大きな話題を集めました。

従来のcal.3155から90%以上に及ぶ部品の再加工が施されていることや、独自の脱進機であるクロナジー エスケープメントの搭載がポイントです。

ほかにも70時間のパワーリザーブを標準採用することで、それまでの48時間から大きく伸長。時流に合わせた最新鋭のムーブメントへと進化しました。

cal.3200系を搭載する主要モデル

ロレックス サブマリーナー デイト Ref.126610LV

サブマリーナー デイト Ref.126610LV

ロレックス エクスプローラー Ref.124273

エクスプローラー Ref.124273

ロレックス GMTマスターII Ref.126713GRNR

GMTマスターII Ref.126713GRNR

ロレックス デイデイト 36 Ref.128236A

デイデイト 36 Ref.128236A

cal.3235

 搭載モデル 

サブマリーナー デイト、ヨットマスター、シードゥエラー、ディープシー、デイトジャスト
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:70時間、機能:3針+デイト

デイデイトに搭載されたcal.3255ムーブメント登場の翌年に誕生したのがcal.3235です。ロレックスの最多量販コレクションであるデイトジャストから搭載され、その後はcal.3135ムーブメントを搭載するコレクションに随時搭載されていきます。2020年のサブマリーナー デイトの刷新により、cal.3135からcal.3235の新世代への切り替わりが完了しました。

cal.3230

 搭載モデル 

エクスプローラー、サブマリーナー、オイスター パーペチュアル
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:70時間、機能:3針

cal.3235ムーブメントからデイト機能を取り外したシンプルなムーブメントがcal.3230です。エクスプローラー、サブマリーナー、オイスター パーペチュアルに搭載されるcal.3230は全てのロレックスと同様にSuperlative Chronometer(高精度クロノメーター)が認定されています。高性能パラフレックスショック・アブソーバによる耐衝撃性も特徴です。

cal.3285

 搭載モデル 

GMTマスターII、エクスプローラーII
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:70時間、機能:3針+デイト+GMT

ロレックスを代表するGMT機構を搭載するGMTマスターIIとエクスプローラーIIに搭載されるのがcal.3285ムーブメント。ロレックスの全てのムーブメントで唯一、短針が単独で動く機構を持ちます。クロナジー エスケープメント、パラフレックスショック・アブソーバなど、ロレックスの最新鋭の技術が投入されています。

cal.3255

 搭載モデル 

デイデイト40、デイデイト36
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:70時間、機能:3針+デイト+デイ

cal.3200系へと切り替わるトップバッターになったのがロレックス最上位のデイデイトです。14件もの特許が投入された新世代ムーブメントcal.3255は、それまでの48時間パワーリザーブから70時間へと大幅に伸長。実用性が大幅に向上されています。

ロレックスの長寿ムーブメント、cal.3100系

ロレックスのプロフェッショナル(スポーツ)モデル黎明期である1950年代から1960年代に、基幹ムーブメントとしてロレックスを支えていたcal.1500系のムーブメント。すでに半世紀が経過している現在でも、定期的なメンテナンスを行うことで日常使用ができる耐久性の高さは「ロレックスの傑作ムーブメント」と語られているほどです。

このcal.1500系の後継ムーブメントとして生産されたのがcal.3000系。それまでの毎時19,800振動から毎時28,800振動へ進化させた過渡期のムーブメントを経て、より完成度を高めています。1988年あたりから登場したcal.3100系は、2023年まで搭載されていたロングセラーとしても歴史に名を刻むムーブメントです。

cal.3100系を搭載する主要モデル

ロレックス サブマリーナー デイト Ref.116610LN

サブマリーナー デイト Ref.116610LN

ロレックス エクスプローラー Ref.214270

エクスプローラー Ref.214270

ロレックス エクスプローラーII Ref.216570

エクスプローラーII Ref.216570

ロレックス デイデイト Ref.118238A

デイデイト Ref.118238A

cal.3135

 搭載モデル 

サブマリーナー デイト、デイトジャスト、シードゥエラー、ヨットマスター
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:48時間、機能:3針+デイト

1977年にハイビート化されたcal.3035ムーブメントをベースに、てんぷをダブルブリッジに改良したのがcal.3135です。ロレックスの基幹モデルであるデイトジャストをはじめ、主要コレクションに搭載されていたムーブメント。安定した精度と耐久性を誇り、長期間にわたり多くのロレックスの心臓部を支えたムーブメントといっても過言ではありません。

cal.3132

 搭載モデル 

エクスプローラー、オイスター パーペチュアル39
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:48時間、機能:3針

2010年に登場したエクスプローラー Ref.214270、オイスターパーペチュアル 39に搭載されていたムーブメントがcal.3132。耐震装置にパラフレックス ショック アブソーバ、ひげぜんまいにブルーパラクロム ヘアスプリングが装備されたことで、耐衝撃性や耐磁性能が強化されています。

cal.3187

 搭載モデル 

エクスプローラーII
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:48時間、機能:3針+デイト+GMT

2011年から2021年まで生産されていたエクスプローラーII Ref.216570に搭載されていたムーブメントがcal.3187です。当時、生産されていたGMTマスターIIのcal.3186と同等の機能を持ち合わせながらも、cal.3187は耐震装置が強化されているのが特徴。過酷な使用条件下を目的としているエクスプローラーIIに相応しい機能が装備されたムーブメントです。

cal.3155

 搭載モデル 

デイデイト
駆動方式:自動巻き、パワーリザーブ:48時間、機能:3針+デイト+デイ

ロレックスの最上位に位置するデイデイト専用のムーブメントとして開発されたcal.3155。前型のcal.3055に改良が施されており、曜日に早送り機構が備わったことで実用性が向上したムーブメントです。2015年に後継型であるcal.3255が登場するまで、長期間にわたり生産されました。

ロレックスが誇る複雑ムーブメント

ここからはロレックスが誇る複雑ムーブメントの代表格であるクロノグラフ、年次カレンダーについてご紹介していきます。いずれもロレックスが製造するムーブメントだけに、こだわりが凝縮されているのが特徴です。

クロノグラフ

ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.6263
コスモグラフ デイトナ Ref.6263
バルジュー社製ムーブメントを改良したcal.727を搭載

機械式時計のなかでも複雑な機構の1つがクロノグラフです。2000年に自社開発したcal.4130クロノグラフ ムーブメントが登場するまで、ロレックスは他社のクロノグラフ ムーブメントに改良を加えたムーブメントを搭載してきました。

ヴィンテージロレックスとしてその名が知られる手巻きデイトナはバルジュー社製。初めての自動巻きクロノグラフ ムーブメントはゼニス社製エル・プリメロをベースにそれぞれ改良を施しながら使用していました。

ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.16520
コスモグラフ デイトナ Ref.16520
ゼニス社製エル・プリメロを改良したcal.4030が搭載

そこで得たノウハウを自社開発したcal.4130クロノグラフ ムーブメントに生かしたのです。

ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.126505
コスモグラフ デイトナ Ref.126505
2023年に登場した新型ムーブメントcal.4131を搭載するRef.126505

2023年にムーブメントが小改良を施され、cal.4130からcal.4131へと進化を果たします。巻き上げ効率が図られた自動巻きローター、一般的なコート・ド・ジュネーブとは異なる、独自の「ロレックス コート・ド・ジュネーブ装飾」が施されているのが特徴です。

年次カレンダー

2012年にラインアップに加わったロレックス初の年次カレンダーコレクションがスカイドゥエラー。年次カレンダーとは月末の30日と31日を自動的に識別するため、2月以外は自動で日付が切り替わる実用的な機構を備えます。ロレックスの年次カレンダー(サロス年次カレンダー)はさらに24時間表示を組み合わせることで、2カ国の時刻を文字盤上に表示させることが可能です。

スカイドゥエラーの文字盤表示を解説
①ホームタイムを表示。➁赤の表示が現在の月を表示

ロレックス独自の機構として挙げられるのが、リングコマンドシステムです。フルーテッドベゼルを起点に、りゅうずを動かすことでカレンダー(日付と月の表示)、ローカルタイム、ホームタイムを変更することが可能です。このユニークなシステムはロレックスの特許技術として、時計業界に新たな歴史を刻んだといえます。

ロレックスの名機と称賛されるヴィンテージムーブメント

ロレックスの名声を確立させた立役者の1つとして挙げられるのが、名機と呼ばれるムーブメントの存在です。今回はその長い歴史のなかでも押さえておきたいムーブメントをピックアップしました。

cal.1570

cal.1570自動巻きムーブメント
cal.1570自動巻きムーブメント

1960年代半ばから1980年代まで長きにわたりロレックスを支えたといっても過言ではないのがcal.1570(cal.1500系)ムーブメントです。

それまでロレックスが搭載していたムーブメントは手巻きに巻き上げ機構を組み合わせたものでしたが、このcal.1570の世代からは自動巻きムーブメントの専用設計として誕生したもの。そのため、自動巻き時計の要ともいえる巻き上げ効率が大きく向上しました。

エクスプローラーやサブマリーナーに代表されるスポーツモデルに搭載されることでも分かるように、その耐久性も折り紙付き。現在でも定期的なメンテナンスを行えば十分デイリーで使用することができるところも傑作ムーブメントと呼ばれる所以です。

cal.1570を搭載する主要モデル

ロレックス エクスプローラー Ref.1016

エクスプローラー

ロレックス サブマリーナー Ref.1680

サブマリーナー

ロレックス デイトジャスト Ref.1601

デイトジャスト

ロレックス オイスター パーペチュアル デイト Ref.1500

オイスター パーペチュアル デイト

cal.1225

cal.1225手巻きムーブメント
cal.1225手巻きムーブメント

先述しているcal.1570と同時期に開発、生産されていたcal.1225(cal.1200系)も傑作として上げられるムーブメントの1つ。こちらは現在のロレックスの主流である自動巻きではなく、手巻きムーブメントです。

ロレックスといえば3大機構の1つである「パーペチュアル」に代表される自動巻きのイメージが強いものの、手巻きムーブメントの実力も侮れません。

自動巻きローターを装備しないことから、ムーブメントの厚みも抑えられており、部品も少ないためメンテナンスコストもかからない経済的なムーブメントです。

40年以上前に生産は終了していますが、現在も正常に動作するムーブメントが多いことからも、その優れた耐久性は実証されているといえます。

cal.1225を搭載する主要モデル

ロレックス オイスターデイト Ref.6694

オイスターデイト

ロレックス オイスター Ref.6427

オイスター

Ref.6427

ロレックス オイスターデイト ボーイズ Ref.6466

オイスターデイト ボーイズ

Ref.6466

まとめ

いかがでしたか?

今回はロレックスについてムーブメントの観点から焦点を当ててみました。知れば知るほどにロレックスのこだわりが感じられたのではないでしょうか?

当店ジャックロードではロレックス以外にも国内外の高級腕時計ブランドを各種多数取り揃えております。オンラインストアおよび東京・中野に実店舗もございますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内
新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロード(JACKROAD)

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

※店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

また、ジャックロードは店舗に直接ご来店いただくことが難しいお客さまにも快適なショッピング体験をご提供するべく、オンラインストア事業に力を入れております。オンラインストア限定のサービスやクーポンもございますので、ぜひあわせてご利用ください。

当店の大手ショッピングモールにおける受賞歴は こちら からご覧いただけます。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介