BLOG CATEGORY
時計
2021/11/14

ロレックス バブルバック Ref.6050をレビュー ~ロレックス黎明期を駆け抜けた名品を紹介~

  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
  • line
ロレックス バブルバック Ref.6050をレビュー ~ロレックス黎明期を駆け抜けた名品を紹介~

現在では当たり前ともいえる自動巻きムーブメントを備えた防水時計ですが、その始まりの時計がロレックス オイスターパーペチュアルであることはご存じでしたか?ロレックス3大機構といわれるオイスターケース、パーペチュアルの2つを備えるオイスターパーペチュアルは1931年に登場して以来、シェアを拡大し続けるほど人気が高く、またロレックスが現在の地位を確立する要因にもなったモデルです。

今回はそんなロレックス黎明期のモデル、オイスターパーペチュアルことバブルバックに焦点をあててレビューしていきたいと思います。



wena3 leather brown WNW-C21A/T

■この記事の筆者;
腕時計専門店ジャックロード WEBサイト運営スタッフ 菅原
入社歴10年以上のベテランミドル。時計好きが高じて入社しているためマニアックな視点で時計を見がち。ロレックスを所有していたこともあったが現在はセイコー、G-SHOCKが愛機で、最近のお気に入りはwena3。時計以外にも自動車、バイク、ロードバイク、モータースポーツにも精通。いずれは田舎暮らしをしながらの自給自足を夢見る妻帯者。

■SHOP INFORMATION;
店舗(東京・中野ブロードウェイ3F)案内は こちら
オンラインストアは こちら

ロレックス バブルバックとは?

ロレックス バブルバック Ref.3064
ロレックス バブルバック Ref.3064

実機レビューの前にロレックス バブルバックについて簡単に説明しておきましょう。バブルバックと呼ばれている名前はあくまで通称、正式名称はオイスターパーペチュアルになります。12時位置に入る文字盤にもバブルバックとはひと言も記載されていません。

ではなぜバブルバックと呼ばれるようになったのか、その答えはケースバックにあります。ケースサイドから見ると膨らんだケースバックが泡のように見えることからバブルバックと呼ばれるようになりました。時代によってはケースの膨らみが少ないセミバブルバックと呼称される個体も存在します。

ロレックス バブルバック Ref.6050
ロレックス バブルバック Ref.6050
緩やかに膨らんだドーム型のプラスチック風防

ロレックス バブルバック Ref.6050
ロレックス バブルバック Ref.6050
ケースラグが手首に沿うように大きな弧を描いています

パーペチュアルこと360度回転する自動巻きローターをケースバックに納めるために、やむを得ず膨らんだ形状をしています。以降は技術革新により自動巻きローターやムーブメントを薄くすることが可能になったため、ケースバックがフラットタイプになりバブルバックの膨らみは時代の経過とともに消えていくことになります。

■関連商品はこちら
バブルバック一覧

【実機レビュー】ロレックス バブルバック Ref.6050

現在ではデイトナ、エクスプローラーを含むスポーツモデルがアンティークロレックスを代表すると思われがちですが、ひと昔前ではロレックスのアンティーク時計といえばバブルバックを指していました。バブルバックが生産されていたのは1950年代まででデイトナ、エクスプローラーなどの所謂スポーツモデルが誕生する以前に生産されていたコレクションです。それゆえに最も新しいバブルバックでも70年以上は経過しているため、存在していること自体が希少といえます。

そんな希少ロレックスの筆頭であるバブルバックですが、こちらはレアなオリジナル文字盤。70年にわたるさまざまな歴史が凝縮された文字盤ですが、自然の風合いで生み出された芸術ともいえるエイジングが堪能できます。インデックスは飛びアラビアと呼ばれるタイプで、アラビア+くさび型インデックスが組み合わされたもの。後にオイスターパーペチュアルデイト(バーインデックスとの組み合わせ)、チューダープリンスデイトにも採用された文字盤です。

針はギリシャ語のアルファベットで1番を意味するアルファ針が装着されています。1950年代のデイトジャストにも装備されている針で、シャープな形状が人気です。パテック フィリップ カラトラバ、グランドセイコーに見られるドルフィン針に酷似していますが、根元が窄まっているのがアルファ針の特徴です。現行ロレックスには存在しないブルースチールの針もアンティークロレックスならではのポイントです。

防水性を高めるため装備されていたねじ込み式りゅうずは時刻調整の際にりゅうずをねじ込む必要があります。そのわずらわしさを解消するために改良されたのがスーパーオイスターりゅうずです。

ねじ込み式でないにも関わらず高い防水性を有する革新的な機構は、当時の特許機構でした。しかしながら、さらに改良されたトリプロックりゅうずの登場によりスーパーオイスターりゅうずはわずか数年間で消えてしまいます。王冠マークにドットやバーのみが記載される現行りゅうずに比べ文字が入る凝った作りのスーパーオイスターりゅうずは、現在も高い人気を誇るディテールとなります。

ロレックス バブルバック Ref.6050の着用イメージ

ロレックス バブルバック Ref.6050の実際の着用イメージをご紹介いたします。

手首のサイズによって腕時計の印象は大きく変わります。デザインだけで選び、購入後にイメージと違っていた、なんてことをできる限り避けるためにも、ぜひ参考になさってください。

手首サイズ:16.5cm

バブルバックはケースサイズが31mmと28mmの現行レディデイトジャストに近い小ぶりなサイズが特徴です。現在生産されている時計は36mm~40mmが平均と考えれば、バブルバックをご覧いただくとその小ささに驚かれるのではないでしょうか。

着用してみると数値ほどの小ささは感じられず、むしろロレックスならではの存在感が味わえます。バブルバックの特徴であるケースバックのボリュームが数値上から感じる小ぶりなイメージを払拭してくれているのかもしれません。ケースバックにボリュームがありつつもスーツの袖口にしっかりと収まるサイズゆえに、ドレススタイルにもマッチする逸品です。

■関連商品はこちら
ロレックス バブルバック Ref.6050

まとめ

いかがでしたか?

今回はロレックス黎明期のモデルともいえるバブルバックについてご紹介しました。

ロレックスの歴史を語る上で欠かすことが出来ない名機バブルバック。生産を終えてから70年以上経過しているモデルで、存在自体が大変貴重といえます。ロレックスの哲学が凝縮されたバブルバック、ぜひ一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した時計以外に当店ジャックロードでは多数のロレックスを取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

ジャックロードであれば新品・中古の選択肢もさることながら、無金利ショッピングローンも利用でき、あなたの「ほしい」を叶えるチャンスがいっぱい!

ぜひあなたにとってベストな1本を探してみてくださいね!

■あわせて読みたい関連記事
初めてのアンティーク時計購入ガイド~その魅力と注意するポイントは?!~

ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.6085をレビュー~ロレックス創成期の貴重なディテールが健在~

ロレックス 人気ランキング【最新版】人気のロレックスは?!

デイトナ 金無垢モデルを狙うべき!圧倒的なステータス性と資産価値

【ロレックス デイトナ】トップに君臨するデイトナのダイヤモンドモデルをご紹介!豪華絢爛な超ラグジュアリーモデルも!

ロレックスの価格まとめ~最も高価なロレックスは?~【ジャックロード版】

ロレックスの種類にはどんなものがある?!改めてメンズ ロレックスを総ざらい

【ロレックス デイトナ】無金利の分割払いで憧れのデイトナをお得に手に入れませんか?

ロレックスのホワイトゴールドモデルが欲しい!少しでも安く手に入れるには?

【ロレックスを買うなら知っておきたい】とっておきの選択肢とは?!

【ロレックス】購入前に知っておきたい年式と2000年からの変遷

■関連商品はこちら
ロレックス 一覧

【記事内に登場した商品が見られる!買える!店舗&オンラインショッピング案内】

新品・中古・アンティークの時計が常時5000本以上という国内最大級の品揃えを誇るジャックロード店内

ジャックロード(JACKROAD)

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F
JR中野駅北口徒歩5分
電話 [店舗] 03-3386-9399  [通販] 03-3389-1071
営業時間 11:00~20:30
店舗案内は こちら
オンラインストアは こちら

業界最大手!全国屈指の品揃えを誇るメンズブランド腕時計専門店ジャックロード。創業30年以上の実績と信頼を誇る、並行輸入店の草分け的存在です。東京・中野ブロードウェイ3Fに店舗があり、ブランドジュエリー&バッグ店舗、姉妹店であるレディース腕時計専門店ベティーロードも併設されているため、ご家族やご友人同士でご来店いただいてもみなさまにお楽しみいただけるラグジュアリー空間となっております。

半個室の商談スペースもあり、小さなお子さま連れのお客さまもゆったりとご覧いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

店内の在庫は常に変動しております。来店にて見たいモデルが決まっている場合、事前に店舗へ在庫を確認の上お越しいただくことをおすすめしております。

この記事に関するタグ

CATEGORY カテゴリー

PICK UP ピックアップ

  • オートバイレーサー山中琉聖選手とスポンサー契約を締結しました

  • ビジネスシーンで使うロレックスなら?最適なモデルをご紹介!

  • 喜平ネックレスとは?金やプラチナの人気種類や選び方をご紹介