BLOG CATEGORY
時計
2019/12/17

マニュファクチュールってなに?改めて深堀してみた。

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
マニュファクチュールってなに?改めて深堀してみた。

数ある腕時計メーカーの中でも、自社で一貫して腕時計を生産できるメーカーをマニュファクチュールといいます。その多くは歴史あるメゾンや確かな技術力を持ったブランドばかり。マニュファクチュールブランドの時計を所持できることは一種のステータスでもあります。今回はこのマニュファクチュールについて深掘りすると共に、現在マニュファクチュールブランドとして台頭するメゾンをピックアップしてみました。

■この記事の監修;
ジャックロード(JACKROAD)
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

改めてマニュファクチュールとは?

マニュファクチュールとは、腕時計の心臓部分ともいえるムーブメントから自社で一貫して製造するメーカーを指します。フランス語の"Manufactured'horlogerie"から来ています。反意語はエタブリスール(ETA社などにムーブメントを外注しているメーカー)で、マニュファクチュールであることは高度な技術の証明でもあります。

しかし実際には1ブランドの中でも、自社ムーブメントを搭載しているモデルと他社ムーブメントを搭載しているモデルが混在することがほとんどで、純粋なマニュファクチュールブランドとは厳密な意味では当てはまらないことがあります。

真のマニュファクチュールメーカーとは

そんな中、数ある腕時計メーカーの中でも、ヒゲぜんまいを含めた全てのパーツを自社で生産できるメーカーが存在します。実はムーブメントの核でもあるヒゲぜんまいを製造するのは非常に難易度が高いといわれています。したがって、このヒゲぜんまいも含めて自社生産できるマニュファクチュールメーカーは世界でも数少ない真のマニュファクチュールメーカーといえるでしょう。

そのうちの1つは時計の王様、ロレックス。そしてもう1つは我らが誇る国産ブランド、セイコーなのです。ほとんどの腕時計メーカーはヒゲぜんまいをニヴァロックス・ファー社(スウォッチ・グループ傘下)といったメーカーに頼っています。そんな中、時計の王様の異名を持つロレックスが開発したのが「パラクロムヒゲぜんまい」。

同ブランドの大人気コレクションであるデイトナのCal. 4130(2000年)に初めて搭載されました。後にはさらに改良を施した青色のパラクロムヒゲぜんまいである「ブルーパラクロムヒゲぜんまい」がGMTマスターⅡのRef. 116718LN・Cal. 3186(2005年発売)に初めて搭載されました。

ニヴァロックス・ファー社が供給するヒゲぜんまいの素材はその名の通りニヴァロックスであるのに対し、ロレックスのブルーパラクロムヒゲぜんまいの素材はニオブ・ジルコニウム・ハフニウムといった素材からなり、対衝撃性や耐磁性に優れたヒゲぜんまいです。

一方国産ブランド、セイコーではヒゲぜんまいの素材を独自素材であるスプロン610としています。なんとスプロン610の誕生には約5年もの歳月を要したのだとか。スプロン610を素材としたヒゲぜんまいにより耐衝撃性能を向上させつつ、運動エネルギー活用の効率化に努めた同社の超高性能なタイムピースは世界中から高く評価されています。

マニュファクチュールメーカー

先述した通り、ブランドの中でもマニュファクチュールのモデルとそうでないモデルが存在することがほとんどですが、一般的には自社でムーブメントを製造したモデルを発表したブランドはマニュファクチュールと呼ばれます。それでも限られたメーカーだけですが、先述したロレックス セイコー以外で一例を挙げると下記のような錚々たるウォッチメゾンが列挙できます。併せて象徴的なモデルもピックアップしてみました。

パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)

いわずと知れた世界三大時計メーカーの1つであるパテック フィリップ。名実共に最高峰の時計ブランドとしての地位を確立しています。その技術の高さは随一。自社にて研究開発部門を擁し、ムーブメントから外装に至るまで全て自社にて設計を行っています。近年ではシリコン素材がベースとなったスピロマックスを使用した独自のヒゲぜんまいも話題になっています。

■あわせて読みたい 関連記事
【パテック フィリップ】雲上ブランドの中でも圧倒的人気を誇るパテック フィリップを掘り下げ!

【世界三大時計ブランド】~パテック フィリップ、オーデマ ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン~最高級の雲上ブランドの魅力

ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)

世界でも最古参のブランドとして確固たる地位を築くヴァシュロン・コンスタンタン。オーバーシーズやパトリモニーを始めとした名だたるコレクションは多くの時計愛好家の憧れであるタイムピース。同社の象徴であるマルタ十字は伝統を重んじる重厚な力強さすら感じられます。

オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)

同じく世界三大時計メーカーのオーデマ ピゲ。ラグジュアリースポーツウォッチの先駆けでもあるロイヤルオークを始めとして、世界にその名を馳せています。ロイヤルオークにも用いられている象徴的なビス1本についても自社で製造を行っているマニュファクチュールです。

■あわせて読みたい 関連記事
オーデマ ピゲの中でも人気の高い「ロイヤルオーク」を徹底解剖

オーデマ ピゲ(Audemars Piguet)~スーツに似合うスポーツウォッチを求めて~[スタッフ愛用時計Vol. 19]

ドレス×スポーティー ラグジュアリースポーツウォッチの世界

ランゲ&ゾーネ(A.LANGE&SOHNE)

世界五大時計の1つに数えられるランゲ&ゾーネ。モデルを発表する毎に新たなムーブメントを開発するなど、ムーブメントへの強いこだわりは他の追随を許しません。創業者であるアドルフ・ランゲの生まれ年をモデル名に冠した1815はランゲ&ゾーネらしい紳士でエレガントなテイストがたまらない逸品となっています。搭載ムーブメントはCal.L951.5。自社製フリースプラング式ヒゲぜんまいを採用、60時間のパワーリザーブを備えます。

■あわせて読みたい 関連記事
いつかは手に入れたい!憧れのランゲ&ゾーネ【一生もののタイムピース】

H.モーザー(H.Moser & Cie.)

ムーブメントはもちろん、ヒゲぜんまいも部品から自社で開発を行うマニュファクチュールメーカー、H.モーザー(H.Moser & Cie)。重心誤差を補正するダブル・ヘアスプリングのヒゲぜんまいを2本組み合わせる技法を始めとして、H.モーザーの技術力の高さは時計愛好家の間では非常に有名です。こちらはインデックスおよびロゴをもダイヤルから排除した逸品。フュメダイヤルと呼ばれる美しいグラデーションのかかった文字盤が目を惹くタイムピースです。

パルミジャーニ フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)

設立を1996年と若くしながら既にマニュファクチュールの名を欲しいままにしているブランド、パルミジャーニ・フルリエ。外部に依存することなく、レザーストラップ以外の部品は全て自社製造と驚きです。創業者であるミシェル・パルミジャーニは誰も成しえなかったアブラアン-ルイ・ブレゲが製作したあまりにも複雑な時計であるシンパティック・クロックの修復を成し得た人物。そしてパルミジャーニ フルリエを支えるムーブメントメーカー拠点のヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエの開発および製造責任者はの日本人の浜口尚大氏です。

ロジェ・デュブイ(Roger Dubuis)

先述のパルミジャーニ フルリエより1年早く創業した新興ブランドのロジェ・デュブイ。時計愛好家であったカルロス・ディアス氏と元パテック フィリップの時計技師であるロジェ・デュブイ氏によって誕生します。並々ならぬ高級腕時計へのこだわりで、ラインアップ全てがジュネーブ・シール取得といった至極のタイムピース揃い。こちらは名品シンパシーのデザインを踏襲したモネガスク パーペチュアル カレンダー。

ゼニス(ZENITH)

いわずと知れたエル・プリメロで有名なゼニス。4年もの歳月を経て誕生した毎時36,000回の振動数、1/10秒単位まで計測可能な世界で初めての高性能クロノグラフムーブメントは、腕時計玄人の間では知らない者はいないといわれるほどの名機となりました。あのロレックスの大人気モデルであるデイトナRef. 16520のムーブメントにも一時期搭載されていました(2000年にエル・プリメロ搭載モデルは生産終了)。

■あわせて読みたい 関連記事
名機「エル・プリメロ」~ゼニスの代名詞~

【デイトナ 16520 ロレックス】価格高騰中! ポストヴィンテージロレックス「デイトナ・エル・プリメロ」とは!?

ジラール・ぺルゴ(GIRARD PERREGAUX)

創業は1791年と非常に長い歴史を持つジラール・ぺルゴ。創業から一貫してマニュファクチュールの標榜を掲げてきた同社は、その卓越した技術力を以てして超薄型自動巻き機構のジャイロマティックや、三軸(トライアクシャル)トゥールビヨンなど、多彩な作品を世に送り出し続けています。

ジャガー・ルクルト(JAEGER LE COULTRE)

1833年の老舗メーカー、ジャガー・ルクルト。過去にはあの世界三大時計メーカーの1つであるパテック フィリップと共にムーブメント開発を行っていたほど高い技術力を誇ります。

■あわせて読みたい 関連記事
ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre) レベルソ・グランドデイト~由緒正しき実力派ブランドの時計を所有する喜び~[スタッフ愛用腕時計 Vol.17]

ジャガー・ルクルト マスター カレンダー~メテオライト × ムーンフェイズ 腕元に宇宙を乗せて~[スタッフ愛用腕時計 vol.2]

パネライ(PANERAI)

パネライ ルミノール 1950 8デイズGMT Ref.PAM00289
パネライ ルミノール 1950 8デイズGMT Ref.PAM00289
Cal.P.2002クロノメーター搭載

かつてはETA社ムーブメントを使用していたパネライですが、2005年以降自社ムーブメントの開発に成功して以来、マニュファクチュールブランドの仲間入りを果たしました。デカ厚ブームの火付け役といわれたパネライらしい大ぶりなケースは一目でそれと分かる所有欲を満たしてくれるタイムピース揃いです。ムーブメントに3つの香箱を備えた機構により10日間の超ロングパワーリザーブを備えたCal. P2003、スリムなケース厚を実現しながら72時間のロングパワーリザーブを誇るCal. P4002など、今後も目が離せません。

■あわせて読みたい 関連記事
パネライ 人気ランキング【最新版】

パワーリザーブとは?おすすめのパワーリザーブインジケーター搭載モデルも併せてご紹介!

マニュファクチュールは高い?!コスパ抜群のブランドも

ここまでマニュファクチュールブランドのモデルをご紹介してきましたが「やっぱり価格が高い……」と感じた方も多いのではないでしょうか?自社一貫でムーブメントを製造するにはそれだけコストも要するがゆえに時計自体の価格も高くなってしまいます。

しかし、そんな中でも比較的リーズナブル(あくまでもマニュファクチュールとしては)なモデル展開をしているブランドもございます!ここからはコスパ抜群のブランドモデルをご紹介いたします。

フレデリック・コンスタント(Frederique Constant)

シチズン傘下にあるフレデリック・コンスタントもまた、自社製ムーブメントを搭載したモデルを擁するブランドです。更に近年ではクラシックハイブリッドマニュファクチュールといった自社製の機械式ムーブメントとスマートウォッチの技術力を融合させ、時刻の精度を自己管理できるハイブリッド型の革新的なタイムピースを発表するなど、その高い技術力を世界中に知らしめています。

ノモス(NOMOS)

ノモス タンゴマット Ref.TN1E1W2
ノモス タンゴマット Ref.TN1E1W2
Cal ε(イプシロン)搭載

ドイツらしい洗練された無駄のないシンプルなデザインが際立つノモス。こちらはそんなノモスの自社開発自動巻きムーブメントCal.ε(イプシロン)を搭載した タンゴマット Ref. TN1E1W2。Cal. εはノモスでは初の自動巻きムーブメントとなります。

■あわせて読みたい 関連記事
ノモス・グラスヒュッテから見るドイツ時計の魅力[FAVORITES by JACK ROAD Vol.14]

オリエント(ORIENT)

国産メーカーのオリエントからはフラッグシップのオリエントスター。こちらは自社製自動巻きムーブメント Cal. 46系F7を搭載、かつムーンフェイズ機構とパワーリザーブインジケーターまで搭載したRef. RK-AM0005S。これで十数万円と驚きです!前面セミスケルトン仕様なので、内部のムーブメントの機能美をも愉しむことができるのがポイント。メカニカルな要素だけでなく、デザインに関しても満足のいく1本です。

■あわせて読みたい 関連記事
【オリエントの時計】おすすめ国産時計ブランド!オリエントの魅力とは?

シチズン(CITIZEN)

こちらも国産巨大メーカーのシチズン。1918年に創業したシチズンもまた部品から自社一貫製造するマニュファクチュールです。エコドライブを始めとした同社の技術力は世界中から注目を集めています。

まとめ

いかがでしたか?

本格的な腕時計はどれも高価なものばかり。せっかく買うならお目当てのブランドの製造背景まで知っておきたいところですよね。もちろんエタブリスールであっても素晴らしいモデルは多数存在しますが、マニュファクチュールモデルを所有するのは時計好きからすると1つのステータスともいえるでしょう。

当店ジャックロードでは今回ご紹介したモデル以外にも多数の本格メンズブランド時計を取り揃えております!これを機会に、あなただけのお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロードJACKROAD

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介