BLOG CATEGORY
時計
2020/1/28

ロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600 ~ロレックス異例の僅か3年で生産終了した珍しいモデル~

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
ロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600 ~ロレックス異例の僅か3年で生産終了した珍しいモデル~
数ある高級時計ブランドの中でも屈指の人気を誇るロレックス。

スポーツテイストをデザインや機能へと反映したスポーツロレックス、いわゆる"スポロレ"と呼ばれる部類は特に高い人気を博しています。

今回はスポロレの中でも屈指の防水性を誇るダイバーズウォッチ、シードゥエラーのRef. 116600に着目!他型番との違いにも言及しながら深堀りします!

■この記事の監修;
ジャックロード JACKROAD
業界最大手!新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という全国屈指の品揃えを誇るブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼、豊富な知識で人気ブランド商品について分かりやすく解説します。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

ロレックス シードゥエラーとは

まずはあらためてロレックス シードゥエラーについておさらいです。

ロレックス シードゥエラーは1953年に発売されていたロレックス サブマリーナーの上位モデルとして1967年に登場しました。当時、ロレックスはサブマリーナーをベースとして、フランスの潜水専門会社コメックス社と深海での作業にも耐えうるダイバーズウォッチの開発を行っていました。

そんな中誕生した1stモデルとなるロレックス シードゥエラー Ref.1665は610mの防水性を発揮し、ロレックス サブマリーナーの上位モデルとしての高性能スペックを世に知らしめました。サイクロップレンズ(日付拡大鏡)を搭載(Ref. 126600からは搭載)せず、ロレックス サブマリーナーより分厚いケースなど、プロフェッショナルモデルらしい作りが人気を集めています。

ロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600とは?

2008年に生産終了となった3世代目のロレックス シードゥエラー Ref.16600の後を受けて、6年ぶりに復活を果たしたシードゥエラー4000ことRef.116600。

世間一般的には2008年にRef.16600に入れ替わる形で登場したロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660が後継モデルと思われていただけに、突然の復活は衝撃的な出来事でした。

登場したロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600の姿は前型となるRef.16600をキープコンセプトとした姿で登場。

ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660であまりにも大きくなりすぎた44ミリケースはあえて採用せず、2010年にフルモデルチェンジを果たしていたロレックス サブマリーナーデイト Ref.116610LNと同様の40ミリケースを採用していました。

逆回転防止ベゼルはセラミック製(セラクロム)に進化。またデザイン面に関してはダイビング時に必要なベゼルの目盛りが、Ref.16600では15分まで1分刻みであったのが、60分まで1分刻みに変更されました。

ブレスレットもロレックス サブマリーナーデイト Ref.116610LNと同様に、工具を使わずにクラスプ部分をスライドさせることで、容易にブレスレットの長さが調節可能な「グライドロックエクステンション」機構が装備されました。

これにより2ミリから最大20ミリまで簡単にブレスレットの長さを調節することが可能となります。ちなみに前型のロレックス シードゥエラー Ref.16600は、慣れるまでコツがいるのと工具が必要だったため、グライドロックエクステンションは大幅な進化と言えます。

自動巻きムーブメントは前型と同様のCal.3135クロノメーターですが、その中身は変更されています。ぜんまいが、ロレックス独自のヒゲぜんまいとなるブルーパラクロムヒゲぜんまいとなり、耐磁性・耐衝撃性が向上。

スイス公式クロノメーター検査協会(COSC)はもちろんのこと、2015年に設定したロレックス社自社基準となる「高精度クロノメーター(Superlative Chronometer)」を通過したムーブメントで、平均日差+2~-2秒の精度を誇ります。

従来通りの1220m防水であること、サイクロップレンズ(日付拡大鏡)を採用しないという方針をロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600は継承しました。しかしながら、ロレックス シードゥエラー誕生50年目となる2017年、ロレックス シードゥエラー Ref.126600の誕生により、わずか3年という短期間により生産を終えました。

■あわせて読みたい 関連記事
ロレックス Ref.1665 赤シードゥエラー~奇跡の赤シード マーク2 ブラウンダイヤル~[アンティーク仕入れ担当の時計図鑑 Vol.5]

【シードゥエラー】ロレックスの技術がつまったダイバーズウォッチの最高峰「ロレックス シードゥエラー」

ロレックス シードゥエラーディープシーとの違い

先述した通り、ロレックス シードゥエラー Ref.16600の後継モデルとして登場したロレックス シードゥエラーディープシー Ref.116660は、当時のロレックスでは史上最大のケースサイズ、圧巻の44ミリというボリューム溢れるケースデザインでした。

ケース外周に入るリングロックシステムはディープシー専用の装備となり、ドーム型サファイアクリスタル風防(その厚みはなんと5ミリ!)とチタン合金のケースバックを高性能ステンレススチールリングで支える機構で、実に3900mの防水に耐えうる構造となっています。

搭載するCal.3135クロノメーターは共通となります。ちなみにロレックス シードゥエラーディープシー Ref.116660は、2018年のバーゼルワールドでモデルチェンジを行い、ロレックス ディープシー Ref.216660へと更に進化しています。このモデルチェンジではCal.3135クロノメーターが新世代型Cal.3235クロノメーターとなり、ブレスレットの幅も広くなるなどの変更が行われました。

■あわせて読みたい 関連記事
ROLEX Sea Dweller Deep Sea~過去と現在~

■関連商品はこちら
ロレックス シードゥエラー ディープシー Ref.116660 一覧

ロレックス シードゥエラー Ref.126600との違い

Ref. 126600はロレックス シードゥエラー誕生50年目となる2017年に6年振りに復活を果たしたシードゥエラー。

ケースサイズはロレックス ディープシー Ref.216660より1ミリ小さい43ミリケースに大型化されています。ムーブメントは新世代型Cal.3235クロノメーターを搭載。

そして1stモデル ロレックス シードゥエラー Ref.1665に存在していた赤いロゴこと通称「赤シード」が復活を果たしました。

また、ロレックス シードゥエラーの歴史上初めてサイクロップレンズ(日付拡大鏡)を装備することになりました。

さらに2019年には18Kイエローゴールド×ステンレススチール(イエローロレゾール)のロレックス シードゥエラー Ref.126603が登場するなど、今後のシードゥエラーの動向に目が離せません。

■関連商品はこちら
ロレックス シードゥエラー Ref.126600 一覧

ロレックス シードゥエラー Ref.126603 一覧

まとめ

いかがでしたか?

進化し続けるロレックス シードゥエラー。
今回はわずか3年という短期間で生産を終了したロレックス シードゥエラー4000 Ref.116600を中心にご紹介しました。

既に生産終了していることもあり、中古市場での入手となりますが、当店ジャックロードでは新品に加えて中古およびアンティークのロレックスの仕入れも積極的に行っています。
探していたあのモデルに出会えるかも?!
日々の入荷情報は当店公式Twitterアカウント( @JACKROAD1987 )でも発信しておりますので是非フォローをお願い致します!

■関連商品はこちら
ロレックス シードゥエラー 一覧

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロードJACKROAD

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

 

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介