BLOG CATEGORY
時計
2019/11/8

【ロレックス ターノグラフ】存在感を発揮し続けるロレックスの生産終了モデルのターノグラフ。特徴や主要なラインナップを解説

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
【ロレックス ターノグラフ】存在感を発揮し続けるロレックスの生産終了モデルのターノグラフ。特徴や主要なラインナップを解説

世代を超えて高い人気を誇るスイスの時計メーカー、ロレックス(ROLEX)。高級腕時計と聞いて、真っ先にその名を思い出す方も多いのではないでしょうか。

ロレックスにはさまざまな人気モデルがありますが、すでに生産終了となったもののなかにも依然として高い人気を誇っているものが少なくありません。

「ターノグラフ(TURN-O-GRAPH)」はその代表的な例。流通している個体数が少ないこともあって、時計ファンのあいだで高い評価を受けています。

今回はそんなロレックス ターノグラフを取り上げ、特徴について解説。主要なラインアップとあわせてご紹介します。

■この記事の監修;
ジャックロード JACKROAD
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

ロレックス ターノグラフとは?

ターノグラフ(左)とデイトジャスト(右)

よく似たターノグラフ(左)とデイトジャスト(右)

ターノグラフが登場したのは2004年で、その9年後の2013年に生産が終了しています。

長寿命なモデルが多いロレックスにとって、生産年数が10年にも満たないのは珍しいこと。絶対的な個体数が少ないこともあり、現在に至るまで、現役モデルに勝るとも劣らない人気を維持しています。

2004年に登場したターノグラフはデイトジャストの派生モデルとして誕生したため、外見はデイトジャストのデザインを踏襲しております。赤のモデル名・センターセコンド(秒針)・日付表示、回転ベゼルの装備によりデイトジャストをややスポーティーにしたモデルともいえるでしょう。

ここからはそんなターノグラフの特徴について具体的に見ていきましょう。

回転式フルーテッド ベゼル

ベゼルには縦溝が装飾された「フルーテッドベゼル」が採用されています。デイトジャストと違うのが、ターノグラフは回転ベゼルであるという点です。数字やメモリが記され、経過時間を測定することができます。

ただしサブマリーナーなどと違って、ベゼルは両方向に回転させることができ、回転させる際にクリック音も発生しません。

そして、実はこの回転式ベゼルこそが、”ターノグラフ”名称の由来となっています。TURN→Oはすなわち回転式ベゼルが”0”に戻ることを意味しています。

赤い秒針

ターノグラフの大きな特徴となっているのが、赤い秒針です(グリーンのものもあり)。3時位置のデイト表示、文字盤に書かれたモデル名「TURN-O-GRAPH」の文字色とリンクしていて、スポーティーな印象を与えます。

ちなみにデイト表記も赤いカラーリングです。

ブレス

オイスターブレス(3連)(左)とジュビリーブレス(5連)(右)

オイスターブレス(3連)(左)とジュビリーブレス(5連)(右)

ブレスレットは、ドレッシーなジュビリーブレスと、スポーティーなオイスターブレスの2種類。いずれも違和感なく楽しめることができ、ドレス寄り、スポーツ寄り、スタイルの好みに合わせて選ぶことができるのもターノグラフの魅力の1つです。

ロレックス ターノグラフの評価

ロレックスの時計は、生産が終了すると人気が高まる傾向があります。

ドレスウォッチにない軽妙さ、スポーツウォッチにはないラグジュアリーテイスト。ほかのどのモデルとも違うユニークな魅力を放つターノグラフも例外ではなく、生産が終了して5年以上経過した現在、希少価値が高まるのに応じて、ますますその人気は高まるばかりです。

中古市場では人気が安定しているとはいえ、価格については近年のロレックス スポーツモデルに見られるように異常なまでに高騰しているわけではありません。コンディションが良いものでも、リーズナブルな値段で購入することができます。

定番モデルと違って人とかぶることが少ないのも人気の理由です。さらに文字盤の色がブラック、ホワイト、ゴールド、シルバー、グレー、ブルーと豊富なので、好みや使用するシーンに合わせて選ぶことができます。

アンティーク ターノグラフ

実はロレックスには、1950年代にもターノグラフと名付けられたモデルが存在します。ロレックスの看板モデルの1つとなっているサブマリーナーの初代モデルとほぼ同時に発表されましたが、後継モデルがなかったため「幻の時計」といわれることも。

こちらは、そんな希少な“初代”ターノグラフ。2000年代に入って生産されたモデルと違って、ベゼルには分刻みで目盛りが施されています。ブラックのギョーシェダイヤルにゴールドのインデックスを合わせたシンプルな文字盤がなんともレトロな印象。秒針に丸いドットがあしらわれたレアなモデルです。

こちらは、ホワイトのギョーシェダイヤルにくさび型のインデックスを合わせた希少なヴィンテージ品。秒単位で目盛りが記されています。Ref.6202は、ダイヤルや針などのパーツの種類がとても多く、さまざまなバリエーションがあるのが特徴です。

どれも視認性が高いのは同じですが、それぞれに表情が異なります。お気に入りを見つける楽しみがあるのも、ターノグラフの魅力です。

ターノグラフ コンビモデル

こちらは、18Kイエローゴールド製のベゼルを採用したモデルです。

グレーの文字盤のなかで浮き立つような赤い秒針が印象的。エレガンスとスポーツが融合したロレックスらしいモデルです。

ブレスレットはオイスターとジュビリーがありますが、こちらは18Kイエローゴールド×ステンレススチール、3連オイスターブレスのコンビ仕様。いかにも「ラグジュアリースポーツ」といった風貌で、カジュアルシーンで活躍するだけでなく、ビジネススタイルを格上げしてくれそうです。

こちらも18Kイエローゴールド×ステンレススチールのコンビモデル。5連のジュビリーブレスを合わせたドレッシーなターノグラフです。

文字盤にもゴールドが採用されていますが、色調に統一感があるためか不思議とけばけばしさがなく、エレガンス漂う1本。

こちらもカジュアルからビジネスまで、幅広く活躍してくれます。ロレックスの定番デザインが好きだけど、人と同じものは身につけなくないという方にうってつけです。

ブルー文字盤のターノグラフ

中古市場で人気が高いターノグラフのなかでも、とくに希少価値が高いといわれているのが、ブルーの文字盤のもの。6色のカラーバリエーションのうち、最も生産期間が短く流通量が少ないためです。

ターノグラフの象徴ともいえる赤い秒針がブルーの文字盤によく映え、美しいコントラスが楽しめるのも魅力。18Kホワイトゴールドとステンレススチールのコンビ仕様になっていて、微妙な輝き・質感の違いが表情に奥行きを加えています。

スポーティーーなデザインがお好きな方には、オイスターブレスのターノグラフを。上品さはそのままに、カジュアルな雰囲気が融合。

ブルー文字盤のうえでひときわ鮮烈な印象を放つ秒針がよりいっそうスポーツモードを喚起し、ドレッシーなデイトジャストやスポーツウォッチにはないターノグラフの魅力を最大限に発揮しています。

上品かつ精悍なルックスは合わせるファッションを選びません。幅広く、そして長く愛せる一品です。

ターノグラフ リミテッド エディション

ターノグラフというと赤い秒針と3時位置の赤いデイト表示、文字盤に記されたモデル名「TURN-O-GRAPH」の赤い文字が特徴となっていますが、グリーンカラーをあしらったスペシャルエディションが存在します。

なかでもこちらは日本国内でのみ、300本限定で販売されたとても希少なモデル。グリーンといえば、ロレックスのコーポレートカラーでもありますから、ある意味「最もロレックスらしいターノグラフ」と呼べるかもしれません。

18Kイエローゴールドとステンレスのツートーン仕様で、人気の高いオイスターブレスが採用されています。
黒い文字盤とイエローゴールドのコントラストもクールです。

こちらもグリーンカラーの秒針、デイト表示、モデル名をあしらったスペシャルエディションのターノグラフです。

美しいコントラストをなすホワイトの文字盤と、ゴールドのインデックス&時分針。落ち着いた印象のグリーンがほどよいアクセントになって、いつまでも眺めていたくなります。

18Kイエローゴールドとステンレスのツートーン仕様。スポーツとドレスが絶妙なバランスで融合したデザインは、一点投入するだけでいつものスタイルを見違えさせてくれます。

まとめ

王道を行くデザインをベースにしながらも、秀逸なディテールを多く供え他のモデルにない魅力を持つターノグラフ。生産が終了してから人気が高まる傾向にあり、今後ますます入手しづらくなる可能性があります。

当店でも人気が高く品切れの状態が続いておりますが、Twitterを始めとした各種SNSでは新着入荷情報を随時更新しておりますのでぜひチェックしてみてください。一味違うロレックスをお探しの方は、必見です。

ジャックロード公式Twitterはこちら

■関連商品はこちら
ロレックス ターノグラフ 一覧

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロードJACKROAD

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介