チューダー(チュードル/TUDOR) サブマリーナの魅力【今こそ手に入れたいアンティーク】

チューダー(チュードル/TUDOR) サブマリーナの魅力【今こそ手に入れたいアンティーク】

時計の王様、ロレックスのディフュージョンブランドとして誕生したチューダー(チュードル)。
当初こそ、ロレックスのブランドネームを広く大衆に行き渡らせるために誕生したブランドですが、誕生から60年以上の時を経た今ではラグビーワールドカップ2019のオフィシャルタイムキーパーを務めたり、あの世界的に有名なファッション・アイコン、レディー・ガガやデビッド・ベッカムがアンバサダーとして就任するなど、その名を広く世界に轟かせています。
時計そのものに関しても本家にない魅力も多く、多くの時計愛好家たちを魅了しています。
今回はそんな魅力あふれるチューダーの中でも、ダイバーズウォッチのサブマリーナに焦点を当ててみたいと思います。

チューダー(チュードル/TUDOR)のサブマリーナ?

よく似たチューダー(左)とロレックス(右)のサブマリーナ


サブマリーナと聞いて真っ先に思い浮かべるブランドと言えばやはりロレックスでしょう。
しかし、今回ご紹介するロレックスの弟分であるチューダーにもサブマリーナが存在します。
チュードル誕生の背景には、先述したようにロレックス普及の意味合いがありました。
その一環として、ロレックスの人気モデルであるサブマリーナはチューダーでも同じモデル名を冠して1954年に世に送り出されたのです(実は本家ロレックスのサブマリーナの誕生とほぼ同じ)。
モデル名が同一ということもあり、両者は非常によく似ていますが、実際に外装に使用しているパーツはロレックスと同じものを共有しています。
一方マニュファクチュールのロレックスに対し、​チューダーのサブマリーナのムーブメントは汎用ムーブメントであるETA社製のムーブメントとなっており、この製造コストカットがチューダーを安価で流通されることを可能としています。
ロレックスと同じ部品を使用し、且つ人気モデルであるサブマリーナと同一名称であること、ロレックスと比較すると随分安価な価格帯を考慮すると、チューダーのサブマリーナの人気に火が付くのは想像に難くありません。

チューダー(チュードル/TUDOR)サブマリーナの魅力 豊富なバリエーション

さて、そんな歴史をもつチューダーサブマリーナですが、先述した比較的安価でロレックスとパーツを共有する個体を手に入れることができる他にも魅力的なポイントがございます。
それはすなわちバリエーションの豊富さ。
ここではロレックスのサブマリーナとの違いに着目しながら、その魅力についてご紹介致します。

【サイズバリエーション】

ケース径32mm ダイヤルに"MINI-SUB"と表記されたミニサブマリーナ Ref. 73090


チューダー サブマリーナの魅力の1つはそのバリエーション豊富なサイズラインナップにあります。
ロレックスのサブマリーナと言えば、メンズサイズのみの展開ですが、チューダーであればメンズ、ボーイズ、ミニ、レディースとサイズ展開が幅広く用意されています。
男性でも腕回りが華奢な方は、サイズダウンしたサブマリーナを着用できるのはうれしいですよね。

【ブランドロゴ】

コバラがプリントされたRef. 7016/0


チューダーを語る上で外せないのがブランドロゴです。
チューダーは当初はブランドロゴを英国チューダー家の紋章(チューダーローズ)でしたが、幾度かの変遷を経て現在のブランドロゴに統一されました。
盾バラと呼ばれる盾とバラを融合させたロゴ(※サブマリーナにはありません)、大きなバラの「デカバラ」、小さなバラの「コバラ」などが存在します。
サブマリーナにおいては小さなバラの「コバラ」ロゴが非常に高い人気となっています。

【短針のバリエーション】

スクエアハンドが特徴的なイカサブ Ref. 94110


ロゴに加えて針にもご注目下さい。
ロレックスのサブマリーナにはベンツ針とよばれる円を三分割した時針が主流で載せられていますが、チュードルのサブマリーナに関しては、スクエアーハンドともよばれる通称”イカサブ”とロレックスのサブマリーナと同じくベンツ針のラインナップが存在します。
流通当初はベンツ針、1969年頃からイカ針が登場しました。
さらにはイカサブと並んで人気のベンツ針のフォルムをしていながらベンツマークのない、ロリポップ針、通称タコサブといったモデルも存在します。

【インデックス】

スクエアインデックスのイカサブ Ref. 9411/0


またインデックスに関してもロレックスのサブマリーナには見られないスクエアインデックスと言って、正方形のインデックスタイプのモデルがラインナップされています。
もちろんサークルインデックスタイプもございます。

【カラーバリエーション】

ステンレスモデルの青サブ Ref. 79090


青サブ、グリーンサブ、赤サブなど、サブマリーナにはカラーにまつわる愛称が知られています。
その中でも、本家ロレックスの青サブにはブレスがすべてゴールドになっているものか、コンビモデルしかラインナップがありません。
しかし、チューダーには青サブでありながらステンレスモデルが存在しているのです。
このようにサブマリーナと同一名称でありながらも、少しずつ異なる魅力を放つモデルに魅了される時計愛好家も少なくありません。

チューダー(チュードル/TUDOR)おすすめアンティークモデル

多くの魅力を持つチューダーのサブマリーナ。
ここではおすすめのチューダー サブマリーナについてご紹介します。
サブマリーナの購入をお考えの方はぜひご参考ください。

チューダー サブマリーナ Ref. 94110

サブマリーナ Ref. 94110


まずはスクエアハンドが目を惹く通称イカサブのこちら。
1980年代頃の作品で、経年変化による変色が濃く出ています。
希少なスクエアインデックスタイプです。

■関連商品はこちら
>> チューダー サブマリーナ Ref. 94110

チューダー サブマリーナ Ref. 7928

サブマリーナ Ref. 7928


こちらは非常に希少な小バラモチーフのサブマリーナです。
1960年代に製造されたオリジナルミラー文字盤にゴールドプリントとアンティークらしい雰囲気のある逸品です。

■関連商品はこちら
>> チューダー サブマリーナ Ref. 7928

チューダー サブマリーナ Ref. 7016/0

サブマリーナ Ref. 7016/0

こちらも小バラがプリントされた希少な逸品。針と文字盤のバランスがよくとれた1本です。
全体的に焼けが強く出ており、よりアンティークらしい味を楽しめる個体です。

■関連商品はこちら
>> チューダー サブマリーナ Ref. 7016/0

チューダー サブマリーナ スクエアーハンド Ref. 94010

サブマリーナ スクエアーハンド Ref. 94010


こちらはイカサブですが、希少なデイト表示無しのモデルです。
1979年頃のモデル。

■関連商品はこちら
>> チューダー サブマリーナ Ref. 94010

チューダー サブマリーナ デイト Ref. 79090

サブマリーナ デイト Ref. 79090


こちらはベンツ針、サークルダイアルとロレックスのサブマリーナによく似た個体ですが、ブレスはチュードル巻きブレスとなっており、チューダーらしい雰囲気を楽しめる個体です。

■関連商品はこちら
>> チューダー サブマリーナ Ref. 79090

チューダー サブマリーナ Ref. 9411/0

サブマリーナ Ref. 9411/0


こちらは同じくRef. 9411/0のロレックスのサブマリーナにはない青サブのステンレスモデル。
且つブレスもチュードル巻き、スクエアインデックスとチューダーならではのポイントが詰まっています。

■関連商品はこちら 
>> チューダー サブマリーナ Ref. 9411/0

まとめ

いかがでしたか?
近年ますますその存在感を大きくしているチューダー。 今後の動向も目が離せません。
当店ジャックロードでは、今回ご紹介したモデル以外にも多数のチューダーを取り揃えております。
これを機に、あなただけのお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

■関連商品はこちら
>> チューダー 一覧

>> ジャックロード オンラインストアはこちら

>> ジャックロード 実店舗案内はこちら

ページトップ