BLOG CATEGORY
時計
2023/6/19

【最新版】ロレックスの超人気入手困難モデルをランキング形式で紹介!

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
【最新版】ロレックスの超人気入手困難モデルをランキング形式で紹介!

巷ではロレックスマラソンなる言葉がニュースで取り上げられるほど入手が困難なロレックス。腕時計としての確固たる人気はもちろんのこと、それとは別に投資目的でロレックスを購入する方が増加したことが、その入手をより一層困難にしているといえるでしょう。

とはいえ、それはロレックスを正規代理店で購入する場合に限っての場合で、当店ジャックロードのような並行輸入店では容易に入手が可能でした。

ところが、ここ近年はその傾向も影を潜め、並行輸入店においても入手が困難なモデルも存在しています。今回はそんな入手が困難なロレックスをランキング形式でご紹介していきます。

腕時計専門店ジャックロード WEBサイト運営スタッフ 菅原

■この記事の筆者;
腕時計専門店ジャックロード WEBサイト運営スタッフ 菅原

入社歴10年以上のベテランミドル。時計好きが高じて入社しているためマニアックな視点で時計を見てしまいがち。飽きっぽい性格であることから好みの時計は日替わりで変わってしまう。最近のお気に入りはジャガー・ルクルト ポラリス。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら
※当店オンラインストアは数々の賞を受賞!
 受賞歴は こちら

入手困難になるモデルとは?

ロレックスの入手困難になるパターンで最も多いのが生産終了になったときです。ロレックスの新作は3月後半に発表されています。その際にロレックスの公式サイトから消えたモデルが生産終了になったと判断します。

ロレックスに限らず、多くのメーカーは生産終了を明言しません。そのため、情報のアンテナを張り巡らせておく必要があります。現在では当店をはじめ、多くのサイトでロレックスの生産終了モデルに関する情報が掲載されているため、それらの情報を頼るのがよいでしょう。

他にはダイヤモンドがふんだんに装飾されたジュエリーモデルも入手困難なロレックスに該当します。一部の上顧客向けに生産されているため、ロレックスの公式サイトには掲載されず、その存在を知らないことも珍しくありません。

ロレックス デイトジャスト Ref.16030
デイトジャスト Ref.16030

他にも地域限定で生産されているケースもあります。特に有名なのが中東向けの特別仕様です。古くは1950年代ころから存在しており、中東諸国の紋章が文字盤に再現されているモデルです。

また、意外と知られていないのが日本限定モデルの存在です。

2011年に生産されたデイトジャスト ターノグラフのコンビ(イエローロレゾール)モデルです。ブラック、ホワイトの文字盤が存在し、針、日付、ロゴがグリーンカラーの特別仕様です。各300本が生産されたといわれています。

■あわせて読みたい 関連記事
【ロレックス ターノグラフ】存在感を発揮し続けるロレックスの生産終了モデルのターノグラフ。特徴や主要なラインナップを解説

入手困難のロレックスを手に入れる便利な方法は?

入手困難のロレックスを手に入れたい場合は、常に情報のアンテナを張り巡らしておく必要があります。とはいえ、仕事の合間にスマホ片手にチェックをするのは現実的に難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが当店ジャックロードのメールマガジンです。最新の入荷情報をはじめ、会員限定の企画も開催しています。いち早くロレックスの入荷情報が手に入れられますので、ぜひご登録ください。

無料会員登録をする

ロレックス入手困難モデルランキング

ここからは現在生産されているものから、生産終了後5年以内までを含めた、入手が困難なロレックスをランキング形式でご紹介いたします。

いずれのモデルも入手が難しいロレックスですが、根気よく探せば、いつか巡り合える可能性があるかもしれません。※2023年6月時点の情報です。

第1位 コスモグラフ デイトナ レインボー Ref.116595RBOW

ロレックスの歴史の中で、最上位に位置するラグジュアリーモデルはコスモグラフ デイトナ レインボーではないでしょうか。その名の通り、レインボーカラーに敷き詰められたバゲットベゼルが特徴です。このコスモグラフ デイトナ レインボーが市場で大成功を収めたため、後にパテック フィリップ、オーデマ ピゲ、ウブロなど大手ブランドからもレインボーモデルが登場しています。

当店ジャックロードには2019年に入荷しており、当時の販売価格は42,800,000円。最終的には69,980,000円まで価格が上昇しています。コスモグラフ デイトナ レインボーはダイヤモンドの装飾、文字盤カラーといくつかのバリエーションが存在しますが、いずれも入手は困難といえるでしょう。

こちらはブラック文字盤仕様のコスモグラフ デイトナ レインボー。ブラックの文字盤とレインボーのインデックスの対比が美しいですね。

インダイヤルはゴールドクリスタル仕上げになり、鋳造する際にできる結晶を加工したロレックス独自の仕上げが施されています。こちらも最後に販売した時点の参考価格は64,980,000円と高価格となります。

■関連商品はこちら
コスモグラフ デイトナ 一覧

第2位 コスモグラフ デイトナ Ref.116506 アラビア・インド数字モデル

ロレックスは以前から中東向けに別注文字盤を数多く生産しています。そのため二次流通市場においては、中東向けの刻印が入ったモデルが流通することもありますが、いずれもその数は少ないのが現状です。

こちらのコスモグラフ デイトナもそんな希少モデルに数えられる1つ。ベースはプラチナ仕様のコスモグラフ デイトナで、インデックスにアラビア・インド数字※が入るのが特徴です。(※インドの名称が入るものの、アラブ諸国で使用されています。)独特な形状のインデックスはデザインとしても愉しめますね。

■関連商品はこちら
コスモグラフ デイトナ 一覧

第3位 コスモグラフ デイトナ Ref.116576TBR プラチナダイヤ

2013年に誕生したコスモグラフ デイトナ50周年記念モデルのプラチナ素材をベースにダイヤモンドを装飾したジュエリーウォッチコレクション。アイスブルーの面影はケース&ブレスとインダイヤルのアイスブルーカラーのみで、贅沢に敷きつけられた宝石の装飾をはじめ、ブルーの各種針と専用装備が特徴です。

12時位置には「ROLEX」の台座が設置されるのみでモデル名、クロノメーター表記がない、全面ダイヤ文字盤ではお馴染みの仕様。本来チェスナットブラウンのセラミックベゼルが備わる部分には、1つずつバゲットカットされたダイヤモンドが寸分の狂いもなくセッティングされています。合計で4.5カラットの煌めきが堪能できます。

エバーローズゴールド素材のコスモグラフ デイトナ レインボーに比べ、プラチナをふんだんに使用していることから、こちらのモデルの方がより重量感が勝ります。コスモグラフ デイトナ レインボーに比べ、バリエーションもないことから希少性が高いモデルといえるでしょう。

■関連商品はこちら
コスモグラフ デイトナ 一覧

第4位 GMTマスターII Ref.126719BLRO メテオライト文字盤

2023年の新作発表でコスモグラフ デイトナからメテオライト文字盤が生産終了したことで、現時点ではプロフェッショナルモデル唯一のメテオライト文字盤となるのが、こちらのGMTマスターII。2019年に発表されているものの、その流通数は極めて少ないモデルです。

当店が最後に販売した時点の参考価格は8,480,000円とメーカー希望小売価格の5,100,700円を大きく超える価格となります。生産終了となれば、価格はさらに高騰することが予想されます。

メテオライトは特殊な網目模様が入る隕石で、個体差によってその模様が異なるのが特徴です。その唯一無二の見た目も人気の理由といえます。

■関連商品はこちら
GMTマスターII 一覧

第5位 サブマリーナー デイト Ref.116659SABR ブルーサファイア

2018年に生産されたサブマリーナー デイトのホワイトゴールドケースをベースとしたジュエリーウォッチコレクション。現行サブマリーナー デイトではブラック文字盤へと変更されたことから、ブルー文字盤は希少。さらにベゼル、ケース、りゅうずガードとふんだんに宝飾がセッティングされているのも特徴です。

ベゼルにはブルーサファイアをベースに、5分刻みでバゲットダイヤモンドが配されています。

■関連商品はこちら
サブマリーナー 一覧

第6位 シードゥエラー ディープシー チャレンジ Ref.126067-0001

異例ともいうべき2022年11月1日に突然発表されたロレックスの究極ダイバーズウォッチ ディープシー チャレンジ Ref.126067-0001。ロレックスだけにとどまらず、他社ブランドを圧倒する11,000m防水のスペックを備えたこちらのモデルも入手困難ロレックスに数えられる1本です。

ロレックス初のオールチタン(RLXチタン)素材が採用されたケースサイズ50mmの大型モデルは、メーカー希望小売価格が3,093,200円と破格の設定。並行輸入においては現時点(2023年6月現在)では600万円に届きそうな価格で流通しています。現行型であるものの、今後も価格が下がる可能性は低いでしょう。

■関連商品はこちら
シードゥエラー 一覧

第7位 オイスター パーペチュアル41 Ref.124300 ターコイズブルー(ティファニーブルー)文字盤

2020年にラインアップされたビビッドなカラーで大きな話題を呼んだオイスター パーペチュアル。その中でも最も人気を集めたのがターコイズブルー文字盤です。爽やかなカラーリングはティファニーのコーポレートカラーに似ていることから、ティファニーブルーと称されています。

2023年のロレックス新作発表でターコイズブルー文字盤はカラフルなドットが配色されたセレブレーションモチーフへと変更されています。ノーマルのターコイズブルー文字盤は生産を終えたため価格が急騰しています。メーカー希望小売価格の761,200円に対し、300~400万円で流通している状況です。

他にも生産を終えているイエロー、コーラルそれぞれの文字盤カラーも200万円台と今後の値上がりが注目されています。

■関連商品はこちら
オイスター パーペチュアル 一覧

第8位 GMTマスターII Ref.126720VTNR ジュビリーブレス

2022年のロレックス新作発表で大きな注目を浴びたのが、左側にりゅうずが付いた通称レフティモデルです。ロレックスの歴史において、カタログに掲載されるレフティは初めての出来事で、その見た目のインパクトも話題を集めました。

GMTマスターIIの象徴でもある両方向回転式のセラミックベゼルのカラーリングも専用のグリーンとブラックが与えられ、スプライトの愛称で親しまれています。

5連ジュビリーブレスと3連オイスターブレスがラインアップされていますが、入手困難なのが5連ジュビリーブレス仕様です。

当店ジャックロードに入荷した際は即完売するほどの人気ぶりで、1年以上経過した現在でも変わりません。

■関連商品はこちら
GMTマスターII 一覧

第9位 コスモグラフ デイトナ Ref.116508 デイトナグリーン文字盤

2016年に18KイエローゴールドのRef.116508のみにラインアップされたグリーン文字盤のコスモグラフ デイトナ。当時、18Kホワイトゴールドはブルー、18Kエバーローズゴールドがブラウン(チョコ)と3種が販売されましたが、コーポレートカラーを使用していることもあり、別格の人気を誇ります。

メタリック仕上げのグリーン文字盤は光の角度によってその表情を変えるのも特徴で、光をあてるとギラギラとした輝きを放ちます。その一方で、光を当てなければ落ち着いたグリーンカラーの文字盤ゆえに、そのギャップも人気を集めた要因です。

ロレックスでは同一の型番であれば文字盤の交換は可能ですが、こちらのグリーン文字盤は交換ができません。あまりにも人気が高過ぎるために、異例の措置が取られているのです。

■関連商品はこちら
コスモグラフ デイトナ 一覧

第10位 ヨットマスター 42 Ref.226659

第10位は2019年に登場したヨットマスターシリーズ最大の42mmケースを採用したヨットマスター 42 Ref.226659です。こちらのヨットマスター 42は、マットブラック仕上げのセラミックベゼルやモノトーンの文字盤カラーが特徴。そのシックなカラーリングが大人のラグジュアリースタイルに映えることから人気を集めています。

さらに2022年にはファルコンズアイ文字盤が登場。文字盤表面に独特な装飾が施されている文字盤は、ロレックス初採用です。当店ジャックロードにも入荷していない入手困難モデルでもあります。

■関連商品はこちら
ヨットマスター 一覧

まとめ

今回はロレックスの中でも特に入手が困難なモデルをご紹介しました。

紹介したモデル以外においても、ロレックスは入荷したらすぐに売れてしまうことも少なくありません。

当店が発信するメールマガジンやSNSの情報をゲットしておけば、お気に入りのロレックスに出会えるかもしれません。

ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか?

■あわせて読みたい 関連記事
ロレックス人気ランキング 人気のロレックスは?!

■関連商品はこちら
ロレックス 一覧

ロレックス 新品 一覧

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内
新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロード(JACKROAD)

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

※店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

また、ジャックロードは店舗に直接ご来店いただくことが難しいお客さまにも快適なショッピング体験をご提供するべく、オンラインストア事業に力を入れております。オンラインストア限定のサービスやクーポンもございますので、ぜひあわせてご利用ください。

当店の大手ショッピングモールにおける受賞歴は こちら からご覧いただけます。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • 社会人におすすめのメンズブランド腕時計【価格帯別】

  • 【ロレックスを買うなら知っておきたい】とっておきの選択肢とは?!

  • ペアウォッチのおすすめブランドを価格帯別にご紹介!