女だってメンズ時計!大きめトレンドの今、女性に選んでほしいハンサムウォッチ16選!

女だってメンズ時計!大きめトレンドの今、女性に選んでほしいハンサムウォッチ16選!

「腕時計は男のロマンだ!」

男性からそんなセリフを聞いて「ちょっと何言ってるのかよくわからない」と思ったことはありませんか?

この「男のロマン」は主に“機械式時計”という、巻き上げたぜんまいがほどける力を利用しながら歯車など無数の部品を連動させることで時を刻む、アナログな腕時計において発動されます。

「あ~はい、はい」とブラウザを閉じる前に、もう少しだけ筆者の想像にお付き合いください。

スーツの腕元に目を落とすと、そこにはシンプルな3針の腕時計。

何の変哲もないその腕時計は、表からは見えない文字盤のすぐ裏側たった数センチのスペースに、無数の歯車や極小の部品が複雑に組み合わされ、電池を使用することなく動いている。

そこに繰り広げられるのは、理路整然としたロジカルな世界。

ひとつとして意味や役割をもたないものはなく、無駄な動きが一切ないというそのクールな機械仕掛けには、実に500年以上もの歴史を遡り、「より正確に時を刻む時計」を追求し続けてきた時計師たちの熱き情熱が宿っている。

今、スーツのその腕元に収まっている腕時計は、時代ごとに天才の名をほしいままにしてきた時計師たちがアイディアの限りを尽くし、導き出してきた答えのひとつを形にしたものなのだ

…どうでしょう?

想像でも腕元に少しだけ、良い意味での“重み”を感じてきませんか?PCもインターネットもない時代に、ものすごく頭のいい人たちが何百年もかけて試行錯誤してきた時計とは一体どんなものなのか、興味が湧いてきませんか?男性でなくても、機械式の時計ちょっと気になるかも…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

デジタル全盛の時代だからこそ、アナログな機械式時計はメカ好きな男性の心を掴んで放さない、単に実用的なツールという以上の魅力的なアイテム。しかしながら、社会の第一線で活躍するアクティブな女性が増えた今、男性と同じように腕時計にこだわりを持ち、レディースよりも選択肢の広いメンズウォッチを選ぶという”ハンサム”な女性が急増しているのです。

そこで今回は女性のためのメンズ腕時計を徹底解説! “メンズ風”も含めた初級編から、本格的メンズモデルをセレクトする上級編まで、難易度順にご紹介したいと思います。

かつて紀貫之も“男もすなる腕時計といふものを、女もしてみむとてするなり”と言ったとか、言わなかったとか。いつの世も無邪気な好奇心こそが新しい扉を開くのですね!

それではいざ、淑女のみなさまを魅惑的なメンズ時計の世界へとご案内いたしましょう。

ー 目次 ー

1. 入門編 腕時計、メンズとレディースの違いとは
  1-1. サイズ
  1-2. ムーブメント
  1-3. 機能

2. 初級編 メンズ風デザインのレディースウォッチ
  タグ・ホイヤー アクアレーサー
  オメガ シーマスターアクアテラ
  ゼニス エリートレディ/エリート
  IWC リトル・ダヴィンチ/ダ・ヴィンチ

3. 中級編 男女兼用のボーイズウォッチ
  ノモス
  ユンハンス マックスビル
  ロレックス ヨットマスター
  チューダー(チュードル) ヘリテージブラックベイ
  カルティエ パシャ

4. 上級編 本格メンズウォッチを着けこなす
  ロレックス エクスプローラーⅠ
  オメガ スピードマスター 38
  IWC パイロットウォッチ
  パネライ ルミノールドゥエ
  カルティエ サントスデュモン
  ブライトリング ナビタイマー
  オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

5. 番外編 アンティークのメンズウォッチという選択も

6. まとめ

1.入門編 腕時計“メンズ”と“レディース”の違いとは?

腕時計のメンズとレディース、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?おすすめモデルをご紹介する前に、入門編として簡単にポイントを整理してみたいと思います。

1-1.サイズ

メンズとレディースの腕時計では、まず時計のサイズ感が異なりますよね。当然、男性用の時計は腕の太さに合わせて大きめにデザインされており、男性に比べて手首が華奢な女性用はそれよりも小さめというのが一般的です。

男性用の時計は大きめ、女性用は小さ目。この説明だけではちょっと抽象的過ぎますよね。ということで、主要メーカーの公式サイトから、メンズ・レディースをどのくらいのレンジでサイズ分けしているのか調査してみました。

※わかりやすいように丸型(ラウンド型)の時計に絞って、そのケース径について調査しています
※2019年12月23日現在のデータになります

(単位:ミリ)

メーカー 性別 最小 最大
 ロレックス メンズ  36   44 
 レディース  26 39
 カルティエ メンズ 35 42
レディース 24 42
 パテック・フィリップ  メンズ 37 44
レディース 33 38
 タグ・ホイヤー メンズ 39 45
レディース 27 39
 IWC メンズ 36 46
レディース 34 42
 グランドセイコー メンズ 36 46
レディース 26 30
 オメガ 区別なし 25 45
 シャネル 区別なし 19 40

メンズサイズは36mm前後から、大きいものは45mm前後。一方レディースサイズはメーカーによってバラバラですが、概ね40mm以下のサイズを推奨しているようです。以上をまとめると、36mm未満はレディースサイズ、36mm以上40mm未満は男女兼用サイズ、40mm以上はメンズサイズ、のようなイメージでしょうか。

ちなみにオメガとシャネルの公式サイトでは、性別によるサイズやモデルの区別がされていませんでした。男だから、女だからと選択肢を狭めることなく“好きな時計を選びなさい”というメーカーからのメッセージを感じますね!

このように、時計選びもジェンダーレスな時代になっていくのかもしれません。

ちなみに、このデータはあくまでも“現代”におけるもの。いわゆる“アンティーク(ヴィンテージ)”と呼ばれる時代の腕時計は、今よりも小ぶりなサイズが主流でした。詳しくは 5. 番外編 アンティークのメンズウォッチという選択も で触れています。

 概ね36mm未満は女性向け、36mm以上40mm未満は男女兼用、40mm以上は男性向けサイズ

1-2.ムーブメント

腕時計は「機械式」と「クォーツ式」の大きく2つに分けることができます。これは腕時計に搭載されている“ムーブメント”による分類です。

ムーブメントとは、腕時計の針を動かすためのエンジン(動力源)のこと。機械式(メカニカル)ムーブメントは手動または自動で巻き上げたゼンマイがほどける力を利用したもので、一方クォーツムーブメントはリチウム電池などのバッテリーで動きます。安価なファッションウォッチは、ほぼ例外なくクォーツ式の時計です。クォーツムーブメントは工場での大量生産が可能で、製造コストを大幅に抑えることができるためです。

それがいわゆる高級ブランドの時計になると事情が変わってきます。

高級時計の歴史は機械式ムーブメントの進化の歴史と言い換えても過言ではありません。歯車などのごく小さな部品が職人の手作業によって複雑に組み合わされ、電池を使わずに精密な動きをみせる機械式ムーブメントは、クォーツムーブメントに比べると資産価値や芸術性が高く、男性向けの高級腕時計はその多くが機械式となっています。

無数の部品が組み合わさることで時を刻む機械式時計。複雑で繊細な構造は衝撃に弱く、取り扱いには注意を要する。

ですが機械式ムーブメントは、構造が複雑であるがゆえに非常に繊細で、取り扱いに注意が必要というデメリットも。電池で動くクォーツ式の時計は丈夫で扱いが楽なうえ、薄い・軽いなどの特性が腕時計のデザイン性や装着感を高めることから、ハイブランドであっても女性向けの時計はクォーツを主力としてラインナップすることが多いといえるでしょう。

 男性向けは機械式、女性向けはクォーツ式の腕時計が多い

ムーブメントは知れば知るほど奥の深い世界。詳しく知りたい方は次の記事もご参照ください。

■あわせて読みたい 関連記事
>> 機械式時計とは?初めての機械式におすすめのブランド・モデルを併せてご紹介

>> 自動巻きとは?奥が深い自動巻き腕時計の魅力を徹底解説!

>> 手巻きとは?趣味性の高い手巻き腕時計の魅力を徹底解説!

>> クォーツとは?圧倒的精度を誇るクォーツ時計を徹底解説!

1-3.機能

メンズの腕時計に搭載される機能は、実に多岐に渡ります。

シンプルなドレスウォッチであれば時針と分針の2針モデル、または秒針のついた3針モデルが主流ですが、実用的なデイト(日付)表示やクロノグラフ、世界の二か所の時刻を同時に知ることができるGMT、水深の深いところでも問題なく動作するダイバーズウォッチなど、メンズの腕時計においては搭載する機能自体がデザイン上でも重要な役割を果たし、その時計を彩る個性となるのです。

ジャガー・ルクルト レベルソ セプタンティエム Ref.Q3002420
スモールセコンド、パワーリザーブインジケーター、ダブルディスクビックデイト表示、ナイト&デイ表示機能を搭載したコンプリケーションウォッチ。シースルーバック仕様の裏蓋からムーブメントの精緻な動きを楽しめるのも魅力。

一方、レディースの腕時計は時針と分針の2針モデルが一般的。スポーツシーン向けや実用的なものになると秒針やデイト表示などを搭載したモデルも見られますが、メンズウォッチほどの多機能を誇る時計はあまり見られません。

このようにレディース腕時計において機能が限定されるのには理由があります。前項で女性向けはクォーツ式の時計が多いと説明しましたが、機械式とクォーツ式を比べると、クォーツ式のほうがトルク(時計の針や機構を動かす力)が弱く、そのため機械式の時計ほど多くの機能を搭載することができないのです。

クォーツムーブメントは、しっかりとした存在感のある針を運針するにはパワーが足りないため、なるべく軽量で華奢な針を採用するのが通常です。針のデザインの幅を狭めるほどのパワーしかないわけですから、それ以上の機能をつけることは電池の消耗を早めることにつながってしまいます。もちろん、クォーツ式でありつつ多機能な時計がないわけではありません。そういう時計は高級クォーツムーブメントを搭載していると考えてよさそうです。

よってレディースの腕時計は、機能に関わらない部分の装飾によってデザイン性を高めることが多いといえるでしょう。

 男性向けは機能性を主体としたデザインが豊富、女性向けは機能以外のデザインで勝負する時計が多い

以上が、メンズとレディースの腕時計を比較した際のわかりやすい違いになります。

いかがでしょう?メンズ腕時計にも、レディースにはない別の魅力があることがおわかりいただけたでしょうか?

次項からはいよいよ、女性におすすめのメンズ腕時計をご紹介していきます!

2.初級編 メンズ風デザインのレディースウォッチ

女性におすすめのメンズ腕時計・初級編は、れっきとしたレディース腕時計ながら“メンズっぽいデザイン”が手軽にメンズライクを演出してくれるモデルをご紹介したいと思います。

完全に女性向けのためサイズはいずれも30mm前後と控えめで、万人におすすめできるハンサム系ウォッチ。マニッシュなスタイルはもちろん、カジュアルやコンサバなどにも合わせやすいモデルをピックアップしてみました。

タグ・ホイヤー アクアレーサー

タグ・ホイヤー アクアレーサー Ref.WAY131L.BA0748

1860年にスイスで誕生したタグ・ホイヤー(TAG HEUER)。ロレックスやオメガと並び、男性に圧倒的な人気を誇る時計メーカーです。メンズの腕時計をそのまま小型化したレディースサイズモデルも豊富に展開しています。

中でもおすすめなのは「アクアレーサー」。300mの防水性能を誇るタグ・ホイヤーきっての本格ダイバーズウォッチです。逆回転防止ベゼルを搭載したウォータースポーツウォッチでありながらも、都会的でスタイリッシュなデザインはオンにもオフにも合わせやすく、比較的幅広いシーンで活躍してくれます。

レディース用のアクアレーサーは27mm、29mm、32mm、35mmの4サイズを展開。全てがスイス製のクォーツムーブメント搭載モデルであるため、扱いやすいのもうれしいポイントです。

■あわせて読みたい 関連記事
>> タグ・ホイヤーを代表するダイバーズウォッチ アクアレーサーの魅力

■関連商品はこちら
>> タグ・ホイヤー アクアレーサー 一覧

オメガ シーマスターアクアテラ

オメガ シーマスターアクアテラ Ref.231.10.30.20.02.001

究極の時計という自負から、ギリシャ語の最終文字「Ω=オメガ」が時計に冠され、純粋なるウォッチメーカーとして人気・実力を兼ね備えるオメガ(OMEGA)。長い歴史、優れた技術力、高い知名度…初めて月に行った時計など夢のあるエピソードにも事欠かないオメガは、万人が高い満足感を得られる優れたブランドです。

スピードマスターと並び、男性からの人気が高いオメガの主役モデルが「シーマスター」。なかでも2002年に発表された「シーマスターアクアテラ」はその誕生以降、時計業界では”永遠の定番”と称されるほどに。

Aqua Terra(アクア=水 テラ=地球)という美しいネーミングのとおり、とても爽やかで洗練された印象の時計ですが、150m防水、15,000ガウス以上の超高耐磁性能など目を見張るほどのハイスペックを備えています。

レディースには28mmまたは34mmの2サイズがおすすめ。ムーブメントはクォーツと機械式(自動巻き)、両方をラインナップしています。

■あわせて読みたい 関連記事
>> オメガ シーマスター アクアテラの魅力を徹底解明してみた

■関連商品はこちら
>> オメガ シーマスターアクアテラ 一覧

ゼニス エリートレディ/エリート

ゼニス エリート レディ ムーンフェイズ Ref.16.2330.692/01.C714

1865年にスイスで創業した腕時計ブランド、ゼニス(ZENITH)。全て自社内で一貫して製造をおこなっているマニュファクチュールブランドです。その優れたムーブメントはかつて、ロレックスやタグ・ホイヤーなど世界的ウォッチメーカーへも提供されていたほど。時計好きの男性であれば、ゼニスの伝説的名キャリバー「エル・プリメロ」を知らぬ人はいないでしょう。

女性におすすめしたいのはゼニスのドレスラインである「エリート」、そしてそのレディースラインである「エリートレディ」。超薄型高性能キャリバーを搭載し、自動巻きモデルながら厚みが抑えられているため女性でもスマートに着けることができます。ムーンフェイズ(月齢表示)機能を搭載したモデルであれば、シンプルなデザインにロマンチックなアクセントを添えてくれますよ。

エリートレディは33mmまたは36mmの2サイズ。メンズサイズのエリートは39mmですが、先述のとおりウルトラスリムケースを採用しているため、同じ39mmのほかのメンズウォッチと比べてもかなり着けやすいでしょう。

■あわせて読みたい 関連記事
>> 名機「エル・プリメロ」~ゼニスの代名詞~

■関連商品はこちら
>> ゼニス エリート 一覧

IWC リトル・ダヴィンチ/ダ・ヴィンチ

IWC ダ・ヴィンチ オートマティック36 Ref.IW458307

1868年創業の腕時計ブランド、インターナショナル・ウォッチ・カンパニー、通称IWC。スイスのメーカーですが、ドイツに近接したシャフハウゼンの地で育まれたIWCの時計は、洗練されたデザインと質実剛健なものづくりが融合したドイツ気質に溢れ、男性からの人気が高いメーカーです。IWCを好む男性はスマートで知的な人が多い印象があります。

女性におすすめしたいのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの発明家精神にインスパイアされて製作されたコレクション「ダ・ヴィンチ」。その中でもレディースラインである「リトル ダ・ヴィンチ」は、女性用には珍しいクロノグラフ付きの時計で、12時位置にレイアウトされたムーンフェイズもトレードマークになっています。

ケース径29mmは華奢な女性の腕にも合わせやすく、しかも扱いやすいクォーツ式であるのもうれしいポイント。しかし、残念ながらリトルダヴィンチはすでに生産終了となっているため、流通は中古のみ。そのためか以前にも増して人気の高まっているモデルとなります。

右がリトル ダ・ヴィンチ、左がダ・ヴィンチ オートマティック ムーンフェイズ36

リトル ダ・ヴィンチのかわりに新たに小ぶりな36mm径をラインナップしたダ・ヴィンチ。こちらも女性向けのサイズです。時計ケースとベルトを繋ぐラグの部分が稼働するようになっているため、手首から浮くような感覚がなく、着けやすいでしょう。ダ・ヴィンチは全て機械式(自動巻き)ムーブメントを搭載しています。

■あわせて読みたい 関連記事
>> 【IWC】質実剛健 シャフハウゼンのクラフトマンシップが光るIWCを徹底解剖

■関連商品はこちら
>> IWC ダ・ヴィンチ 一覧

3.中級編 男女兼用(ボーイズ)ウォッチ

女性におすすめのメンズ腕時計・中級編は、小さ目の時計を好む男性、大きめの時計を好む女性、どちらにも対応可能な男女兼用(ボーイズサイズ)ウォッチ。中級編とはいえ、男女兼用サイズの時計にはユニセックスなデザインも多いため、もしかしたら初級編よりも普段のスタイルに取り入れやすいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

いずれにせよ“レディースにしては大きめの時計”くらいのサイズ感なので、コーディネートに合わせるのは決して難しくないラインです。

ノモス

ノモス アホイ ネオマティック Ref.AH130011W2

1990年にスイスのグラスヒュッテで創業した腕時計ブランド、ノモス(NOMOS)。過度な装飾を避けた実用性重視のデザインを提唱するバウハウスデザインの遺志を継ぎ、シンプルの極みとも言える直線と曲線を組み合わせたユニバーサルデザインが特徴です。

ノモスはドイツ国内の数々のデザイン賞を受賞し話題となった「タンジェント」をはじめ、シンプルながらこだわりの感じられるシリーズを数多く世に送り出しており、基本的にどのシリーズでも女性におすすめすることができます。ユニセックスな雰囲気、北欧デザインのような洗練されたテイストは、身に着けるだけで知的でセンスのいい女性を演出してくれるでしょう。

男女兼用サイズは概ね33mmから36mmほど。メーカー公式サイトでは、手首が細い人向けに33mmを、手首が太い人向けに38mm~41mmを推奨しています。ノモスはクォーツモデルを一切ラインナップしておらず、全てが機械式の時計となります。

■あわせて読みたい 関連記事
>> ノモス・グラスヒュッテから見るドイツ時計の魅力

■関連商品はこちら
>> ノモス 一覧

ユンハンス マックスビル

ユンハンス マックスビル クロノスコープ Ref.027/4500.45

1861年にドイツで創業した腕時計ブランド、ユンハンス(JUNGHANS)。ドイツ最大級のウォッチメーカーです。ひとつ前で紹介したノモスとは同じドイツメーカーながら戦略が異なり、伝統的な手法を頑なに守り続けるノモスに対し、最新の技術を組み込み、時代の変化にも対応力の高さを見せるのがユンハンスです。よって、ユンハンスはクォーツムーブメントの研究も進んでおり、機械式とクォーツ式のどちらも選ぶことができます。

女性におすすめしたいのは、バウハウス最後の巨匠と言われた彫刻家、故マックス・ビル氏が1962年にデザインした名品「マックスビル」シリーズ。さりげなく主張する個性的なアラビア数字、文字盤に沿って緩やかなカーブを描く長針など、細部にこだわりながらもシンプルかつ機能的なデザインは、ジャーマンプロダクツらしい趣に溢れています。

マックスビル以外のコレクションも、ユンハンスのもつユニセックスな雰囲気は性別を選ばず、メンズモデルでも38mm前後のものが多いため、男女兼用で着けることができるでしょう。

■あわせて読みたい 関連記事
>> 【ユンハンス】南西ドイツのウォッチメーカー ユンハンスの魅力

■関連商品はこちら
>> ユンハンス 一覧

ロレックス ヨットマスター

ロレックス ヨットマスター 37 Ref.268655

高級腕時計の代名詞であり、実用時計の王者であるロレックス(ROLEX)。世界中で男女ともに圧倒的な人気を誇るロレックスですが、「デイトナ」「サブマリーナ」「エクスプローラ―」など、いわゆる“スポロレ”と略されるロレックスのスポーツモデルは女性向けのサイズを展開していません。そのためレディースロレックスといえば「デイトジャスト」が中心。

ですが、唯一「ヨットマスター」だけは37mm径のボーイズサイズを展開しており(※)、女性にも着けやすいスポーツモデルとなっています。自家用クルーザーやヨットでリゾートを楽しむセレブリティをターゲットに開発されたヨットマスターは、サブマリーナの上級モデルという位置づけのラグジュアリーコレクションで、船上での使用を目的としているだけあって、防水性能は100mを誇ります。

※2014年のレディースモデル(29mm)の生産終了に伴い、現在はメンズ(40mm)・ボーイズ(37mm)の2サイズ展開となっています。29mmサイズは中古であれば現在も流通しています。

よりスポーティな印象のラバーブレス装着モデルはベルトのサイズ調整ができず、ボーイズサイズの場合、デフォルトで15.5~16.5cmの手首周りの方に最適なサイズとなっています。それよりも手首が華奢な方は、ロレックスにてサイズ違いのベルトへ付け替えが必要になります。

■関連商品はこちら
>> ロレックス ヨットマスター 一覧

チューダー(チュードル) ヘリテージブラックベイ

チューダー ヘリテージ ブラックベイ 36 Ref.79500

1930年代、ロレックスが当時本社のあったイギリスでの拡販を目的とし、兄弟ブランドとして誕生したチューダー(TUDOR/チュードル)。ロレックスと共有のパーツを使いつつ低価格で提供するという“ディフュージョンブランド”として、そのシェアを拡大してきました。現在は独自路線を突き進むチューダーですが、ロレックスと同じく機械式の時計にこだわり続けています。

チューダーが満を持して日本へ再上陸を果たしたのは、2018年とごく最近のこと。この秋日本で開催されたラグビーワールドカップでは公式タイムキーパーを務め、アンバサダーにデイヴィッド・ベッカムやレディーガガを起用するなど、今もっとも注目されているブランドのひとつです。

おすすめは、人気過熱で正規店でも入手困難が続出しているという「ヘリテージブラックベイ」シリーズ。1970年代のサブマリーナを復刻して2012年に誕生したコレクションですが、今や「本家のロレックス・サブマリーナよりもブラックベイが好き」というファンが後を絶たないほど、人気ダイバーズウォッチとしての地位を確立しています。

女性におすすめなのはブラックベイコレクションに共通するフォルムはそのままに、小ぶりなプロポーションへと形を変えた32mmまたは36mmのボーイズサイズ。カラーリングを施された回転ベゼルをもたないこれらのサイズは、従来のブラックベイをよりフォーマルにしたバージョンで、スタイルを選ばないため女性には一層着けやすいでしょう。

■あわせて読みたい 関連記事
>> チューダー(チュードル/TUDOR)を象徴するヘリテージブラックベイのラインナップを解説

■関連商品はこちら
>> チューダー(チュードル) ヘリテージ 一覧

カルティエ パシャ

カルティエ パシャ シータイマークロノグラフ Ref.W3140004

1847年創業の名門ジュエラー、カルティエ(CARTIER)。腕時計においても先駆的なブランドとして知られ、女性にとっては永遠の憧れともいっていいほど絶大な人気を誇っています。

洗練されたクラシカルなデザインが目立つカルティエの時計のなかで、スポーティーな魅力で男女ともに愛されているのが「パシャ」。時計本体にチェーンで固定されたねじ込み式のリューズプロテクター機構(リューズガード)がデザイン要素として取り込まれ、一度見たら忘れない個性的な時計となっています。

カルティエ パシャC Ref.W31076M7/Ref.W31049M7

パシャはもともとメンズ向けの時計として発表されましたが、次第にレディース向けへとシフトしていき、現在はもっとも小ぶりな「ミスパシャ」以外生産終了となっています。しかしその人気は根強く、自動巻きムーブメントを搭載した「パシャC」は特にコストパフォーマンスに優れることからも、中古市場で大きな人気を誇っています。35mmとほどよいサイズ感で、女性にもおすすめのモデルです。

■あわせて読みたい 関連記事
>> カルティエの「パシャ」を徹底解説!~普段使いしたい個性溢れるスポーツウォッチ~

■関連商品はこちら
>> カルティエ パシャ 一覧

4.上級編 本格メンズウォッチを着けこなす

さて、お待たせしました、ここからは上級編!女性にもぜひトライしてほしいメンズ向けの本格派腕時計をご紹介したいと思います。

男性と同じように腕時計にこだわるならば、性別という垣根を超えてメンズモデルへと選択肢を広げてこそ、その時計選びの醍醐味を味わえるというもの。

男性が憧れ、自分用にほしいと思うような時計を選べば、その時計の持つ魅力はもちろんのこと、“女性が着けている”という意外性が上乗せされ、注目を集めることは間違いありません。男性が多い職場であれば、メンズウォッチを自身のスタイルとしてセンス良く取り入れている女性は、きっと一目置かれる存在になることでしょう。

ですが、メンズの腕時計なら何でもいいわけではありません。やはり“女性の腕に似合う”ことは時計選びの大原則。せっかく選んだこだわりの時計なのに「それ、彼氏に借りてきたの?」と言われてしまってはくやしいですし、実際腕に対して大きすぎるモデルは、ラグとベルトが手首から浮いてしまうなど装着感も損ないます。

筆者の印象としては、女性の場合40mmを超えてくると時計が悪目立ちしてくるケースが多いように思います。実際、 1-1. 項で調査した通り、40mm以上は各メーカーでレディースモデルの数がグッと少なくなります。好みにもよるのであくまで参考ですが、筆者(手首周り約15cm)の場合、大きめの時計でなんとなく腕に収まりがいいと感じるサイズは34mm~38mm程度のものです。

ただし時計ケースの厚さやラグの形状、デザインなども大いに関係してくるため、一概にケース径だけで判断するのも難しいところ。この上級編では、男性の人気や認知度が高いブランド・モデルで、且つ男のロマンたるハイスペックな機械式ムーブメントを搭載している時計を、女性向けにピックアップしてみたいと思います。

ロレックス エクスプローラーⅠ

ロレックス エクスプローラーⅠ Ref.214270

その名の通り「探検家」のために開発されたロレックスの「エクスプローラー」。堅牢で視認性に優れた実用面もさることながら、普遍的なデザインはシーンを選ばないのも魅力です。スーツの手元に合わせるという男性も多く見られます。

左が旧型番Ref.114270、右が現行型番Ref.214270

人気のロレックススポーツモデルの中ではもっともシンプルなデザインで、女性でも取り入れやすいモデルでしょう。おすすめは現行モデルのひとつ前の型番であるRef.114270。36mm径と程よいサイズで、華奢な女性の腕にもよく似合います。ちなみに現行モデルRef.214270は39mm径にサイズアップされているので注意が必要。比較的リーズナブルな価格帯もポイントです。

■関連商品はこちら
>> ロレックス エクスプローラ―Ⅰ 一覧

オメガ スピードマスター 38

オメガ スピードマスター 38 コーアクシャル クロノグラフ Ref.324.30.38.50.03.002

クロノグラフの代名詞といっても過言ではない、オメガを代表する人気シリーズ「スピードマスター」。男性なら誰もが知る時計ですから、女性が身に着けているとロレックスと同じく注目されやすいでしょう。

おすすめは新しく登場したスピードマスターの38mmコレクション。最も有名なクロノグラフとしてのルックスと伝統は守りつつ、カプチーノやアイスブルーなどの美しいニュアンスカラーダイヤルや、針をポイントにした差し色づかいなど、繊細なカラーリングや装飾性がエレガントなシリーズです。クロノグラフのサブダイヤルが横長の楕円形にデザインされているのも特徴的。

オメガ スピードマスター 38 コーアクシャル クロノグラフ Ref.324.38.38.50.06.001

38mmという絶妙のサイズが程よい主張を生み、良い意味で腕元を目立たせてくれますよ。

■関連商品はこちら
>> オメガ スピードマスター 38 一覧

IWC パイロットウォッチ

IWC パイロットウォッチ オートマティック36 Ref.IW324008

飛行機の操縦士にとっての利便性や機能性を考慮して開発されるパイロットウォッチ。ダイバーズウォッチと並ぶハイスペックなスポーツウォッチとして男性から高い人気を誇っています。

技術力だけでなく、無駄のないスタイリッシュなデザインで人気なのが、IWCの「パイロットウォッチ」。エレガントな3針デザイン、視認性の高いすっきりとした印象の文字盤、高耐磁性能を誇るインナーケースなど、機能美と呼ぶにふさわしいシンプルさは、女性が身に着けても飾り気のない潔さを感じさせてくれるでしょう。 おすすめは「パイロットウォッチ オートマティック 36」シリーズ。36mm径であれば女性でもジャストサイズで着けることができます。

■あわせて読みたい 関連記事
>> IWCの中で特に高い人気を誇る「マークシリーズ」とは?歴代モデルを徹底解説

>> 【マーク18】IWCのパイロットウォッチ マーク18を徹底解剖!

■関連商品はこちら
>> IWC パイロットウォッチ 一覧

パネライ ルミノールドゥエ

パネライ ルミノール ドゥエ 38 Ref.PAM00926

1860年にイタリア・フィレンツェで創業したオフィチーネ・パネライ、通称パネライ(PANERAI)。パネライといえば、男性にとっては“デカ厚時計ブーム”の火付け役となったお馴染みのブランド。軍用時計をルーツとし、イタリアのデザインとスイスの時計製作技術、そして海への情熱が融合したパネライの時計は、シンプルなデザインながら非常に重厚感があり、“骨太な男の腕時計”の代名詞的な存在です。

しかし意外なことに、あえてパネライの時計を選ぶ女性は少なくありません。腕時計専門店であるジャックロード、ベティーロードにも、パネライを愛用する女性スタッフが数名おり、男性のお客様から「女性でもパネライ着けるんだ!?」とお声がけいただくことが多いそう。

”女性がメンズの腕時計を着けているギャップ感”という意味では、最も効果的に効いてくるブランドかもしれません。ですがメンズサイズのパネライはとにかく大きいので、女性にはかなり敷居が高いのが実際のところ。

そこでおすすめしたいのは、新しく発表された「ルミノール ドゥエ」。新開発されたオリジナルキャリバーにより、”デカ厚=パネライ”のイメージを払拭するほどケースの厚みが薄くなり、女性でもかなり着けやすくなりました。

左/ルミノール ドゥエ 38 右/ルミノール 1950 3デイズGMT ケースがかなり薄くなったことが見てとれる。

ケース径も38mmのものであれば違和感なく、存分にその骨太感を堪能することができるでしょう。

■あわせて読みたい 関連記事
>> パネライ ルミノールマリーナ~デカ厚ブームの火付け役~[スタッフ愛用腕時計 vol.8]

■関連商品はこちら
>> パネライ ルミノール ドゥエ 一覧

カルティエ サントスデュモン

カルティエ サントスデュモン LM Ref.WSSA0022

1904年に“世界初の腕時計”として生み出されたのが、カルティエの「サントス ドゥ カルティエ」ウォッチです。カルティエの3代目であるルイ・カルティエが、友人の飛行冒険家アルベルト・サントス・デュモンから「空を飛行中に懐中時計では時間の確認が困難である」と相談を受けたことがきっかけで誕生したといわれています。

サントスシリーズは時代とともにデザインが変遷し、1980年代以降はステンレススティールを主体としたスポーティな時計というイメージで定着していましたが、2019年に新たに発表された「サントスデュモン」は初代サントスのオリジナルデザインへと回帰し、ドレスウォッチ然としたエレガントなモデルへと復刻を遂げ、大きな話題となりました。

特筆すべきはそのケースの薄さです。上級編でご紹介する時計では唯一のクォーツウォッチで、厚さわずか7.3mmという極薄ケースの中には、特別に開発されたバッテリー寿命約6年の高級クォーツムーブメントが搭載されています。もっとも長い歴史を誇る腕時計として気高さすら感じさせるその佇まいは、ハンサムウォッチと呼ぶにふさわしいマスキュリンな魅力をたたえています。

■あわせて読みたい 関連記事
>> "世界初の腕時計"サントス ドゥ カルティエをどこよりも詳しく徹底解説!

■関連商品はこちら
>> カルティエ サントスデュモン 一覧

ブライトリング ナビタイマー

ブライトリング ナビタイマー1 オートマチック 38 Ref.A165C-1WBA

1884年にスイスで創業したブライトリング(BREITLING)は、パイロットウォッチの歴史を語る上で欠かすことができない時計メーカーです。ブライトリングの時計は精密な“プロの計器”。ただ美しいだけでなく、際立つ機能美が優美な腕元を演出してくれます。

中でも「ナビタイマー」は腕時計業界においても知名度が高いパイロットウォッチといえるでしょう。クロノグラフウォッチに航空用回転計算尺という画期的な機能を持たせた、記念すべきコレクションです。

男性的なイメージが強いブライトリングですが、実は女性向けのサイズ展開も積極的に行っているブランドでもあります。おすすめしたいのは「ナビタイマー1 オートマチック 38」。エレガントな3針のナビタイマーで、クロノグラフのサブダイヤルがないすっきりしたデザインが、かえって鮮烈な印象を与えてくれます。

■関連商品はこちら
>> ブライトリング ナビタイマー1 オートマチック 38 一覧

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク Ref.15450ST.OO.1256ST.01

1875年に時計大国スイスで誕生した高級時計ブランド、オーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)。男のロマンの最高峰、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並ぶ、世界の3大高級時計ブランドのひとつに数えられるオーデマ・ピゲのフラッグシップモデルが「ロイヤルオーク」です。

ステンレススティールを使用し、”高級時計メーカーの高級時計=ゴールドケース”というそれまでの常識を覆したロイヤルオークは、“ラグジュアリースポーツウォッチ”という大きなトレンドを生みだした、歴史的にも重要なアイコンウォッチ。手に取るだけで感じる圧倒的な高級感は、選ばれしものだけが持つ特別なオーラに満ちています。

そんな時計をサラリと身に着けられる女性は、素直に“ただ者ではないな”という印象。ロイヤルオークという選択は、真に矜持を持った女性のためのセレクトだといえます。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オフショア Ref.67540OK.ZZ.A010CA.01

ロイヤルオークはメンズモデルでも37mm径のミディアムサイズであれば、細身の女性でも上品に着けることができるでしょう。29mm、33mmの女性向けクォーツモデルもラインナップされていますが、最高峰メーカーの歴史を余すことなく味わうことができる機械式ムーブメントを搭載したメンズモデルを、是非おすすめしたいところです。

■あわせて読みたい 関連記事
>> オーデマ・ピゲの中でも人気の高い「ロイヤルオーク」を徹底解剖

■関連商品はこちら
>> オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 一覧

5.番外編 アンティークのメンズウォッチという選択も

さて、番外編として、最後にメンズアンティークウォッチを簡単にご紹介いたしましょう。

当店では基本的に生産が終了していることを前提とし、1990年代前後までに製造された時計をアンティーク(ヴィンテージ)ウォッチとして定義しております。

特に1960年代までは今ほど腕時計は大型化しておらず、メンズウォッチでも35mm前後のものが主流でした。ロレックスのデイトナを例に挙げると、現行モデルは40mm径ですが、誕生した当時は37mm径とかなり小ぶりだったのです。そのためアンティークウォッチは、女性でも合わせやすいサイズが揃ったメンズウォッチの宝庫でもあります。

オメガ シーマスター クロノグラフ Ref.105.004
経年変化したオリジナル文字盤が味わい深い1960年代のシーマスタークロノグラフ。35mm径。アンティークであれば、女性にちょうどいいサイズのメンズモデルを豊富に見つけることができる。

アンティークウォッチには、永遠に変わる事のない伝統と、時代と共に進化していく過程の両方が詰まっています。”アンティーク風”とは違う、長く時を経た本物だけが醸し出す独特な雰囲気は、メカニックに対する憧れとはまた別のロマンを秘めており、男性の心を鷲掴みにしてやまないのです。

ブランドとしてはロレックス、オメガ、IWC、チューダーなどがおすすめですが、アンティークウォッチは個体による差が非常に大きいので、実際に見て心の琴線に触れるものに出会ったならば、ブランドを問わず選んでみるのも手。アンティークでも中には大きいサイズのものもあるので、注意してくださいね。

ホイヤー クロノグラフ
タグ・ホイヤーの前身、ホイヤーのアンティークウォッチ。37mm径。

ユニバーサル ユニコンパックス Ref.5790
1940年代の手巻きモデル。横並びのサブダイヤルが端正で上品。34mm径。

IWC ラウンドオートマティック
1960年代のオールド・インター。筆記体で描かれたロゴが、現行モデルにはないヴィンテージな雰囲気。36mm径。

オメガ コンステレーションC Ref.168.017
いわゆる”C-LINE”と呼ばれるジェラルド・ジェンタ氏のデザインしたケースが特徴の名品。1960年代。35mm径。

■関連商品はこちら
>> アンティークウォッチ(メンズ) 一覧

6.まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したのは女性におすすめしたいメンズ腕時計のほんの一部。日本最大級の品ぞろえを誇る腕時計専門店ジャックロード・ベティーロードでならば、あなたに最適の一本をきっと見つけられるはず。

女性がいきなり男ものの腕時計を買うのはハードルが高いと感じる方も多いでしょう。そんな時はぜひ東京・中野ブロードウェイにある実店舗にお越し下さい。実際の着け心地やサイズ感などを確かめながら、納得のいくお買い物を楽しんでいただくことができます。知識豊富なスタッフが、あなたのご来店を心よりお待ち申し上げております!

>> ジャックロード オンラインストアはこちら
>> ベティーロード オンラインストアはこちら

>> ジャックロード 実店舗案内はこちら
>> ベティーロード 実店舗案内はこちら

ページトップ